研究者
J-GLOBAL ID:200901056413701736   更新日: 2020年09月14日

山田 一哉

ヤマダ カズヤ | Yamada Kazuya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://professors.matsumoto-u.ac.jp/yamada/http://professors.matsumoto-u.ac.jp/yamada/?lang=en
研究分野 (4件): 代謝、内分泌学 ,  医化学 ,  分子生物学 ,  機能生物化学
研究キーワード (7件): 分子栄養学 ,  内分泌代謝学 ,  分子生物学 ,  生化学 ,  Endocrinology ,  Molecular Biology ,  Biochemistry
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 1998 - zinc-fingers and homeoboxes 1 ファミリーに関する研究
  • 1997 - Studies on zinc-fingers and homeoboxes 1 (ZHX1)
  • 1985 - 栄養素とホルモンによる遺伝子の転写調節機構の解析
  • 1985 - Regulation of the gene expression of sugar- and lipid-metabolic enzymes in mammals.
  • 転写因子の活性調節による血糖値の制御
全件表示
論文 (111件):
もっと見る
MISC (16件):
  • 大澤 春彦, 田原 康玄, 川村 良一, 塚田 晃子, 伊賀瀬 道也, 大橋 順, 山田 亮, 高田 康徳, 川本 龍一, 斉藤 功, et al. レジスチン遺伝子プロモーターSNPとは独立して、新たな機能的SNPとして3'のrs1423096とrs10401670を同定した. 糖尿病. 2016. 59. Suppl.1. S-437
  • 大沼 裕, 田原 康玄, 川村 良一, 田中 高志, 大橋 順, 西田 亙, 高田 康徳, 越智 正昭, 山田 一哉, 川本 龍一, et al. レジスチンSNP-420Gが血中レジスチンを高めるためには、SNP-358Aが必要である. 糖尿病. 2010. 53. Suppl.1. S-95
  • 大澤 春彦, 田原 康玄, 川本 龍一, 大橋 順, 越智 正昭, 大沼 裕, 西田 亙, 高田 康徳, 山田 一哉, 名倉 潤, et al. 一般住民において、PPARγPro12Ala Pro/Pro型とレジスチンSNP-420 G/G型は血中レジスチンと相乗的に関連する. 糖尿病. 2009. 52. Suppl.1. S-226
  • 稲岡 斉彦, 矢澤 隆志, 上坂 美紀, 水谷 哲也, 山田 一哉, 宮本 薫. ラット卵巣およびMA-10細胞でのNGFI-B/nur77遺伝子の発現調節機構. 日本生殖内分泌学会雑誌. 2007. 12. 5-8
  • Zhangfei Shou, Jianghua Chen, Qiang He, Yamada Kazuya, Miyamoto Kaoru. TGF-BETA1 UP-REGULATES SHARP-2 GENE EXPRESSION VIA PI-3 KINASE PATHWAY IN LLC-PK1. NEPHROLOGY. 2005. 10. A269-A269
もっと見る
特許 (1件):
  • 転写制御因子 ZHX3
書籍 (8件):
  • 分子栄養学
    講談社 2018
  • 管理栄養士養成課程 化学・生化学
    理工図書 2011 ISBN:9784844607861
  • 基礎からのやさしい化学ーヒトの健康と栄養を学ぶためにー
    建帛社 2011 ISBN:9784767946351
  • 新臨床栄養学増補版
    2011 ISBN:9784260013499
  • 生物学ーヒトと環境の生命科学 5章.遺伝のしくみ
    建帛社 2009 ISBN:9784767946344
もっと見る
学位 (2件):
  • 教育学修士 (大阪教育大学)
  • 博士(医学) (大阪大学)
委員歴 (4件):
  • 2009 - - 健康長寿長野研究会副会長
  • 2008 - - 日本生化学会評議員
  • 2002 - 2004 日本生化学会北陸支部会幹事
  • 2002 - 2003 日本生化学会 北陸支部会幹事
受賞 (2件):
  • 2013/09 - 独立行政法人 日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
  • 2005 - 日本生化学会北陸支部会支部奨励賞(米山賞)受賞
所属学会 (3件):
日本生化学会 ,  The Japanese Biochemical Society ,  米国生化学分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る