研究者
J-GLOBAL ID:200901061509772719   更新日: 2020年08月29日

澤田 哲生

サワダ テツオ | Sawada Tetsuo
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 核融合学 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (9件): Combat Desertification ,  Nuclear Knowledge Management ,  Nuclear Nonproliferation ,  Nuclear Engineering ,  都市緑化 ,  沙漠緑化 ,  原子力知識マネジメント ,  核不拡散 ,  原子炉工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • Development of Advanced Nuclear Energy Systems
  • Study on Safety of Fusion Energy Systems
  • Study on Safety of Fast Reactors
  • 先進型原子力システムの開発
  • 核融合システムの安全性研究
全件表示
MISC (78件):
  • Yoshiko Aoyama, Tetsuo Sawada, Naoki Yamano, Yasuhiko Fujii. Comparative Study of Stakeholder Involvement in the Decision-Making Process on the Construction of Nuclear Power Plant between Japan and France. Japanese Journal of Risk Analysis. 2009. 19. 2. 11-20
  • 青山美子, 澤田哲生, 山野直樹, 藤井靖彦. 原子力発電所建設の社会的意思決定プロセスにおけるステークホルダー関与の日仏比較分析. 日本リスク研究学会誌. 2009. 19. 2. 11-20
  • N. Yamano, T. Sawada, H. Torii. Participatory Decision-Making for Final Disposal Site. 2008. 50. 3. 147-151
  • 水尾順一, 有冨正憲, 関本博, 鳥井弘之, 藤井靖彦, 山野直樹, 澤田哲生, COE-INES社会チーム. 原子力の社会的責任(NSR)における個人倫理と組織倫理. 日本経営倫理学会誌. 2008. 15. 33-43
  • 山野直樹, 澤田哲生, 塩田哲子. 平成17~19年度COE-INES地域市民フォーラム報告書. 2008
もっと見る
書籍 (10件):
  • Global Security and Crisis Management I The significance of 2005 NPT review conference and the affairs in DPRK
    Tokyo Institute of Technology, COE-INES 2006
  • Nuclear CSR and Governance Sustainable relationship between nuclear and society
    Tokyo Institute of Technology COE-INES 2006
  • グローバルセキュリティの再構築と危機管理I NPT運用検討会議の意義と北朝鮮情勢
    東京工業大学COE-INES 2006
  • 原子力のCSRとガバナンス 原子力と社会の持続的関係
    東京工業大学 COE-INES 2006
  • 原子核工学入門(下)
    ピアソンエヂュケーション 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (13件):
  • Local Civic Forum: An experimental study promoting public acceptance on nuclear energy
    (2008)
  • Local Civic Forum: An experimental study promoting public acceptance on nuclear energy
    (2008)
  • The Basic Concept of Social Responsibility (SR) of Nuclear Research and Its Practice
    (Proc. ISSNP2007 (CD-ROM) 2007)
  • The Basic Concept of Social Responsibility (SR) of Nuclear Research and Its Practice
    (Proc. ISSNP2007 (CD-ROM) 2007)
  • A Study on Systematic Method for Evaluating Values of Raised Concerns
    (INAC2005 2005)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1980 京都大学 物理学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (6件):
  • 1991 - -:
  • 1991 - -:東京工業大学 原子炉工学研究所 助手
  • 1989 - -:
  • 1989 - -:カールスルーエ研究所(ドイツ) 客員研究員
  • 1980 - -:
全件表示
受賞 (1件):
  • 2005 - 日本原子力学会・社会環境部会、第一回優秀活動賞
所属学会 (7件):
National Space Society ,  日本機会学会 ,  核物質管理学会(INMM) ,  米国原子力学会(American Nuclear Society) ,  National Space Society ,  日本原子力学会 ,  日本沙漠学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る