研究者
J-GLOBAL ID:200901057328316560   更新日: 2020年05月14日

中園 健文

ナカゾノ タケフミ | Nakazono Takefumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究キーワード (1件): 環境領域
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2016 - 現在 農地汎用化のための地下かんがいに関する研究
  • 2016 - 現在 コンクリート水路に付着する温泉スケールの除去に関する研究
  • 2010 - 現在 様々な植物を利用した緑化基盤材に関する研究
  • 2008 - 現在 植物の機能性に関する研究
  • 2003 - 現在 植栽ブロックの開発に関する研究
全件表示
論文 (63件):
  • Hiroyuki Kinoshita, Yusuke Yasuda, TakefumiNakazono, KentaroYasui, Toshifumi Yuji, Yoshimi Okamura, TaichiKobayashi, Hanako Fukuyama. Greening Material Consisting of a Porous Ceramic Made from Waste Glass Fiber Reinforced Plastic Coated with Moss. International Journal of Innovations in Engineering and Technology (Special Issue - JTL-AEME (Japan)). 2014. 特別. 7-12
  • 木之下 広幸, 湯地 敏史, 安田 雄祐, 河村 隆介, 宮城 弘守, 小林 太一, 福山 華子, 中園 健文, 海津 浩一, 川崎 久光. 118 廃棄GFRPを再利用したセラミック基盤材とコケからなる緑化プラント : 耐風性能に優れた基盤材の開発(OS.3 環境とエネルギー2). 日本機械学会九州支部講演論文集. 2013. 2013. 66. 35-36
  • 木之下 広幸, 安田 雄祐, 河村 隆介, 湯地 敏史, 小林 太一, 福山 華子, 中園 健文, 宮城 弘守, 海津 浩一, 川崎 久光. 117 廃棄GFRPを再利用したセラミック基盤材とコケからなる緑化プラントの開発 : 輻射熱による温度上昇の緩和および二酸化炭素濃度の低減について. 日本機械学会九州支部講演論文集. 2013. 2013. 66. 33-34
  • 木之下 広幸, 海津 浩一, 安田 雄祐, 中園 健文, 小林 太一, 福山 華子, 川村 隆介, 池田 清彦, 川崎 久光. 廃棄GFRPを再利用した高強度多孔質セラミック基盤材とコケからなる緑化プラントの開発. 日本実験力学会. 2013. 13. 1. 100-106
  • 高橋研二, 稲垣仁根, 中園健文, 日吉健二. ポンプ送水系パイプラインにおけるポンプ急停止時の圧力制御対策 - 汎用スイング逆止弁と無水撃逆止弁の比較-. 雨水資源化システム学会誌. 2012. 18. 1. 35-43
もっと見る
MISC (52件):
  • Hiroyuki Kinoshita, Yusuke Yasuda, TakefumiNakazono, KentaroYasui, Toshifumi Yuji, Yoshimi Okamura, TaichiKobayashi, Hanako Fukuyama. Greening Material Consisting of a Porous Ceramic Made from Waste Glass Fiber Reinforced Plastic Coated with Moss. International Journal of Innovations in Engineering and Technology (Special Issue - JTL-AEME (Japan)). 2014. 特別. 7-12
  • Hiroyuki Kinoshita, Yusuke Yasuda, TakefumiNakazono, KentaroYasui, Toshifumi Yuji, Yoshimi Okamura, TaichiKobayashi, Hanako Fukuyama. Greening Material Consisting of a Porous Ceramic Made from Waste Glass Fiber Reinforced Plastic Coated with Moss. International Journal of Innovations in Engineering and Technology (Special Issue - JTL-AEME (Japan)). 2014. 特別. 7-12
  • 木之下 広幸, 海津 浩一, 安田 雄祐, 中園 健文, 小林 太一, 福山 華子, 川村 隆介, 池田 清彦, 川崎 久光. 廃棄GFRPを再利用した高強度多孔質セラミック基盤材とコケからなる緑化プラントの開発. 日本実験力学会. 2013. 13. 1. 100-106
  • Hiroyuki KINOSHITA, Koichi KAIZU, Yusuke YASUDA, Takefumi NAKAZONO, Taichi KOBAYASHI, Hanako FUKUYAMA, Ryuusuke KAWAMURA, Kiyohiko IKEDA, Hisamitsu KAWASAKI. Development of Greening Plant Consists of Moss and Porous Ceramic Base Material of High Strength Made by Recycling Waste GFRP. The Japanese Society for Experimental Mechanics. 2013. 13. 1. 100-106
  • 高橋研二, 稲垣仁根, 中園健文, 日吉健二. ポンプ送水系パイプラインにおけるポンプ急停止時の圧力制御対策 - 汎用スイング逆止弁と無水撃逆止弁の比較-. 雨水資源化システム学会誌. 2012. 18. 1. 35-43
もっと見る
講演・口頭発表等 (150件):
  • 流水に含まれる温泉スケールの簡易な除去方法に関する基礎研究
    (平成29年度農業農村工学会九州沖縄支部講演会 2017)
  • 都市および郊外を対象としたフラクタル解析による景観評価
    (平成28年度農業農村工学会九州沖縄支部講演会 2016)
  • 潅水の有無による緑化植物の生育の違いによる温度低減効果
    (平成27年度農業農村工学会九州沖縄支部講演会 2015)
  • 宮崎市内のコンクリート製農業用水路における生き物調査
    (平成27年度農業農村工学会九州沖縄支部講演会 2015)
  • 屋上緑化植物としてのスナゴケの可能性について -廃棄GFRPを軽量屋上緑化基盤材とした場合-
    (第95回農業農村工学会九州沖縄支部講演会 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1998 鹿児島大学 生物環境保全科学
  • - 1991 宮崎大学 農業工学科
学位 (3件):
  • 博士(農学) (鹿児島大学)
  • 農学修士 (宮崎大学)
  • 農学士 (宮崎大学)
経歴 (5件):
  • 2007/04/01 - 現在 宮崎大学 農学部 地域農業システム学科 生産環境システム学講座 農林生産学科生産環境工学コース 准教授
  • 2004/03/01 - 2007/03/31 宮崎大学 農学部 地域農業システム学科 生産環境システム学講座 農林生産学科生産環境工学コース 助教授
  • 1999/04/01 - 2004/02/29 宮崎大学 農学部 地域農業システム学科 生産環境システム学講座 農学部農林生産学科生産環境工学コース 助手
  • 1998/04/01 - 1999/03/31 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
  • 1993/04/01 - 1995/03/31 九州農政局筑後川中流域農業水利事務所 農林水産技官
委員歴 (6件):
  • 2005/04/01 - 現在 農業農村工学会(旧 農業土木学会) 論文集閲読者
  • 2016/10 - 2017/03 農業農村工学会(旧 農業土木学会) 九州沖縄支部賞選考委員会委員長
  • 2015/10/28 - 農業農村工学会(旧 農業土木学会) 九州沖縄支部賞選考委員会副委員長
  • 2014/10/29 - 農業農村工学会(旧 農業土木学会) 九州沖縄支部賞選考委員会委員
  • 2012/09/25 - 農業農村工学会(旧 農業土木学会) 九州支部賞選考委員会委員
全件表示
所属学会 (3件):
土木学会 ,  日本雨水資源化システム学会 ,  農業農村工学会(旧 農業土木学会)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る