研究者
J-GLOBAL ID:200901055430900673   更新日: 2019年10月05日

宇佐美 嘉弘

ウサミ ヨシヒロ | Usami Yoshihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 統計科学
研究キーワード (1件): 数理統計学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 時系列回帰の係数の推定について
論文 (11件):
もっと見る
MISC (10件):
  • 宇佐美 嘉弘. Note on maximum likelihood estimation of a linear regression model with random effects. Information Science and Applied Mathematics, 専修大学情報科学研究所. 2010. 17. >1-12
  • 訳者, 逸見功, 田中稔, 渡辺則生, 著者, P. J. Brockwell, R. A. Davis. 入門時系列解析と予測 改訂第2版(原題:Introduction to Time Series and Forecasting Second Edition). シーエーピー出版株式会社(原著出版:Springer-Verlag). 2004. >
  • 宇佐美 嘉弘. Decomposing Economic Time Series by Wavelet (II). Information Science and Applied Mathematics, 専修大学情報科学研究所. 2004. 12. >25-39
  • Yasuyuki Toyooka. Approximations to the Distributions of the GLSE and GLSP in a Regression with an Elliptically Distributed Error Term: A Note. Information Science and Applied Mathematics, 専修大学情報科学研究所. 2003. 11. >21-34
  • 宇佐美 嘉弘. Decomposing economic time series by wavelet. Information Science and Applied Mathematics, 専修大学情報科学研究所. 2002. 10. >17-43
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • On the degeneracy of the distribution of a GLSE of a regression with a circularly distributed error
    (日本数学会(1995年度秋季総合分科会) 1995)
  • On the degeneracy of the distribution of a GLSE with an approximated Inverse of the covariance matrix for the AR(1) in a regression model
    (第69回日本統計学会 1995)
  • 誤差系列が非定常な回帰モデルの係数の推定
    (第60回 日本統計学会 1992)
  • Least squares estimator by using misspecified covariance structure for error process
    (The 3rd Pacific Area Statistical Conference(第3回 太平洋地域統計会議) 1991)
  • 誤差系列に誤った共分散構造を仮定した場合の回帰係数の推定について
    (第59回 日本統計学会 1991)
学歴 (3件):
  • - 1990 専修大学 経営学
  • - 1987 専修大学 経営学
  • - 1985 専修大学 情報管理学科
学位 (2件):
  • 経営学修士 (専修大学)
  • 博士(学術) (東京大学)
所属学会 (4件):
日本会計研究学会 ,  国際数理科学協会 ,  日本数学会 ,  日本統計学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る