研究者
J-GLOBAL ID:200901065563670730   更新日: 2020年05月28日

高橋 郁夫

タカハシ イクオ | Ikuo Takahashi
所属機関・部署:
職名: 常任理事
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 志木高等学校  校長
  • Keio Shiki Senior High School  Principal
ホームページURL (2件): http://news.fbc.keio.ac.jp/~takahasi/http://news.fbc.keio.ac.jp/~takahasi/
研究分野 (1件): 商学
研究キーワード (5件): 買物行動 ,  消費者購買行動 ,  消費者調査 ,  小売マーケティング ,  マーケティング
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2017 - 2020 少子高齢化時代における日本の流通システム-効果効率的価値共創に向けた基礎研究-
  • 2009 - 2012 消費生活を豊かにし、地域と国際社会に貢献する小売マーケティングのあり方を探る
論文 (61件):
  • TAKAHASHI IKUO. “Satisfaction Trust and Loyalty of Repeat Online Consumer within the Japanese Online Supermarket Trade,” (with Emi Moriuchi). Australasian Marketing Journal (AMJ). 2016. 24. 2
  • TAKAHASHI IKUO. “Developing and Validating a Scale of Consumer Brand Embarrassment Tendencies,” (with Gianfranco Walsha, Arne K. Albrechta, Charles F. Hofackerb, Ian Grantc). Journal of Business Research. 2016. 69. 3
  • TAKAHASHI IKUO. “Determinants of Japanese Household Expenditure on Consumer Goods Specialty Retailers: 1991-2014,” (with Charles Ingene). Proceedings of 2016 Global Marketing Conference in Hong Kong. 2016
  • 髙橋 郁夫. 「イノベーターとしてのネットスーパー-業態ロイヤルユーザーの分析から見た特徴と課題-」. 『マーケティングジャーナル』. 2016. 36. 2
  • 髙橋 郁夫. 「ショッピングモールの三つの壁. 『三田評論』. 2015
もっと見る
MISC (5件):
  • 髙橋 郁夫. 「流通システムの構造変化と地方自治体. 『日経広告研究所法』. 2016. 287
  • 髙橋 郁夫. 「マーケティング視点より高速道路事業の現状と顧客価値提供の在り方を考える」. 『高速道路と自動車』. 2015. 58. 5
  • 髙橋 郁夫. 「大学で学ぶビジネス-マーケティングのエキスパートを目指して」. 『ことばと文化』. 2014. 18
  • 髙橋 郁夫. 「消費者行動と広告-マーケティング理論の変遷をふまえて」. 日経広告研究所編『平成19年版広告に携わる人の総合講座』. 2007
  • 髙橋 郁夫. 『朝日現代用語 知恵蔵』2004年~2006年版. 2004
書籍 (8件):
  • 消費者購買行動-小売マーケティングへの写像(三訂版)
    2008 ISBN:9784805109144
  • 消費者購買行動-小売マーケティングへの写像(増補版)
    千倉書房 2004 ISBN:480510838X
  • Public Concerns, Environmental Standards and Agricultural Trade,
    CABI Publishing 2002
  • 歴史と建築のあいだ
    古今書院 2000
  • 消費者購買行動-小売マーケティングへの写像
    千倉書房 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (18件):
  • Consumer Categorization and Choice of Fast-food Brands: A Cross-Cultural Coparison
    (Eighth Cross Cultural Research Conference, Sponsored by the Association for Consumer Research and the American Psychological Association (Turtle Bay, Kahuku, Oahu, Hawaii, US) 2001)
  • Testing the Link Between the Brisoux-Laroche Model and the Laroche Competitive Vulnerability Model
    (Forth Annual Retail Strategy and Consumer Decision Research Seminar, the Annual Meeting of the Society for Marketing Advances (New Orleans, LA, US) 2001)
  • 消費と流通のインターフェイス
    (日本消費者行動研究学会 第21回消費者行動研究コンファレンス(於:専修大学生田校舎) 2000)
  • 消費者行動研究-その多様性を問う-
    (日本消費者行動研究学会 第20回消費者行動研究コンファレンス (於:琉球大学) 2000)
  • Consumer Satisfaction Processes in Shopping Behavior
    (The Academy of Marketing Science, Annuarl Conference (Biltmore Hotel, Frorida, USA) 1999)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1986 - 慶應義塾
  • 1983 - 慶應義塾
  • 1981 - 慶應義塾
学位 (4件):
  • 博士(商学) (慶應義塾)
  • 商学修士 (慶應義塾)
  • Ph.D. (Keio University)
  • M.A. (Keio University)
経歴 (16件):
  • 2003/04 - 現在 東洋大学大学院および経営学部、非常勤講師
  • 2001/10 - 現在 大学商学部長補佐
  • 1998/04 - 現在 大学教授(商学部)
  • 1998/04 - 現在 大学院商学研究科委員
  • 2004/04 - 2012/09 早稲田大学大学院商学研究科、非常勤講師
全件表示
委員歴 (14件):
  • 2015/09/01 - 現在 日本卸売学会 副会長(2015-)
  • 2015/09/01 - 現在 日本卸売学会 副会長(2015-)
  • 1994 - 現在 消費生活アドバイザー資格 試験技能審査委員
  • 1994 - 現在 消費生活アドバイザー資格 試験技能審査委員
  • 1992/06 - 現在 日本消費者行動研究学会 会長(2011-2012)
全件表示
受賞 (5件):
  • 2008 - GAMMA Best of the Best Paper Award : Global Marketing Conference at Shanghai “Structural Determinants of Retail Market Potential in Japan, 2002,”
  • 2000/11/09 - 慶應義塾 慶應義塾賞
  • 2000/11/09 - 慶応義塾賞
  • 2000/05/20 - 日本商業学会 日本商業学会賞(奨励賞)
  • 2000/05/20 - 日本商業学会 日本商業学会賞(奨励賞)
所属学会 (6件):
Society for Marketing Advances ,  The Accademy of Marketing Science ,  サービス学会 ,  日本卸売学会 ,  日本消費者行動研究学会 ,  日本商業学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る