研究者
J-GLOBAL ID:200901053045888759   更新日: 2020年08月31日

硤合 憲三

ソアイ ケンソウ | Soai Kenso
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/soai/
研究分野 (2件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (10件): 不斉の起源 ,  不斉自己触媒 ,  不斉触媒 ,  反応有機化学 ,  化学 ,  origin of chirality ,  asymmetric autocatalysis ,  asymmetric catalysis ,  organic reaction ,  chemistry
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2003 - 2008 不斉自己触媒反応の研究と不斉認識、不斉の起源解明への応用
  • 2003 - 2008 Asymmetric Autocatalysis and Its Application to Chiral Recognition and Origin of Chirality
MISC (131件):
書籍 (34件):
  • The Soai reaction and Related Topic, Ed. by G. Palyi, C. Zucchi, L. Caglioti
    Accademia Nationale diScienze Lettere e Arti Modena, Edizioni Artestampa 2012
  • The Soai reaction and Related Topic, Ed. by G. Palyi, C. Zucchi, L. Caglioti
    Accademia Nationale diScienze Lettere e Arti Modena, Edizioni Artestampa 2012
  • Asymmetric Amplification and Autocatalysis in Catalytic Asymmetric Synthesis, Third Edition, Ed. by Iwao Ojima
    John Wiley & Sons, Inc. (Hoboken, New Jersey) 2010 ISBN:9780470175774
  • Asymmetric Amplification and Autocatalysis in Catalytic Asymmetric Synthesis, Third Edition, Ed. by Iwao Ojima
    John Wiley & Sons, Inc. (Hoboken, New Jersey) 2010 ISBN:9780470175774
  • Symmetry Breaking in Asymmetric Autocatalysis of Pyrimidyl Alkanol, in Recent Developments in Physical Chemistry, Ed. by E. Diaz-Herrera, E. Juaristi, AIP Conference Proceedings,
    American Institute of Physics 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (308件):
  • 不斉自己触媒反応とホモキラリティーの起源
    (日本化学会近畿支部 研究最前線講演会 2012)
  • 酸素同位体置換により不斉を有するグリセリンの不斉合成およびそれを不斉源とする不斉自己触媒反応
    (日本化学会第92春季年会 2012)
  • 酸素同位体不斉を有するヒドロベンゾインによる不斉誘導と引き続く不斉自己触媒反応
    (日本化学会第92春季年会 2012)
  • 硫酸カルシウム二水和物(石膏)の単結晶表面を用いるエナンチオ選択的不斉自己触媒反応
    (日本化学会第92春季年会 2012)
  • 同一の面選択性を示す2種のキラル触媒を用いたエナンチオ選択性の逆転現象(5)
    (日本化学会第92春季年会 2012)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1979 東京大学 化学
  • - 1979 東京大学
  • - 1974 東京大学 化学
  • - 1974 東京大学
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (10件):
  • 1986 - 1991 東京理科大学 助教授
  • 1986 - 1991 Associate Professor(Tokyo University of Science)
  • 1991 - - 東京理科大学 教授
  • 1991 - - Professor(Tokyo University of Science)
  • 1981 - 1986 東京理科大学理学部 講師
全件表示
委員歴 (78件):
  • 2012 - 2012 モレキュラーキラリティーアジア2012 学会実行委員
  • 2012 - 2012 10th Symposium on Chemical Approaches to Chirality Chairman of Organizing Committee
  • 2012 - 2012 Molecular Chirality Asia 2012 Member of Organizing Committee
  • 2011 - 2012 Letters in Organic Chemistry 学会誌及び論文誌の編集者
  • 2011 - 2012 Current Organic Synthesis 学会誌及び論文誌の編集者
全件表示
受賞 (36件):
  • 2012 - 紫綬褒章
  • 2012 - Medal with Purple Ribbon
  • 2011 - 第63回 日本化学会賞
  • 2011 - Chemical Society of Japan Award for 2010
  • 2009 - モレキュラー キラリティー 2009 最優秀ポスター賞
全件表示
所属学会 (29件):
Molecular Chirality Research Organization ,  モレキュラーキラリティーアジア2012 ,  モレキュラーキラリティー2008 ,  モレキュラーキラリティー2007 ,  モレキュラーキラリティー2009 ,  モレキュラーキラリティー2011 ,  Mini-Reviews in Organic Chemistry ,  Current Organic Synthesis ,  モレキュラーキラリティーリサーチオーガニゼーション ,  Letters in Organic Chemistry ,  10th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  9th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  Molecular Chirality Asia 2012 ,  The Open Organic Chemistry ,  6th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  8th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  7th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  5th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  4th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  3rd Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  Molecular Chirality 2007 ,  Molecular Chirality 2009 ,  Chirality 2010 ,  Molecular Chirality 2010 ,  Journal of Systems Chemistry ,  Mini-Reviews in Organic Chemistry ,  Current Organic Synthesis ,  Molecular Chirality Research Organization ,  Letters in Organic Chemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る