研究者
J-GLOBAL ID:200901054479342009   更新日: 2020年05月17日

箕浦 高子

ミノウラ タカコ | KATO Takako
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 機能生物化学 ,  進化生物学 ,  生物物理学 ,  細胞生物学
研究キーワード (4件): アクチン ,  繊毛・鞭毛 ,  細胞運動 ,  細胞骨格
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2013 - 微小管ドラッグ感受性突然変異株によるチューブリン機能ドメインの同定
  • 2011 - 2013 緑藻類に存在する非保守的アクチン(NAP)の進化的位置づけと機能の解明
  • 2010 - 2012 緑藻クラミドモナスの新奇アクチン(NAP)の分子特性
  • 2008 - 2009 真核生物の鞭毛・繊毛形成の制御機構の解明(遺伝子発現と鞭毛内輸送IFTの連関について)
  • 2006 - 2009 収縮環におけるアクチン細胞骨格のダイナミクス
全件表示
論文 (5件):
  • Kamiya, R, Shiba, K, Inaba, K, Kato-Minoura, T. Release of sticky glycoproteins from Chlamydomonas flagella during microsphere translocation on the surface membrane. Zoological Science. 2018. 35. 299-305
  • Ishigami, R, Kato-Minoura, T. Changes in the cell shape and actin organization accompanying primary ciliogenesis in Xenopus epithelial cells. 中央大学理工学研究所論文集. 2018. 24. 1-11
  • Kato-Minoura, T, Karino, K, Akimoto, N, Yoshiga, N, Ehara, M. Aoki. Phylogenetic analysis of NAP, an unconventional actin of the Volvocales. Plant Systematics and Evolution. 2015. 301. 1725-1733
  • 箕浦高子. 真核生物の鞭毛・繊毛形成の制御機構の解明(遺伝子発現と鞭毛内輸送IFTの連関について). 平成20年度研究助成金受給者研究報告集. 2010. 27. 111-115
  • Kato, T, Kagami, O, Yagi, T, Kamiya, R. Isolation of two species of Chlamydomonas reinhardtii flagellar mutants, ida5 and ida6, that lack a newly identified heavy chain of the inner dynein arm. Cell Structure and Function. 1993. 18. 6. 371-377
MISC (2件):
  • 箕浦高子. アカデミックハラスメントの現状と、今私たちにできること. つくば生物ジャーナル. 2003. 2. 9. 316-317
  • 箕浦高子. 年会参加のハードルを下げる:保育室設置の試み. 生物物理. 2001. 41. 2. 117-119
書籍 (5件):
  • 分子細胞生物学: Molecular Cell Biology 2版
    デザインエッグ社 2019
  • 分子遺伝学: Molecular Genetics 2版
    デザインエッグ社 2019 ISBN:9784815003203
  • ベーシックマスター細胞生物学
    オーム社 2009
  • 基礎生命科学実験第2版
    東京大学出版会 2009
  • 基礎生命科学実験
    東京大学出版会 2007
講演・口頭発表等 (83件):
  • ボルボックス系列異型配偶ユードリナの性フェロモンによる配偶子誘導
    (日本植物学会第83回大会 2019)
  • Sex pheromone-induced gametogenesis in anisogamous <I>Eudorina</I>
    (5th International <I>Volvox</I> Conference 2019)
  • Efficient isolation of <I>Chlamydomonas</I> tubulin mutants from strains lacking one each of its two alpha-tubulin and two beta-tubulin genes
    (5th International <I>Volvox</I> Conference 2019)
  • クラミドモナスの微小管重合阻害剤耐性に関与するシャペロンタンパク質Apm1の役割
    (日本動物学会関東支部第71回大会 2019)
  • 鞭毛のグライディングに関与する高分子量糖タンパク質FAP113およびFMG-1Bの役割
    (日本動物学会関東支部第71回大会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1994 - 1997 名古屋大学 理学研究科 分子生物学専攻
学位 (2件):
  • 修士(理学) (名古屋大学)
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (10件):
  • 2008/04 - 中央大学 准教授
  • 2007/04 - 2008/03 学習院大学 助教
  • 2007/04 - 2008/03 学習院大学 助教
  • 2003/12 - 2007/03 東京大学 助手
  • 2002/04 - 2003/12 筑波大学 文部科学技官
全件表示
受賞 (4件):
  • 2014/12 - オリンパス Olympus BioScape 2014 Competition Honorable Mentions(佳作)
  • 2006/09 - 日本動物学会 平成18年度社団法人日本動物学会Zoological Science Award Impaired flagellar regeneration due to uncoordinated expression of two divergent actin genes in <I>Chlamydomonas</I>. Zoological Science. 22 (5), pp. 571-577
  • 2003/09 - 日本動物学会 平成15年度社団法人日本動物学会 女性研究者奨励OM賞 テトラヒメナ新奇アクチン関連タンパク質(tArp)の繊毛形成における機能
  • 1999/08 - 日本細胞生物学会 平成10年度日本細胞生物学会CSF Award Recovery of flagellar inner-arm dynein and the fertilization tubule in <I>Chlamydomonas ida5</I> mutant by transformation with actin genes. Cell Structure and Function. 23 (5), pp. 273-281
所属学会 (8件):
日本生物物理学会 ,  日本動物学会 ,  日本動物学会 ,  日本動物学会 ,  日本動物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  American Society for Cell Biology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る