研究者
J-GLOBAL ID:200901062146395582   更新日: 2020年09月01日

森田 明理

モリタ アキミチ | Morita Akimichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/derma.dir/
研究分野 (2件): 皮膚科学 ,  免疫学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 皮膚老化の機序・防御
  • 新規アレルギー薬剤の開発
  • 新しい光線治療の開発
  • 強皮症の治療および機序に関する研究
  • 紫外線免疫
全件表示
論文 (204件):
  • Hiroaki Shime, Mizuyu Odanaka, Makoto Tsuiji, Takuma Matoba, Masaki Imai, Yoshiaki Yasumizu, Ryuta Uraki, Kiyoshi Minohara, Maiko Watanabe, Anthony John Bonito, et al. Proenkephalin+ regulatory T cells expanded by ultraviolet B exposure maintain skin homeostasis with a healing function. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2020
  • Maki Yoshimitsu, Motoki Nakamura, Takao Oda, Hiroshi Kato, Akimichi Morita. Surgical invasion resulted in increased programmed death ligand 1 expression in a case of multicentric Merkel cell carcinoma with six primary lesions. The Journal of dermatology. 2020
  • Masato Saito, Toshihiko Ishii, Itaru Urakawa, Asuka Matsumoto, Ayako Masaki, Asahi Ito, Shigeru Kusumoto, Susumu Suzuki, Takeshi Takahashi, Akimichi Morita, et al. Robust CD8+ T-cell proliferation and diversification after mogamulizumab in patients with adult T-cell leukemia-lymphoma. Blood advances. 2020. 4. 10. 2180-2191
  • Kyoko Ikumi, Tomohiko Kio, Kan Torii, Hideyuki Masuda, Akimichi Morita. Successful treatment of dyshidrotic palmoplantar eczema with ultraviolet A1 light-emitting diodes. The Journal of dermatology. 2020
  • Hiroshi Kato, Motoki Nakamura, Shoichi Watanabe, Takao Oda, Akimichi Morita. Combined serum carcinoembryonic antigen and cytokeratin 19 fragment levels provide a sensitive biomarker for lymph node metastasis in extramammary Paget's disease. The Journal of dermatology. 2020
もっと見る
MISC (1,341件):
  • 中村 元樹, 加納 慎二, 真柄 徹也, 加藤 裕史, 小沢 広明, 森田 明理. Endocrine Mucin-producing Sweat Gland Carcinomaの4例. 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集. 2020. 36. 6. 467-468
  • 森田 明理. 光線療法の種類と適応は? 難治性皮膚疾患に対するUVA1療法の可能性. 日本臨床皮膚科医会雑誌. 2020. 37. 2. 215-215
  • 辻 成佳, 岸本 暢将, 森田 明理, 冨田 哲也, 野口 貴明, 橋本 淳. 【強直性脊椎炎・乾癬性関節炎とその周辺疾患】SAPHO症候群の診断と治療. 関節外科. 2020. 39. 4. 387-393
  • 小林 由佳, 西田 絵美, 鳥居 寛, 松原 章宏, 村松 伸之介, 正木 彩子, 稲垣 宏, 森田 明理. ベキサロテン投与と光線療法が奏効したCD8陽性菌状息肉症の1例. 臨床皮膚科. 2020. 74. 3. 251-257
  • 小川 英作, 奥山 隆平, 益田 浩司, 加藤 則人, 立石 千晴, 鶴田 大輔, 牧野 貴充, 尹 浩信, 西田 絵美, 森田 明理. 乾癬性関節炎患者を対象としたアダリムマブの有用性 QOL評価. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 3. 399-399
もっと見る
特許 (25件):
書籍 (6件):
  • 困ったときに役立つSTEP UP乾癬診療
    メディカルレビュー社 2019 ISBN:9784779222696
  • 新しい乾癬治療の実際 : 生物学的製剤/インフリキシマブ
    メディカルレビュー社 2012 ISBN:9784779210419
  • カラー皮膚科 = Color dermatology
    医学評論社 2010 ISBN:9784872119886
  • 1冊でわかる光皮膚科 : 皮膚科医に必須のPhotodermatology
    文光堂 2008 ISBN:9784830634512
  • トランスジェニクマウス、ノックアウトマウス(共著)
    キーワードを読む 皮膚科 医学書院 1996
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1990 - 1994 名古屋市立大学 博士課程
  • 1983 - 1989 名古屋市立大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (名古屋市立大学)
経歴 (14件):
  • 2018/04 - 現在 名古屋市立大学病院 副病院長(診療・医療連携担当)
  • 2003/07 - 現在 名古屋市立大学大学院医学研究科 加齢・環境皮膚科学 教授
  • 2018/04 - 2020/03 名古屋市立大学 副理事
  • 2016/04 - 2020/03 独立行政法人日本学術振興会 学術システム研究センター 専門研究員
  • 2015/01 - 2018/03 名古屋市立大学病院 副病院長(研究担当)
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 日本光医学・光生物学会 理事長
  • 2017/12 - 現在 日本研究皮膚科学会 理事長
  • 1999 - 日本皮膚科学会東海地方会評議員 評議員
  • 日本悪性腫瘍学会 理事
受賞 (14件):
  • 2019/11 - 清寺眞記念賞
  • 2019/11 - 国際共著論論文プラス1運動表彰
  • 2019/10 - Chinese Society of Investigative Dermatology,Best Paper Award
  • 2019/04 - タイ王国タマサート大学 名誉博士号
  • 2018/03 - 愛知県医師会難病研究者表彰
全件表示
所属学会 (13件):
日本接触皮膚炎学会 ,  The Photomedicine Society ,  日独皮膚科学会 ,  日本皮膚科学会東海地方会評議員 ,  Society of Investigative Dermatology ,  日本臨床皮膚科医学会 ,  基盤的癌免疫研究会 ,  日本乾癬学会 ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本リウマチ学会 ,  日本癌学会 ,  日本免疫学会 ,  日本皮膚科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る