研究者
J-GLOBAL ID:200901059217565467   更新日: 2020年09月01日

塩田 邦郎

シオタ クニオ | Shiota Kunio
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/seika/
研究分野 (9件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  動物生産科学 ,  動物生産科学 ,  発生生物学 ,  分子生物学 ,  システムゲノム科学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (14件): エピゲノム ,  エピジェネティクス ,  非コードRNA ,  ヒストン修飾 ,  DNAメチル化 ,  分化 ,  発生 ,  epigenome ,  epigenetics ,  non-coding RNA ,  histon modification ,  DNA methylation ,  differentiation ,  development
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2009 - 2013 細胞質交換法を基盤とした新規iPS細胞作成法とその細胞標準化システムの研究開発
  • 2009 - 2013 性差のエピゲノム解析
  • 2009 - 2013 脳機能改善を目的としたエピゲノム解析による創薬基盤
  • DNAメチル化を中心にしたエピジェネティクス・エピゲノム解析
  • Reseach on DNA methylation pattern of domestic animals
全件表示
MISC (394件):
特許 (9件):
  • ラット20a-HSD遺伝子 整理番号1C82JP 国際特許分類 C12N 15/00特許出願公開番号 特開平6-62863 出願番号 特願平4-213944
  • ヒト卵胞刺激ホルモンの製造方法 整理番号p000007356 国際特許分類 C12N/ 15/16
  • 組み替え1本鎖ウマ絨毛性性腺刺激ホルモン 出願番号通知 平8-300041 整理番号 KP-8773 受付番号 59600584858 提出日 平成8念11月12日
  • DNAメチル化パターンによる細胞の同定法 国際公開番号 WO/2007/088744
  • 抗メチル化DNA抗体及びその作製方法 国際公開番号 WO/2007/119518
もっと見る
書籍 (26件):
  • 食の安全-エピゲノム評価に向かって-:食の安全科学の展開-食のリスク予想と制御に向けて-
    シーエムシー出版 2010
  • エピジェネティクス研究の最前線、理科年表
    丸善 2009
  • 栄養外胚葉と栄養膜幹細胞、卵子学(共著)
    京都大学学術出版会 2009
  • エピジェネティクス、新たな動物遺伝子工学のパラダイム:動物・微生物の遺伝子工学研究
    養賢堂 2007
  • DNAメチル化研究法:生物化学実験法51
    学会出版センター 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (176件):
  • エピジェネティクス:健康と病気の新たなパラダイム
    (哺乳類細胞・組織のゲノム・ワイドDNAメチル化プロファイル 2010)
  • 哺乳類細胞・組織のゲノム・ワイドDNAメチル化プロファイル
    (東北大学加齢医学研究所医用細胞資源センター 2010)
  • ES細胞特異的低メチル化遺伝子領域は特徴的な反復配列分布を示す/ Enrichment of short interspersed transposable elements (SINEs) to embryonic stem cell (ESCs)-specific hypomethylated gene regions
    (第4回日本エピジェネティクス研究会年会 2010)
  • 細胞・組織特異転写因子ネットワークのエピジェネティクス
    (第51回日本組織細胞化学会総会 2010)
  • 環境リスクのエピジェネティクスとエピゲノム研究
    (日本薬学会環境衛生部会主催フォーラム2010:衛生薬学・環境トキシコロジーにおけるフォーラム 2010)
もっと見る
Works (12件):
  • 大阪大学蛋白質研究所セミナー 「疾患の基盤としてのエピジェネティクス」世話人
    2009 -
  • 第6回NIBB-EMBL Joint Meeting 「Evolution of Epigenetic Regulation」主催
    2008 -
  • 国際シンポジウム 「Decoding Epigenetic Code」主催
    2008 -
  • The 12th International Federation of Placenta Associations Meeting workshop "Epigenetics and Genomics"
    2006 -
  • 第22回 Wakoワークショップ 「新たな生命科学、エピジェネティックスの可能性」主催
    2006 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1979 東京大学 獣医学
  • - 1979 東京大学
  • - 1973 宮崎大学 獣医学科
  • - 1973 宮崎大学
学位 (1件):
  • 農学博士 (東京大学)
経歴 (9件):
  • 1989 - 1998 東京大学応用動物科学専攻生化学教室 助教授
  • 1989 - 1998 The University of Tokyo Animal Resource Sciences Cellular Biochemistry Associate Prof.
  • 1998 - - 東京大学応用動物科学専攻生化学教室 教授
  • 1998 - - The University of Tokyo Animal Resource Sciences Cellular Biochemistry professor.
  • 1987 - 1989 東京大学獣医学科専攻生理学教室 助教授
全件表示
委員歴 (16件):
  • 平成 21年5月 〜 財団法人味の素奨学会 理事
  • 平成 21年1月 〜 薬事・食品衛生審議会 専門委員
  • 平成 20年12月 〜 日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
  • 平成 20年9月 〜 平成21年8月 財団法人細胞科学研究財団 専門委員
  • 平成 20年6月 〜 平成21年3月 株式会社ジェノスタッフ 技術顧問
全件表示
受賞 (1件):
  • 1996 - 日本獣医学会
所属学会 (18件):
日本再生医療学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  日本繁殖生物学会 ,  日本獣医学会 ,  日本分子生物学会 ,  米国生殖生物学会 Society for Study of Reproduction ,  米国内分泌学会 The Endocrine Society ,  米国生化学・分子生物学会 American Society for Biochemistry and Molecular Biology ,  米国細胞生物学会 The American Society of Cell Biology ,  The Japanese Society for Regenetative Medicine ,  The Japanese Society for Epigenetics ,  Molecular Biology Society of Japan ,  Japanese Society of Animal Reproduction ,  The Japanese Society of Veterinary Society ,  Society for Study of Reproduction ,  The Endocrine Society ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology ,  The American Society of Cell Biology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る