研究者
J-GLOBAL ID:200901054019017932   更新日: 2022年03月30日

坂本 透

サカモト トオル | Sakamoto Tohru
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 呼吸器内科学
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2020 - 2021 保健管理センター検査業務の充実
  • 2020 - 2021 不適応学生に対するアウトリーチ介入プログラム
  • 2019 - 2020 保健管理センター超音波診療業務の充実
  • 2019 - 2020 不適応学生に対するアウトリーチ介入プログラム
  • 2018 - 2019 保健管理センター情報ネットワーク・システムの充実
全件表示
論文 (196件):
  • Shiratori, Yuki, Ogawa, Takafumi, Ota, Miho, Sodeyama, Noriko, Sakamoto, Tohru, Arai, Tetsuaki, Tachikawa, Hirokazu. A longitudinal comparison of college student mental health under the COVID-19 self-restraint policy in Japan. Journal of affective disorders reports. 2022. 8
  • Yatagai, Yohei, Oshima, Hisayuki, Sakamoto, Tohru, Shigemasa, Rie, Kitazawa, Haruna, Hyodo, Kentaro, Masuko, Hironori, Iijima, Hiroaki, Naito, Takashi, Saito, Takefumi, et al. Expression quantitative trait loci for ETV4 and MEOX1 are associated with adult asthma in Japanese populations. SCIENTIFIC REPORTS. 2021. 11. 1
  • Kitazawa, Haruna, Masuko, Hironori, Kanazawa, Jun, Shigemasa, Rie, Hyodo, Kentaro, Yamada, Hideyasu, Yatagai, Yohei, Kaneko, Yoshiko, Iijima, Hiroaki, Naito, Takashi, et al. ORMDL3/GSDMB genotype is associated with distinct phenotypes of adult asthma. Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2021
  • Shigemasa, Rie, Masuko, Hironori, Oshima, Hisayuki, Hyodo, Kentaro, Kitazawa, Haruna, Kanazawa, Jun, Iijima, Hiroaki, Naito, Takashi, Saito, Takefumi, Sakamoto, Tohru, et al. Dust mite-dominant sensitization pattern as a causal factor for adult-onset asthma. Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology. 2021. 70. 3. 368-369
  • Shigemasa, Rie, Masuko, Hironori, Hyodo, Kentaro, Kitazawa, Haruna, Kanazawa, Jun, Yatagai, Yohei, Iijima, Hiroaki, Naito, Takashi, Saito, Takefumi, Hirota, Tomomitsu, et al. Genetic impact of CDHR3 on the adult onset of asthma and COPD. CLINICAL AND EXPERIMENTAL ALLERGY. 2020. Epub. 11. 1223-1229
もっと見る
書籍 (26件):
  • 形態と機能からみた呼吸器疾患 病態を読み解くメカニズム
    南江堂 2021
  • 呼吸器疾患 診断治療アプローチ COPD
    2019
  • EXPERT 膠原病・リウマチ 改定第4版
    診断と治療社 2019 ISBN:9784787823830
  • Common Diseaseの病態生理と薬物療法
    オーム社 2019 ISBN:9784274220708
  • Advances in Asthma
    Springer 2018 ISBN:9789811327896
もっと見る
講演・口頭発表等 (91件):
  • Aspergillus udagawae 感染による腹腔内膿瘍破裂から致死的な経過をたどった一例
    (第244回日本呼吸器学会関東地方会 2021)
  • Covid-19影響下における大学生のコーピング手段について
    (第40回日本社会精神医学会 2021)
  • BAL中の好酸球増多からAEPを疑ったが、CD4/8比の異常低値を契機に診断したHIV関連PCPの1例
    (第179回日本結核・非結核性抗酸菌症学会関東支部学会・第243回日本呼吸器学会関東地方会 合同学会 2021)
  • 新型コロナウイルス感染症による 外出自粛要請下での 大学生メンタルヘルスに関する調査
    (第58回全国大学保健管理研究集会 2020)
  • オシメルチニブによる薬剤性肺障害を来した症例の検討
    (第242回日本呼吸器学会関東地方会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 筑波大学大学院 生理系呼吸器
  • - 1982 筑波大学 生理系呼吸器
学位 (2件):
  • 医学博士 (筑波大学)
  • Doctor of Medicine (University of Tsukuba)
経歴 (16件):
  • 2018/04 - 現在 筑波大学 保健管理センター 所長
  • 2015/04/01 - 現在 筑波大学 保健管理センター 准教授
  • 2010/04/01 - 現在 筑波大学附属病院 病院教授
  • 2008/01/01 - 現在 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 准教授
  • 2004/04/01 - 2007/12/31 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2019/05 - 現在 全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会 幹事
  • 2017/05/30 - 現在 つくば市保健所 海外渡航にかかる感染症対策懇談会委員
  • 2014/06 - 現在 日本呼吸器内視鏡学会 関東支部会幹事
  • 2011 - 現在 日本呼吸器学会 代議員
  • 2009 - 現在 日本呼吸器内視鏡学会 評議員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2005/07 - 第2回北関東信越呼吸器フォーラム優秀賞 CLCA1遺伝子多型とCOPD
所属学会 (10件):
茨城県医師会 ,  国立大学保健管理施設協議会 ,  全国大学保健管理協会 ,  大学保健管理研究会 ,  日本アレルギー学会 ,  American Thoracic Society ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る