研究者
J-GLOBAL ID:200901061691741696   更新日: 2022年06月28日

村岡 祐治

ムラオカ ユウジ | Muraoka Yuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://film.rlss.okayama-u.ac.jp/
研究分野 (2件): 薄膜、表面界面物性 ,  機能物性化学
研究キーワード (3件): 薄膜・界面 ,  材料科学 ,  固体化学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 調節パルスレーザーアニール法による高濃度不純物ドープQカーボン高温超伝導体の開発
  • 2020 - 2021 曲がる超硬炭素材料の開発
  • 2017 - 2020 高出力太陽電池を指向した、スピノーダル分解による超多層ルチル型酸化物膜の開発
  • 2014 - 2017 強相関電子物性が制御可能な光キャリア注入法の確立
  • 2011 - 2014 光キャリア注入による金属酸化物の物性制御
全件表示
論文 (162件):
  • YaJun Li, ZeXu Sun, Noriyuki Kataoka, Taro Setoguchi, Yusuke Hashimoto, Soichiro Takeuchi, Shunjo Koga, Takayuki Muro, Satoshi Demura, Kanako Noguchi, et al. Incorporation Site and Valence State of Sn Atoms in Sn-Substituted La(O,F)BiS2 Superconductor. J. Phys. Soc. Jpn. 2022. 91. 5. 054602
  • Takahiro Fukuda, Yoshito Takemoto, Takanori Wakita, Takayoshi Yokoya, Yuji Muraoka. Strain relaxation and spinodal decomposition in composition adjusted TiO2-VO2 films on TiO2(100) substrates. Thin Solid Films. 2022. 751. 139210
  • Noriyuki Kataoka, Masashi Tanaka, Wataru Hosoda, Takumi Taniguchi, Shin-ichi Fujimori, Takanori Wakita, Yuji Muraoka, Takayoshi Yokoya. Soft x-ray irradiation induced metallization of layered TiNCl. Journal of Physics: Condensed Matter. 2021. 33. 3. 035501-035501
  • Yasuhiro H. Matsuda, Daisuke Nakamura, Akihiko Ikeda, Shojiro Takeyama, Yuki Suga, Hayato Nakahara, Yuji Muraoka. Magnetic-field-induced insulator-metal transition in W-doped VO2 at 500 T. Nature Communications. 2020. 11. 1. 3591
  • Hiroki Yoshinaka, Seiko Inubushi, Takanori Wakita, Takayoshi Yokoya, Yuji Muraoka. Formation of Q-carbon by adjusting sp3 content in diamond-like carbon films and laser energy density of pulsed laser annealing. Carbon. 2020. 167. 504-511
もっと見る
MISC (53件):
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (117件):
  • ルチル型TiO2-RuO2膜におけるスピノーダル分解
    (第82回応用物理学会 秋季学術講演会 2021)
  • TiO2-RuO2エピタキシャル膜におけるスピノーダル分解
    (2021年度 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会 2021)
  • Ti0.2V0.8O2/TiO2(100)におけるスピノーダル分解
    (第68回応用物理学会 春季学術講演会 2021)
  • Characterization of sp3 content in amorphous carbon film
    (The 25th Hiroshima International Symposium on Synchrotron Radiation 2021)
  • スピノーダル分解を用いたTiO2-VO2系ナノ構造膜の形成
    (第30回日本MRS年次大会 2020)
もっと見る
Works (1件):
  • Method of prepring High temperature spin-glass and to photo-controlable spinel-type ferrito films.
    1999 -
学歴 (3件):
  • 1993 - 1996 東北大学 化学専攻
  • 1991 - 1993 東北大学 化学専攻
  • 1987 - 1991 東北大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学)
経歴 (7件):
  • 2016/04 - 現在 岡山大学 異分野基礎科学研究所 准教授
  • 2007/04 - 2016/03 岡山大学 大学院自然科学研究科 准教授
  • 2006/04 - 2007/03 岡山大学 大学院自然科学研究科 助教授
  • 2000/03 - 2006/03 東京大学物性研究所 物質設計評価施設 助手
  • 1998 - 2000 COE研究員 大阪大学産業科学研究所
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2011/04 - 現在 応用物理学会 中国四国支部 幹事
  • 2020/02 - 2023/01 応用物理学会 代議員
  • 2009/04 - 2010/03 東京大学物性研究所物質設計評価施設 外部評価委員 外部評価委員
受賞 (1件):
  • 2000 - 応用物理学会 講演奨励賞
所属学会 (3件):
応用物理学会 中国四国支部 ,  応用物理学会 ,  日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る