研究者
J-GLOBAL ID:200901059805552940   更新日: 2020年09月01日

三浦 豊

Miura Yutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
研究分野 (2件): 食品科学 ,  応用生物化学
研究キーワード (1件): 細胞生物学,栄養生理化学 癌細胞、癌転移、細胞膜脂質、酸化ストレス
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2016 - 2017 ルイボスおよびハニーブッシュの健康増進作用のエビデンス確立と利用拡大策の検討
  • 2017 - 2017 奨学寄附金
  • 2016 - 2016 奨学寄附金
  • 2014 - 2016 生活習慣病改善作用を有する難吸収性食品因子の新規作用機序の解明
  • 2015 - 2015 細胞増殖因子LYARをターゲットとした分子標的薬の探索
全件表示
論文 (101件):
  • Murakami S, Miura Y, Hattori M, Matsuda H, Malherbe CJ, Muller CJF, Joubert E, Yoshida T. Cyclopia Extracts Enhance Th1-, Th2-, and Th17-type T Cell Responses and Induce Foxp3+ Cells in Murine Cell Culture. Planta Medica. 2018. 84. 5. 311-319
  • Muller, C.J.F, Malherbe, C.J, Chellan, N, Yagasaki, K, Miura, Y, Joubert, E. Potential of rooibos, its major flavonoid C-glucosides and Z-2-(β-D-gluco- pyranoloxy)-3-phenylpropenoic acid in prevention of metabolic syndrome. Critical Reviews in Food Science and Nutrition. 2018. 58. 2. 227-246
  • Izumikawa K, Nobe Y, Yoshikawa H, Ishikawa H, Miura Y, Nakayama H, Nonaka T, Hasegawa M, Egawa N, Inoue H, et al. TDP-43 stabilises the processing intermediates of mitochondrial transcripts. Scientific Reports. 2017. 7. 1. 7709
  • Keiichi Izumikawa, Yuko Nobe, Harunori Yoshikawa, Hideaki Ishikawa, Yutaka Miura, Hiroshi Nakayama, Takashi Nonaka, Masato Hasegawa, Naohiro Egawa, Haruhisa Inoue, et al. TDP-43 stabilises the processing intermediates of mitochondrial transcripts. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7
  • Fang Zhou, Keisuke Furuhashi, Myoung Jin Son, Miku Toyozaki, Fumiaki Yoshizawa, Yutaka Miura, Kazumi Yagasaki. Antidiabetic effect of enterolactone in cultured muscle cells and in type 2 diabetic model db/db mice. CYTOTECHNOLOGY. 2017. 69. 3. 493-502
もっと見る
MISC (146件):
書籍 (1件):
  • 健康栄養学ー健康科学としての栄養生理化学
    共立出版 2005 ISBN:4320061535
講演・口頭発表等 (112件):
  • Molecular mechanism for hypoxia-induced acquisition of malignancy in mouse melanoma cells
    (JAACT2018 Tsukuba 2018)
  • スフィンゴミエリンの血中エキソソームに対する作用の検討
    (第72回日本栄養・食糧学会大会 2018)
  • 難吸収性食品因子スフィンゴミエリンの腸管透過性に対する影響
    (第72回日本栄養・食糧学会大会 2018)
  • 卵由来スフィンゴミエリンによる肝癌細胞死誘導およびその機構解析
    (日本農芸化学会2018年度大会 2018)
  • 癌細胞と正常細胞の相互作用によるMMP-2産生誘導機構の解析
    (日本農芸化学会2018年度大会 2018)
もっと見る
Works (4件):
  • ガラクトオリゴ糖の免疫調整作用に関する研究
    2007 - 2010
  • 乳成分の抗アレルギー効果に関する研究
    2009 - 2010
  • 霊芝エキス経口投与後の癌増殖・転移に関する効果
    2007 - 2008
  • ガラクトオリゴ糖の構造の違いとアレルゲン性の関係に関する研究
    2006 - 2007
学歴 (3件):
  • - 1989 東京大学 農芸化学専攻
  • - 1989 東京大学 農芸化学専攻
  • - 1987 東京大学 農芸化学科
学位 (2件):
  • 農学修士 (東京大学)
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 1997/07 - - 東京農工大学助教授農学部
  • 1991/11 - - 東京農工大学助手農学部
  • 1989/04 - - 東京大学農学部助手
受賞 (1件):
  • 2004 - 日本栄養・食糧学会奨励賞
所属学会 (6件):
日本農芸化学会 ,  日本生化学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本動物細胞工学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本がん転移学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る