研究者
J-GLOBAL ID:200901065287782996   更新日: 2021年04月09日

松岡 由貴

マツオカ ユキ | Matsuoka Yuki
所属機関・部署:
職名: 准教授,学長調査戦略室 副室長
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (12件): 中性子回折 ,  結晶成長 ,  ESR年代測定 ,  形状記憶合金 ,  磁気構造相転移 ,  マルテンサイト変態 ,  Neutron diffraction ,  crystal growth ,  ESR dosimetry ,  Shape-memory alloy ,  Magnetic phase transition ,  Martensitic transformation
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 貴金属マルテンサイト合金の相安定性
  • 2016 - Study of the phase stability of noble metal martensitic alloy
  • 2005 - Magnetic and crystal phase transition of Mn-Rh alloy
  • 2003 - ムギネ酸が土壌鉱物に及ぼす影響
  • 2003 - Research of the effect of Mugineic acid on Soil
全件表示
論文 (17件):
MISC (8件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 甘葛煎再現プロジェクト
    かもがわ出版 2018 ISBN:9784780309577
  • 女性研究者と科学技術の未来
    財団法人国際高等研究所 2011
講演・口頭発表等 (30件):
  • Au基、Ag基マルテンサイト合金の不安定化に関する研究
    (生体医歯工学共同研究拠点 令和2年度成果報告会 2021)
  • 変態点を決めるのは外場か形状か ー貴金属マルテンサイト合金を例にー
    (第3回ASMA webセミナー 2020)
  • Au基およびAg基マルテンサイト合金の不安定化に関する研究
    (令和元年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2020)
  • Composition dependence of the instability of the stress-induced martensite phase in Au-based alloy
    (The 4th International Symposium on Biomedical Engineering 2019)
  • Physics of alcohol and Bizen-pottery
    (Compound Semiconductor Week 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1998 東北大学 物理学専攻
  • - 1998 東北大学
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東北大学)
  • 修士(理学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 2015/01 - 現在 奈良女子大学 研究院 自然科学系 准教授
  • 2015/01 - 2021/03 奈良女子大学 学長調査戦略室 副室長
  • 2009/04 - 2014/12 奈良女子大学 理学部 助教
  • 2000/04 - 2009/03 奈良女子大学 理学部 物理科学科 助手
  • 1998/05 - 2000/03 日本原子力研究所 博士研究員
委員歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 日本金属学会 第1分科委員
  • 2014/04 - 現在 日本金属学会 企業説明会 委員
  • 2007/04 - 現在 日本金属学会 日本鉄鋼協会・日本金属学会男女共同参画委員会
  • 2015/04 - 2021/03 日本金属学会 人材育成委員会
  • 2004/04 - 2019/03 日本金属学会 分科会 第0分科委員
所属学会 (5件):
日本学術会議 ,  日本金属学会 ,  日本物理学会 ,  ESR応用計測研究会 ,  日本中性子科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る