研究者
J-GLOBAL ID:200901059456646533   更新日: 2022年07月02日

川崎 英也

カワサキ ヒデヤ | Kawasaki Hideya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://wps.itc.kansai-u.ac.jp/colloid/
研究分野 (4件): 分析化学 ,  ナノ構造化学 ,  基礎物理化学 ,  ナノ材料科学
研究キーワード (10件): 熱分析 ,  分光分析 ,  質量分析 ,  抗菌 ,  電子材料 ,  光触媒 ,  発光 ,  ナノ粒子・ナノ構造体 ,  質量分析;分光分析;熱分析 ,  ナノ粒子・ナノ構造体;発光;光触媒;電子材料;抗菌
論文 (225件):
  • Hideya Kawasaki, Tomoko Otsuki, Fumiya Sugino, Ken Yamamoto, Tomoharu Tokunaga, Rintaro Tokura, Tetsu Yonezawa. Liquid metal catalyst for the conversion of ethanol into graphitic carbon layers under ultrasonic cavitation field. Chem. Commun. 2022
  • Satoshi Saita, Shin-ichi Takeda, Hideya Kawasaki. Hansen Solubility Parameter Analysis on Dispersion of Oleylamine-Capped Silver Nanoinks and their Sintered Film Morphology Oleylamine-Capped Silver Nanoinks and their Sintered Film Morphology. Nanomaterials. 2022. 12, 2004
  • H. Sato, R. Yamada, Y. Watanabe, T. Kiryu, S. Kawano, M. Shizuma, H. Kawasaki. Deracemization of 1-phenylethanols in a one-pot process combining Mn-driven oxidation with enzymatic reduction utilizing a compartmentalization technique. RSC Advances. 2022. 12, 10619-10624
  • Masanori ANDO, Kosuke INAGAKI, Hideya KAWASAKI, Yasushi SHIGERI. Reversible sensing of nitrogen dioxide using photoluminescent CdSe/ZnS quantum dots and enhanced response by combination with noble metals CdSe/ZnS quantum dots and enhanced response by combination with noble metals. Journal of the Ceramic Society of Japan. 2022. 130 [1] 180-186 2022
  • T. Nakakoji, H. Sato, D. Ono, H. Miyake, E. Mieda, S. Shinoda, H. Tsukube, H. Kawasaki, R. Arakawa, M. Shizuma. One-pot analysis of enantiomeric excess of free amino acids by electrospray ionization mass spectrometry. RSC Advances. 2021. 11, 36237 - 36241
もっと見る
MISC (50件):
もっと見る
特許 (26件):
  • 音増感剤及びその製造方法
  • 抗菌剤およびその製造方法
  • 表面上の第4級アンモニウムカチオン並びに/又は金及び/若しくは銀のハロゲン化物の量が低減された金ナノ粒子の懸濁液
  • 銅微粒子混合物及びその製造方法、銅微粒子混合物分散液、銅微粒子混合物含有インク、銅微粒子混合物の保存方法及び銅粒子混合物の焼結方法
  • 銅粒子構造体及び銅インク
もっと見る
書籍 (18件):
  • Nanocomposite of Nanocellulose with Metal Nanoparticles for Printable and Flexible Electronics
    Elsevier・Nanocellulose Based Composites for Electronics 2020
  • Copper-Based Conductive Inks
    Encyclopedia 2020
  • Nanocellulose Based Flexible Energy Storage Devices
    World Scientific Publisher / Nanocellulose 2020
  • 金属ナノ・マイクロ粒子の形状・構造制御技術
    シーエムシー出版 2009
  • 表面支援レーザー脱離イオン化質量分析法(SALDI-MS)のためのナノ粒子・ナノ構造表面設計
    Colloid&Interface Communication 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • 機能性ナノ粒子を用いたレーザー脱離イオン化法
    (質量分析オープンイノベーション協働ユニットキックオフシンポジウム・蛋白研セミナー 2018)
  • 低温焼成型銅ナノインク調製に向けた銅ナノ粒子の設計~粒子界面からのアプローチ~
    (粉体工学会「ソフト粒子・界面研究会」・日本化学会新領域研究グループ「分散凝集の学理構築への科学と技術戦略」合同セミナー 2018)
  • 低温焼結型の銅微粒子・ナノ粒子・の設計 ~粒子界面からのアプローチ~
    (2017年度 第3回関西接着ワークショップ 2017)
  • Water-Soluble Gold Nanoclusters for Biomedical Applications: Fluorescence, Photodynamic Therapy, and Biomarker Sensing
    (BIT’s 7th Annual World Congress of Nano Science & Technology-2017 2017)
  • 金属ナノクラスターの溶液合成とバイオ・医療応用
    (平成29年度 九州コロイドコロキウム 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 九州大学 化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (6件):
  • 2000/04/01 - 2006/03/31 九州大学大学院助手(理学研究院)
  • 2000/04/01 - 2006/03/31 九州大学大学院助手(理学研究院)
  • 1999/11/01 - 2000/03/31 九州大学大学院助手(理学研究科)
  • 1999/11/01 - 2000/03/31 九州大学大学院助手(理学研究科)
  • 1998/04/01 - 1999/10/31 日本学術振興会特別研究員(九州大学大学院理学研究科)
全件表示
委員歴 (8件):
  • 日本化学会 支部幹事
  • 支部幹事
  • 事業企画委員;若手WG委員長;役員会幹事;支部幹事;デイビジョン幹事;将来構想委員
  • 将来構想委員
  • 日本化学会 デイビジョン幹事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2017/05/18 - 日本質量分析学会 論文賞
  • 2016/05/19 - 日本質量分析学会 論文賞
  • 2011/05/19 - 日本質量分析学会 科学奨励賞
  • 2007/05/17 - 日本質量分析学会 優秀論文賞
  • 2003/09/09 - 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 科学奨励賞
全件表示
所属学会 (7件):
日本油学会 ,  質量分析学会 ,  日本分析化学会 ,  アメリカ化学会 ,  ナノ学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る