研究者
J-GLOBAL ID:200901055767309616   更新日: 2020年08月29日

堀尾 強

ホリオ ツヨシ | Horio Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 医療薬学 ,  生理学 ,  実験心理学
研究キーワード (4件): 実験系心理学 ,  生理学一般 ,  Experimental Psychology ,  Physiology in General
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 食品好き嫌いの形成メカニズム解析
  • 味覚の発達と老化に関する研究
  • 味覚生理学・食行動科学
  • Study on Development and Aging for Taste
  • Study on Relationships between Food Texture and Chewing Movements
全件表示
論文 (1件):
  • 堀尾 強. 嫌いな食品の嗜好変化に関する研究. 関西国際大学研究紀要. 2012. 13. 115-123
MISC (114件):
もっと見る
書籍 (12件):
  • 感覚器系
    In 栄養科学イラストレイテッド演習版 解剖生理学ノート 人体の構造と機能,志村ニ三夫,岡純,山田和彦,羊土社,p.p.186-195 2010
  • 感覚器系
    In 栄養科学イラストレイテッド 解剖生理学 人体の構造と機能,志村ニ三夫,岡純,山田和彦,羊土社pp.194-202 2010
  • 生理的環境と味覚
    In 新編感覚・知覚心理学ハンドブックPart2,大山正、今井省吾、和氣典二、菊池正編,誠信書房,pp.550-557 2007
  • 超酸っぱいものを食べると,なぜ顔がぐしゃおじさんになる?,年をとると脂っこいものをとらなくなるのはなぜ?,運動したあとに,甘いものや酸っぱいものがほしくなるのはなぜ?
    In 味のなんでも小事典,日本味と匂学会編,講談社ブルーバックス,pp.42-43,180,194-195 2004
  • 化学調味料は本当にワルモノ?
    In 首都圏必食ラーメン店220軒2003-2004年版,成美堂出版,P.233 2003
もっと見る
Works (4件):
  • 苦味と甘味の混合溶液の嗜好に及ぼす運動の影響に関する研究
    1999 -
  • 甘味と酸味の混合溶液の嗜好に及ぼす運動の影響に関する研究
    1998 -
  • 運動が酸味物質の嗜好に及ぼす影響に関する研究
    1997 -
  • 運動が甘味物質の嗜好に及ぼす影響に関する研究
    1996 -
学歴 (4件):
  • - 1986 大阪大学 行動学
  • - 1986 大阪大学
  • - 1980 大阪大学 行動学
  • - 1980 大阪大学
学位 (1件):
  • 学術博士 (大阪大学)
委員歴 (2件):
  • 1991 - 日本生理学会 評議員
  • 日本味と匂学会 評議員
受賞 (2件):
  • 2007 - 全国栄養士養成施設協会会長表彰
  • 2001 - 高砂研究奨励賞(日本味と匂学会)
所属学会 (5件):
関西心理学会 ,  日本歯科基礎医学会 ,  日本心理学会 ,  日本味と匂学会 ,  日本生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る