研究者
J-GLOBAL ID:200901065284413191   更新日: 2020年09月01日

安齋 寛

アンザイ ヒロシ | Anzai Hirosi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (9件): 機能生物化学 ,  構造生物化学 ,  応用微生物学 ,  生態学、環境学 ,  水圏生命科学 ,  生物分子化学 ,  森林科学 ,  生物有機化学 ,  応用生物化学
研究キーワード (18件): 腸内細菌叢 ,  幼虫 ,  カブトムシ ,  多糖 ,  生理活性物質 ,  海藻 ,  菌体外多糖 ,  微生物 ,  昆虫 ,  無脊椎動物 ,  多糖消化酵素 ,  植物細胞壁多糖類 ,  共生微生物 ,  森林性甲虫 ,  バイオマス ,  バイオリファイナリー ,  アジア型 ,  糖質生化学
論文 (80件):
  • Daisuke SUMIYAMA, Ayako SHIMIZU, Tomoko KANAZAWA, Hiroshi ANZAI, Koichi MURATA. Prevalence of Salmonella in green anoles (Anolis Carolinensis), an invasive alien species in Naha and Tomishiro Cities, Okinawa Main Island, Japan. Journal of Veterinary Medical Science. 2020. 82. 5. 678-680
  • Noriko WADA, Noriyuki IWABUCHI, Michio SUNAIRI, Mutsuyasu NAKAJIMA, Ryûtarô IWATA, Hirosi ANZAI. Site-specific profiles of biochemical properties in the larvaldigestive tract of Japanese rhinoceros beetle, Trypoxylusdichotomus (Coleoptera: Scarabaeidae). Entomological Science. 2020. 23. 33-43
  • Tatsuya Mishima, Noriko Wada, Ryûtarô Iwata, Hirosi Anzai, Tadatsugu Hosoya, Kunio Araya. Super-protective child-rearing by japanese bess beetles, cylindrocaulus patalis: Adults provide their larvae with chewed and predigested wood. Insects. 2016. 7. 2. 18-29
  • Noriko Wada, Michio Sunairi, Hirosi Anzai, Ryûtarô Iwata, Akiomi Yamane, Mutsuyasu Nakajima. Glycolytic activities in the larval digestive tract of Trypoxylus dichotomus (Coleoptera: Scarabaeidae). Insects. 2014. 5. 2. 351-363
  • Hirokazu Ogihara, Fumiko Endou, Soichi Furukawa, Hiroshi Matsufuji, Kouichi Suzuki, Hiroshi Anzai. Antimicrobial activity of the carnivorous plant dionaea muscipula against food-Related pathogenic and putrefactive bacteria. Biocontrol Science. 2013. 18. 3. 151-155
もっと見る
MISC (1件):
  • 古川壮一, 松藤 寛, 安齋 寛, 荻原博和, 森永 康. 食品関連微生物によるバイオフィルム形成とその制御. 食品加工技術: 日本食品機械研究会誌. 2013. 33. 4. 33-39
特許 (3件):
書籍 (2件):
  • 新バイオテクノロジーテキストシリーズ遺伝子工学[第2版]
    講談社 2013 ISBN:9784061563544
  • 水産食品栄養学-基礎からヒトへ-
    技報堂出版 2004 ISBN:4765502406
講演・口頭発表等 (59件):
  • 飼育下バンドウイルカ(Tursiops truncatus)の肺胞内細菌叢解析
    (令和2年度日本水産学会春季大会 2020)
  • カブトムシ幼虫のリグニン分解能力について
    (第64回日本応用動物昆虫学会大会 2020)
  • 栄養生理から見たアロウミツノクロツヤムシ Ceracupes arrowiの養育行動の意義
    (日本甲虫学会第10回大会 2019)
  • Changes in Skin Mucus Protein Profile and Immune-Related Gene Expression in Skin of Japanese Flounder Paralichthys Olivaceus Fed a Diet Supplemented with High Concentrations of Ascorbic Acid
    (8th International Symposium on Aquatic Animal Health 2018)
  • 高濃度アスコルビン酸投与がヒラメ皮膚組織における生体防御因子の発現に及ぼす影響
    (平成30年度日本魚病学会春季大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 東北大学 農芸化学
  • - 1978 日本大学 水産学科
学位 (2件):
  • 農学博士 (東北大学)
  • Ph.D, Agriculture (Tohoku University)
経歴 (9件):
  • 2015/04/01 - 2019/03/31 日本大学生物資源科学部 主任教授
  • 2015/04/01 - 日本大学大学院生物 教授
  • 2015/04/01 - 日本大学生物資源科学部 教授
  • 2004/04/01 - 2015/03/31 日本大学短期大学部 教授
  • 2000/04/01 - 2015/03/31 日本大学大学院 兼任講師
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2019/06/16 - NPO法人 日本バイオ技術教育学会 理事長
  • 2018/04/01 - 2019/06/15 NPO法人 日本バイオ技術教育学会 副理事長
  • 2016/07/01 - 2018/06/30 茅ヶ崎市 茅ヶ崎市廃棄物減量等推進審議会委員・会長
  • 2015/04/01 - 2017/03/26 日本応用動物昆虫学会 評議員
  • 2012/11/01 - 藤沢市 藤沢市環境審議会委員
全件表示
所属学会 (17件):
日本昆虫学会 ,  日本微生物生態学会 ,  日本応用動物昆虫学会 ,  日本環境動物昆虫学会 ,  日本バイオ技術教育学会 ,  セルロース学会 ,  生物資源科学研究会 ,  日本応用糖質科学会 ,  日本生物教育学会 ,  日本水産増殖学会 ,  マリンバイオテクノロジー学会 ,  FCCA(Forum:Carbohydrates Coming of Age) ,  日本糖質学会 ,  日本生化学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る