研究者
J-GLOBAL ID:200901052838738352   更新日: 2020年05月06日

徳永 智春

Tokunaga Tomoharu
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 構造材料、機能材料 ,  ナノ材料科学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2022 超広帯域光源開発のためのナノ粒子の最適化
  • 2019 - 2021 微酸化銅粒子と低温還元反応を利用したナノ銅吹き出しによる迅速焼結導電膜形成
  • 2018 - 2021 引張強度6GPaを超える超高強度・超軽量カーボンナノチューブ紡績糸の創製
  • 2018 - 2021 マトリクススパッタリング法による安定高効率蛍光発光合金ナノ粒子の創製
  • 2018 - 2021 ガス環境TEMその場観察法は真に材料とガスとの反応を観察しているのか?
全件表示
論文 (2件):
  • Step-terrace structures formed at LSAT (001) substrate surface. Microscopy. 2015. 64. 64. i120-i120
  • Bralee Chayasombat, Takeharu Kato, Tsukasa Hirayama, Tomoharu Tokunaga, Katsuhiro Sasaki, Kotaro Kuroda. Characterization of microstructures of thermal oxide scales on silicon carbide using transmission electron microscopy. . Ceram. Soc. Jpn. 2012. 120. 2. 64-68
MISC (38件):
  • 山本剛久, 徳永智春, 小林俊介. LSAT: (La0.3Sr0.7)(Al0.65Ta0.35)O3単結晶のBサイト秩序構造. まてりあ. 2019. 58. 2. 93-93
  • Matteo Porta, Mai Thanh Nguyen, Tomoharu Tokunaga, Yohei Ishida, Wei-Ren Liu, Tetsu Yonezawa. Matrix Sputtering into Liquid Mercaptan: From Blue-Emitting Copper Nanoclusters to Red-Emitting Copper Sulfide Nanoclusters. Langmuir. 2016. 32. 12159-12165
  • Hiroaki Shirai, Yu-Yuan Huang, Tetsu Yonezawa, Wei-Chen Chang, Tomoharu Tokunaga, Saad Alshehri, Bo Jiang, Yusuke Yamauchi, Kevin C.-W. Wu. Hard-Templating Synthesis of Macroporous Platinum Microballs. Materials Letters. 2016. 164. 1. 488-492
  • Takeshi Fujita, Hideki Abe, Toyokazu Tanabe, Yoshikazu Ito, Tomoharu Tokunaga, Shigeo Arai, Yuta Yamamoto, Akihiko Hirata, Mingwei Chen. Earth-Abundant and Durable Nanoporous Catalyst for Exhaust-Gas Conversion. Advanced Functional Materials. 2016. 1-8
  • Yohei Ishida, Yasutomo Motokane, Tomoharu Tokunaga, Tetsu Yonezawa. Plasma-Induced Tungsten Doping of TiO2 Nanoparticles for Enhanced Photocatalysis using Visible Light. Physical Chemistry Chemical Physics. 2015. 17. 38. 24556-24559
もっと見る
特許 (5件):
  • 水素製造方法及び水素製造装置
  • 磁性金属内包カーボンナノチューブ素子
  • フラーレン複合体及びその製造方法
  • カーボンナノチューブ複合体及びその製造方法
  • 金属内包カーボンナノチューブの製造方法
書籍 (1件):
  • 金属ナノ・マイクロ粒子の最新技術と応用
    シーエムシー出版 2013 ISBN:9784781308272
講演・口頭発表等 (26件):
  • カーボンナノファイバー内部空間に閉じ込められた金属の特性変化
    (分子研研究会 表面科学の最先端技術と分子科学~第7回 真空・表面科学若手研究会~ 2016)
  • 液中プラズマ法を用いた酸化チタンナノ粒子の作製と評価
    (金属学会2016秋期講演大会 2016)
  • SOFC燃料極における炭素析出メカニズムの解明と水素生成用炭素触媒の可能性
    (SPring-8 Seminar(第253回) 2016)
  • TEMやSTEMを使ってみよう。
    (北海道大学材料科学専攻 マテリアルセミナー 2015)
  • カーボンブラック触媒の可能性
    (北海道大学材料科学専攻 マテリアルセミナー 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2005 - 2007 九州大学 工学部 工学府 材料物性工学専攻
学位 (1件):
  • 工学博士
経歴 (3件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学 助教
  • 2007/10/01 - 2017/03/31 名古屋大学 助教
  • 2007/10/01 - 名古屋大学 工学研究科 助教
委員歴 (1件):
  • 2006/04/01 - 現在 東海若手セラミスト懇話会 運営委員
所属学会 (4件):
応用物理学会 ,  顕微鏡学会 ,  フラーレン・ナノチューブ学会 ,  日本金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る