研究者
J-GLOBAL ID:200901064390951112   更新日: 2021年10月25日

森岡 周

モリオカ シュウ | Morioka Shu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://msinsight.net
研究分野 (9件): 病態神経科学 ,  認知脳科学 ,  認知科学 ,  体育、身体教育学 ,  栄養学、健康科学 ,  基盤脳科学 ,  リハビリテーション科学 ,  神経科学一般 ,  生理学
研究キーワード (25件): 運動主体感 ,  身体所有感 ,  運動制御 ,  失行症 ,  神経リハビリテーション ,  脳科学 ,  リハビリテーション ,  リハビリテーション医学 ,  理学療法学 ,  運動学習 ,  理学療法 ,  コミュニケーション ,  半側空間無視 ,  失行 ,  身体性 ,  慢性疼痛 ,  脳卒中 ,  高次脳機能障害 ,  リハビリテーション科学 ,  ニューロリハビリテーション ,  神経科学 ,  Motor learning ,  Motor control ,  neurorehabilitation ,  Neurosciece
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2020 - 2024 脳卒中後失行症の病態解明とメカニズム・ベースド・リハビリテーションの確立
  • 2019 - 2023 受動型直交座標系新規3次元上肢リハビリ支援システムとその各種リハビリ手法との融合
  • 2020 - 2023 種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割の解明と患者ケアの向上を目指した複数疾患領域統合多施設共同疫学研究
  • 2017 - 2020 種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割の解明とそれによる患者ケアの向上
  • 2017 - 2020 脳卒中片麻痺上肢の運動イメージ能力を表現する定量的評価手法の 開発と臨床応用
全件表示
論文 (306件):
  • Ryota Imai, Tomohiko Nishigami, Takanari Kubo, Tomoya Ishigaki, Yuta Yonemoto, Akira Mibu, Shu Morioka, Tadashi Fujii. Using a postoperative pain trajectory to predict pain at 1 year after total knee arthroplasty. The Knee. 2021. 32. 194-200
  • Ren Fujii, Ryota Imai, Shinichiro Tanaka, Shu Morioka. Kinematic analysis of movement impaired by generalization of fear of movement-related pain in workers with low back pain. PloS one. 2021. 16. 9. e0257231
  • Yohei Okada, Hiroyuki Ohtsuka, Noriyuki Kamata, Satoshi Yamamoto, Makoto Sawada, Junji Nakamura, Masayuki Okamoto, Masaru Narita, Yasutaka Nikaido, Hideyuki Urakami, et al. Effectiveness of Long-Term Physiotherapy in Parkinson's Disease: A Systematic Review and Meta-Analysis. Journal of Parkinson's disease. 2021
  • Burcu Dilek, Michihiro Osumi, Satoshi Nobusako, Sinem Burcu Erdoğan, Shu Morioka. Effect of Painful Electrical Stimuli on Readiness Potential in the Human Brain. Clinical EEG and neuroscience. 2021. 15500594211030137-15500594211030137
  • 岡田 洋平, 大塚 裕之, 鎌田 理之, 山本 哲, 澤田 誠, 川崎 翼, 中村 潤二, 岡本 昌幸, 成田 雅, 二階堂 泰隆, et al. パーキンソン病の運動症状およびレボドパ換算量に対する長期理学療法の効果 メタアナリシス. パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集. 2021. 15回. 77-77
もっと見る
MISC (153件):
  • 田中陽一, 田中陽一, 重藤隼人, 佐藤剛介, 藤井廉, 今井亮太, 大住倫弘, 森岡周, 森岡周. 疼痛律動性と身体活動量の関係に着目した患者教育の効果:症例報告. Pain Rehabilitation. 2021. 11. 2
  • 藤井廉, 今井亮太, 重藤隼人, 田中慎一郎, 森岡周, 森岡周. 腰痛有訴者における作業関連動作時の体幹運動制御障害に関連する要因分析. Pain Rehabilitation. 2021. 11. 2
  • MISCには主に総説論文を掲載しています. 2020
  • 大住 倫弘, 森岡 周. 【慢性疼痛と理学療法】慢性疼痛の脳科学的理解のポイント. 理学療法. 2020. 37. 5. 404-411
  • 平田 幸一, 鈴木 圭輔, 春山 康夫, 小橋 元, 佐伯 吉規, 細井 昌子, 福土 審, 柳原 万理子, 井上 雄一, 西原 真理, et al. 種々の症状を呈する難治性疾患における中枢神経感作の役割の解明とそれによる患者ケアの向上. 神経治療学. 2020. 37. 2. 166-179
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (44件):
  • 脳とこころから考えるペインリハビリテーション : ひとをみるという志向性
    杏林書院 2020 ISBN:9784764400740
  • 高次脳機能の神経科学とニューロリハビリテーション
    協同医書出版社 2020 ISBN:9784763910899
  • 脳卒中理学療法の理論と技術第3版
    2019
  • 身体認知 = Body cognition
    東京大学出版会 2018 ISBN:9784130644020
  • 標準理学療法学・神経理学療法学第2版
    2018
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2004 高知医科大学大学院 神経科学専攻 (特例早期修了)
  • - 2001 高知大学大学院 教科教育専攻 (修了)
  • - 1997 佛教大学 社会福祉学科 (卒業)
  • - 1992 高知医療学院
学位 (2件):
  • 博士(医学) (高知医科大学)
  • 修士(教育学) (高知大学)
経歴 (13件):
  • 2016/03 - 現在 聖路加国際大学大学院 非常勤講師
  • 2014/04 - 現在 東京都立大学大学院 人間健康科学研究科 客員教授
  • 2013/04 - 現在 畿央大学ニューロリハビリテーション研究センター センター長・教授
  • 2007/04 - 現在 畿央大学 健康科学部理学療法学科 教授
  • 2007/04 - 現在 畿央大学大学院 健康科学研究科 主任・教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019 - 現在 日本神経理学療法学会 副代表運営幹事
  • 2018 - 現在 日本ニューロリハビリテーション学会 評議員
  • 2011 - 現在 公益社団法人日本理学療法士協会 学術雑誌「理学療法学」 査読委員
  • - 現在 一般社団法人日本運動器疼痛学会 代議員
  • - 現在 一般社団法人ペインリハビリテーション学会 副理事長
全件表示
受賞 (28件):
  • 2021 - 第25回日本ペインリハビリテーション学会学術大会優秀賞
  • 2021 - 第25回日本ペインリハビリテーション学会学術大会最優秀賞
  • 2020/11 - 第 18 回日本神経理学療法学会学術集会・奨励賞
  • 2020/11 - 第 18 回日本神経理学療法学会学術集会・優秀賞
  • 2018/11 - 第52回日本理学療法学術大会最優秀賞
全件表示
所属学会 (10件):
北米神経科学会 ,  日本神経心理学会 ,  日本高次脳機能障害学会 ,  日本運動器疼痛学会 ,  日本ペインリハビリテーション学会 ,  日本疼痛学会 ,  認知神経リハビリテーション学会 ,  日本基礎理学療法学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本神経理学療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る