研究者
J-GLOBAL ID:200901059719331281   更新日: 2020年10月05日

川戸 栄

カワト サカエ | Kawato Sakae
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • ライフサイエンスイノベーションセンター
ホームページURL (2件): http://fuee.u-fukui.ac.jp/~optele/top-page.htmlhttp://fuee.u-fukui.ac.jp/~optele/top-page.html
研究分野 (1件): 光工学、光量子科学
研究キーワード (4件): プロセシングなどの応用研究 ,  光・レーザーを用いた計測 ,  レーザーの研究開発 ,  Development and Application of Laser Science
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 高密度励起による高利得化及びと高非線形材料を用いた超短パルスレーザーの研究
論文 (142件):
  • Ryo Kobayashi, Sakae Kawato. High Efficiency Laser-Diode-Pumped Hemispherical Short Cavity Laser by High Intensity Pumping. Frontiers in Optics + Laser Science. 2019
  • 小林 亮, 杉木 史弘, 青柳 祐宇, 片岡 俊二, 柴田 真志, 前田 隼哉, 川戸 栄. LD励起半球型共振器連続波Yb:YAGレーザーの高効率化. 電子情報通信学会技術報告. 2019
  • 金武知樹, 山星遼馬, 杉木史弘, 中島直哉, 片岡俊二, 小林亮, 青柳祐宇, HAN QIYAO, 高村紀之, 川戸栄. 光の回折模様と自動運転ロボットを見てみよう. 青少年のための科学の祭典2018福井大会実験解説集. 2018
  • Fumihiro Sugiki, Sakae Kawato. Theoretical Analysis of High Efficiency LD-pumped CW Short Cavity Laser. Frontiers in Optics + Laser Science. 2018
  • Sakae Kawato, H. Kadoya, F. Sugiki, R. Kobayashi, T. Kanetake, N. Nakajima, S. Kataoka. Laser efficiency improvement on hemispherical short cavity lasers by high intensity pumping. EMN Optoelectronics 2018. 2018
もっと見る
MISC (339件):
もっと見る
特許 (2件):
  • 固体レーザ装置「端面励起微細ロッド型レーザモジュール」
  • 固体レーザ装置(微細スラブ型レーザ)
講演・口頭発表等 (148件):
  • 超短パルスレーザーの効率に対するモード同期と非線形効果の影響に関する理論解析
    (レーザー学会「固体・半導体レーザー」・レーザ・量子エレクトロニクス合同研究会 2018)
  • 青色半導体レーザーを用いた高密度励起Ti:sapphireレーザーの効率に関する理論解析
    (レーザー学会「固体・半導体レーザー」・レーザ・量子エレクトロニクス合同研究会 2018)
  • 半球型共振器連続波 Yb:YAG レーザーの効率に関する理論解析
    (レーザー学会「固体・半導体レーザー」・レーザ・量子エレクトロニクス合同研究会 2018)
  • モード同期レーザーの共振器内部の損失を与える位置が効率に及ぼす影響に関する理論解析
    (レーザー学会「固体・半導体レーザー」・レーザ・量子エレクトロニクス合同研究会 2018)
  • 超短パルスレーザーのモード同期の条件が発振スペクトルと効率に及ぼす影響に関する理論解析
    (レーザー学会「固体・半導体レーザー」・レーザ・量子エレクトロニクス合同研究会 2018)
もっと見る
Works (13件):
  • 高密度励起による高利得化及びと高非線形材料を用いた超短パルスレーザーの研究, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • ファイバーアメニティ地域連携シンポジウム
    2008 -
  • 短パルスレーザ精密3次元加工装置の開発
    2005 - 2006
  • ピコメートル変位計測のためのフェムト秒光コムを用いた絶対光周波数走査干渉計の研究, 基盤研究(B)
    2006 -
  • 超短パルスレーザーの蛍光スペクトル幅の限界を超える短パルス化、広帯域化、波長可変化に関する研究
    2006 -
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1996 筑波大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (筑波大学)
委員歴 (32件):
  • 2014 - 電気学会 特殊光波・量子発生技術調査専門委員会委員
  • 2014 - 電気学会 特殊光波・量子発生技術調査専門委員会委員
  • 2004 - 2013 電気学会 光・量子コヒーレンス制御技術調査専門委員会委員
  • 2004 - 2013 電気学会 光・量子コヒーレンス制御技術調査専門委員会委員
  • 2013 - LIA 一般会員
全件表示
所属学会 (26件):
IEEE (米国電気電子工学会) ,  Optical Society of America 米国光学会 ,  レーザー加工学会 ,  レーザー学会 ,  応用物理学会 ,  日本光学会 ,  日本物理学会 ,  溶接学会 ,  レーザ高度利用技術研究会 ,  European Physical Society ,  SPIE ,  LIA ,  電気学会 ,  IEEE (米国電気電子工学会) ,  Optical Society of America 米国光学会 ,  レーザー加工学会 ,  レーザー学会 ,  応用物理学会 ,  日本光学会 ,  日本物理学会 ,  溶接学会 ,  レーザ高度利用技術研究会 ,  European Physical Society ,  SPIE ,  LIA ,  電気学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る