研究者
J-GLOBAL ID:200901058944989605   更新日: 2020年08月30日

豊田 淨彦

トヨダ キヨヒコ | Toyoda Kiyohiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www2.kobe-u.ac.jp/~toyoda/http://www2.kobe-u.ac.jp/~toyoda/
研究キーワード (2件): 食品工学 ,  ポストハーベスト工学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2011 - 屈曲性分子の誘電特性を利用した油脂分別技術の開発
  • 2010 - 脂肪酸プロファイル測定による和牛牛肉の品質・安全性評価手法の構築
  • 2007 - 肉牛資源の戦略的価値形成のための非破壊牛肉品質評価システムの開発
  • 2007 - 食品内部の微生物汚染を可視化するインピーダンス・トモグラフィ装置の開発
  • 2005 - 電気インピーダンス・トモグラフィによる農産食品の異物検出法の開発
論文 (53件):
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • 農産食品プロセス工学
    文永堂 2015 ISBN:9784830041280
  • 牛肉のおいしさに影響する筋内遊離脂肪酸についての研究(第3報)
    (公財)伊藤記念財団 2014
  • Physical and Biological Properties of Agricultural Products
    Kyoto University Press 2014 ISBN:9784876983896
  • 牛肉のおいしさに影響する筋内遊離脂肪酸についての研究(第2報)
    公益財団法人 伊藤記念財団 2013
  • 牛肉のおいしさに影響する筋内遊離脂肪酸についての研究
    公益財団法人 伊藤記念財団 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (212件):
  • 市販食パンの気泡構造と力学特性
    (第76回農業食料工学会年次大会 2017)
  • 酪農廃水からの抗生物質の磁気分離:磁性粒子と磁気フィルタの影響
    (第51回日本水環境学会年会 2017)
  • 乳牛糞尿の嫌気性消化におけるセファゾリンが薬剤耐性菌の消長に及ぼす影響
    (第51回日本水環境学会年会 2017)
  • 磁気力によるハイリスク物質の分離と回収に関する基礎検討
    (日本磁気科学会第11回年会 2016)
  • 磁気研磨法で作製したナノスケール平滑面における乳成分の洗浄性向上
    (日本磁気科学会第11回年会 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1981 筑波大学 大学院博士課程農学研究科退学
学位 (2件):
  • 農学修士 (筑波大学)
  • 農学博士 (筑波大学)
受賞 (2件):
  • 2014/03 - 農業食料工学会関西支部 農業食料工学会関西支部学生ベストプレゼンテーション賞 多価不飽和脂肪酸の酸化に着目した魚肉の鮮度評価
  • 2013/08 - 日本食品工学会第14回年次大会実行委員長 日本食品工学会優秀口頭発表賞 Characterization of Corn Oil Contaminated with 15-AcDON by FTIR-ATR Spectroscopy
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る