研究者
J-GLOBAL ID:200901066303416713   更新日: 2020年08月28日

安井 治之

ヤスイ ハルユキ | Yasui Haruyuki
所属機関・部署:
職名: 専門研究員
研究分野 (1件): 薄膜、表面界面物性
研究キーワード (4件): イオン注入技術 ,  金属材料 ,  表面改質 ,  材料力学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2008 - 2011 環境に優しい産業機械部品化のための高密度ナノ炭素膜の開発
  • 2007 - 2008 高硬度ナノ炭素膜中の水素含有量を制御した長寿命切削工具の開発
  • 2006 - 2007 新規ナノ炭素硬質膜の適用可能性調査
  • 2005 - 2007 高度表面処理による絞り金型への適用研究(鉄系材料に有効なBN膜を高密着でかつ高硬度に絞り金型へコーティングする技術を開発する。本研究では、結晶構造の異なるBNを多層構造にすることにより、高硬度なcBN微結晶を層間に埋め込み、絞り加工に耐えるハイブリッドBN膜を金型表面に形成する技術を開発する。
  • ハイブリッドナノダイヤモンド(HND)膜の開発とその成膜プロセスの確立 (ダイヤモンドライクカーボン(DLC)と微粒のダイヤモンド(ナノダイヤモンド)を複合・多層化することにより、表面平滑性、高硬度、低摩擦係数、高密着性、低温処理などの特性・機能を備えた超硬質多層のハイブリッドナノダイヤモンド(HND)膜を開発するとともに、その成膜プロセスを確立することを目的としている)
全件表示
MISC (8件):
Works (2件):
  • (独)科学技術振興機構 研究成果活用プラザ石川・育成研究事業「ハイブリッドナノダイヤモンド(HND)膜の開発とその成膜プロセスの確立」
  • NEDO地域コンソーシアム研究開発事業「ハイブリッド型パルス・プラズマ・コーティング(HPPC)システムの開発」
学歴 (1件):
  • - 2003 金沢大学 機能開発科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (金沢大学)
委員歴 (5件):
  • SMMIB2009国際会議 実行委員
  • ISSP2011国際会議 実行委員
  • ISSP2013国際会議 実行委員
  • 表面技術協会 評議員
  • 表面技術協会 中部支部幹事
受賞 (1件):
  • 2011/09 - 財団法人中部科学技術センター 中部科学技術センター会長賞 膜中の水素含有量測定により可能とした水素フリーDLC膜の開発
所属学会 (2件):
ニューダイヤモンドフォーラム ,  表面技術協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る