研究者
J-GLOBAL ID:200901063894409401   更新日: 2020年08月31日

松井 正文

マツイ マサフミ | Matsui Masafumi
所属機関・部署:
職名: 教授,教授
研究分野 (1件): 多様性生物学、分類学
研究キーワード (1件): 動物系統分類学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 東アジア・東南アジア域の爬虫両棲類学
論文 (73件):
もっと見る
MISC (24件):
  • 倉石典広, 博士後期課程修了, 教務補佐員, 松井正文. Genetic Diversity in Tree Frogs of the Polypedates leucomystax Complex from East Asia (口頭発表). International Symposium on East Asia Vertebrate Species Diversity:JSPS AA Science Platform Program Best presentation award. 2011
  • 松井正文. 講演「カスミサンショウウオの生活史」. UR 都市機構主催『京大移転地のカスミサンショウウオ保護に係るNPO との勉強会』木津川市、2011年3月25日. 2011
  • 松井正文. 講演「カエルとサンショウウオ-水辺の隣人たち」. 北九州市自然史・ 歴史博物館と九州両生爬虫類研究会共催『市民講座』北九州市、2011年2月12日. 2011
  • 松井正文. 「Ark 種選定会議」. 議長『両生類の箱舟 A-Ark 日本ワークショップ in 広島』CBSG/A-Ark 、社団法人日本動物園水族館協会. CBSG /JaPan 、広島市 動植物園・公園協会共催、広島市, 2011年1月. 2011
  • 松井正文. 講演「外来生物クライシス」. 『佐賀城お堀のハス再生プロジェクトシンポジウム基調講演』佐賀市、2010年10月30 日. 2010
もっと見る
書籍 (22件):
  • サンショウウオ・イモリ/アシナシイモリのなかま
    朝倉書店 2011 ISBN:425417764X
  • 「質問への回答」
    社団法人日本動物学会近畿支部編『生きものなんでも相談』大阪公立大学共同出版会、9 ・20 ・57・62 ・72・73・86 頁 2009
  • 外来生物クライシス
    小学館 2009 ISBN:4098250616
  • カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック
    文一総合出版 2008
  • 世界カエル図鑑300種
    ネコ・パブリッシング 2008 ISBN:4777052273
もっと見る
Works (5件):
  • Herpetological Survey in Crocker range, Sabah
    2002 -
  • タイにおける爬虫両棲類学調査
    1994 -
  • 中国四川省における爬虫両棲類学調査
    1992 -
  • サハリンにおける爬虫両棲類学調査
    1991 -
  • 台湾における爬虫両棲類学調査
    1991 -
学歴 (2件):
  • - 1974 京都大学 理学研究科 動物学
  • - 1972 信州大学 繊維学部 繊維農学
学位 (1件):
  • 理学博士 (京都大学)
委員歴 (5件):
  • 1997 - 1999 日本動物分類学会 編集委員,評議員
  • 1997 - 日本動物学会 編集幹事,評議員
  • 1994 - フランス両棲類学会(Societe Herpetologie de France) 編集幹事
  • 1992 - アジア爬虫両棲類学会(Asiatic Herpetological Society) 編集幹事
  • 1984 - 日本爬虫両棲類学会 編集幹事,会長
所属学会 (10件):
日本動物分類学会 ,  爬虫両棲類研究学会(Society fur the Study of Amphibians and Reptiles) ,  爬虫両棲類学者連盟(Herpetologists league) ,  アジア爬虫両棲類学会(Asiatic Herpetological Society) ,  イギリス爬虫両棲類学会(British Herpetological Society) ,  フランス両棲類学会(Societe Herpetologie de France) ,  ドイツ爬虫両棲類学会(Deutsche Gesellschaft f(]E88DB[)r Herpetologie) ,  アメリカ魚類・両生爬虫類学会(American Society of Ichthyologists and Herpetologists) ,  日本動物学会 ,  日本爬虫両棲類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る