研究者
J-GLOBAL ID:200901061691741696   更新日: 2020年08月31日

村岡 祐治

ムラオカ ユウジ | Muraoka Yuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://film.rlss.okayama-u.ac.jp/https://film.rlss.okayama-u.ac.jp/
研究分野 (2件): 薄膜、表面界面物性 ,  機能物性化学
研究キーワード (4件): 薄膜・界面 ,  材料科学 ,  固体化学 ,  Solid State Chemistrys
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 高出力太陽電池を指向した、スピノーダル分解による超多層ルチル型酸化物膜の開発
  • 2014 - 2017 強相関電子物性が制御可能な光キャリア注入法の確立
  • 2011 - 2014 光キャリア注入による金属酸化物の物性制御
  • 2002 - 2005 スピノーダル分解を用いた新規ルチル型機能性酸化物の作製
  • Synthesis of new transition-metal oxides
論文 (150件):
  • Hiroyuki Okazaki, Kensei Terashima, David Billington, Keiji Iwata, Takanori Wakita, Masashi Tanaka, Yoshihiko Takano, Yuji Muraoka, Takayoshi Yokoya. Change in the electronic structure of the bismuth chalcogenide superconductor CsBi4-xPbxTe6 by dissociation of the bismuth dimers. JOURNAL OF PHYSICS-CONDENSED MATTER. 2020. 32. 14. 145501-1-145501-7
  • Yuji Muraoka, Fumiya Yoshii, Takahiro Fukuda, Yuji Manabe, Mikiko Yasuno, Yoshito Takemoto, Kensei Terashima, Takanori Wakita, Takayoshi Yokoya. Strain effects on spinodal decomposition in TiO2-VO2 films on TiO2(100) substrates. Thin Solid Films. 2020. 698. 137854
  • Hiroyuki Okazaki, Kensei Terashima, David Billington, Keiji Iwata, Takanori Wakita, Masashi Tanaka, Yoshihiko Takano, Yuji Muraoka, Takayoshi Yokoya. Electronic structure changed by Bi dimer in bismuth chalcogenide superconductor CsBi4-xPbxTe6. J. Phys.:Condens. Matter. 2020. 32. 12. 145501
  • Enhanced thermoelectricity by controlled local structure in bismuth-chalcogenides. J. Appl. Phys. 2019. 125. 145105
  • Asymmetric Phosphorus Incorporation in Homoepitaxial P-Doped (111) Diamond Revealed by Photoelectron Holography. Nano Lett. 2019. 19. 5915-5919
もっと見る
MISC (29件):
  • 藤原弘和, 寺嶋健成, 脇田高徳, 矢野佑幸, 細田渉, 片岡範之, 照屋淳志, 垣花将司, 辺土正人, 仲間隆男, et al. 高分解能スピン分解ARPESによるハーフメタル候補物質CoS2の電子構造の観測. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2018. 73. 2. ROMBUNNO.11pB206-3
  • 藤原弘和, 寺嶋健成, 脇田高徳, 矢野佑幸, 細田渉, 片岡範之, 照屋淳志, 垣花将司, 辺土正人, 仲間隆男, et al. 高分解能スピン分解ARPESによるCoS2の電子構造の解明. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2018. 73. 2. ROMBUNNO.11aPS-50
  • 竹元嘉利, 恒川弥佑, 真鍋侑司, 板野壮志, 村岡祐治. Ti-15V-7Al 合金の低温と高温で形成されるマルテンサイト変態. 日本金属学会誌. 2018. 82. 8. 307-313
  • 藤原 弘和, 横谷 尚睦, 寺嶋 健成, 砂川 正典, 尾形 誠, 矢治 光一郎, 原沢 あゆみ, 辛 埴, 脇田 高徳, 村岡 祐治. 高分解能スピン分解光電子分光によるハーフメタルCrO2のスピン脱偏極の観測. 日本物理学会講演概要集. 2017. 72. 0. 797-797
  • 脇田 高徳, 寺嶋 健成, 濱田 貴裕, 藤原 弘和, 長尾 雅則, 綿打 敏司, 田中 功, 出村 郷志, 岡崎 宏之, 高野 義彦, et al. 22pBE-6 CeO_xF_<1-x>BiS_2単結晶の軟X線光電子分光. 日本物理学会講演概要集. 2015. 70. 0
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (107件):
  • Change in work function of VO2 at the metal-insulator transition in a VO2/TiO2:Nb(001) heterojunction
    (International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES) 2019, Okayama Convention Center, Okayama, Japan, 2019)
  • VO2/TiO2:Nb接合界面を活用したVO2薄膜の仕事関数の評価
    (第80回応用物理学会 秋季学術講演会、北海道大学 札幌キャンパス 2019)
  • VO2の薄膜作製について
    (日本表面真空学会 スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会 第162回定例研究会「酸化バナジウム薄膜の作製とその応用」 2019)
  • ルチル型複合酸化物薄膜の作製と機能探索
    (第69回 CVD研究会(第30回夏季セミナー)高知工科大学 永国寺キャンパス 2019)
  • Ti0.4V0.6O2/TiO2(100)膜界面近傍のスピノーダル分解
    (2019年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会 高知工科大学 香美キャンパス 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • Method of prepring High temperature spin-glass and to photo-controlable spinel-type ferrito films.
    1999 -
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 岡山大学 異分野基礎科学研究所 准教授
  • 2007/04 - 2016/03 岡山大学 大学院自然科学研究科 准教授
  • 2006/04 - 2007/03 岡山大学 大学院自然科学研究科 助教授
  • 2000/03 - 2006/03 東京大学物性研究所 物質設計評価施設 助手
受賞 (1件):
  • 2000 - 応用物理学会 講演奨励賞
所属学会 (2件):
応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る