研究者
J-GLOBAL ID:200901066540213169   更新日: 2021年07月07日

定方 哲史

サダカタ テツシ | Tetsushi Sadakata
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://asrldu.dept.med.gunma-u.ac.jp/tsadakata/tetsushi_sadakata.html
研究分野 (3件): 神経科学一般 ,  実験動物学 ,  薬理学
研究キーワード (6件): 神経 ,  自閉症 ,  ミクログリア ,  薬理学 ,  輸送 ,  分泌
競争的資金等の研究課題 (35件):
  • 2021 - 2023 iPS細胞を用いた大脳白質梗塞の治療戦略構築のための基盤研究
  • 2019 - 2023 神経細胞におけるクラスII ARFの膜輸送機構の解明
  • 2020 - 2021 母乳の特定因子が子の脳に与える影響について
  • 2020 - 2021 クラスII ARFタンパク質によるエンドソームの形質膜融合メカニズムの解明
  • 2019 - 2020 本態性振戦の原因となる小脳の機能異常の解明
全件表示
論文 (45件):
  • Teiichi Furuichi, Yuko Muto, Tetsushi Sadakata, Yumi Sato, Kanehiro Hayashi, Yoko Shiraishi-Yamaguchi, Yo Shinoda. The physiological role of Homer2a and its novel short isoform, Homer2e, in NMDA receptor-mediated apoptosis in cerebellar granule cells. Molecular Brain. 2021
  • Chiaki Ishii, Natsumi Shibano, Mio Yamazaki, Tomoki Arima, Yuna Kato, Yuki Ishii, Yo Shinoda, Yugo Fukazawa, Tetsushi Sadakata, Yoshitake Sano, et al. CAPS1 is involved in hippocampal synaptic plasticity and hippocampus-associated learning. Scientific Reports. 2021
  • Shuhei Fujima, Ryosuke Yamaga, Haruka Minami, Shota Mizuno, Yo Shinoda, Tetsushi Sadakata, Manabu Abe, Kenji Sakimura, Yoshitake Sano, Teiichi Furuichi. CAPS2 deficiency impairs the release of the social peptide, oxytocin, as well as oxytocin-associated social behavior. Journal of Neuroscience. 2021
  • Hisako Sugimoto, Takuro Horii, Jun-Na Hirota, Yoshitake Sano, Yo Shinoda, Ayumu Konno, Hirokazu Hirai, Yasuki Ishizaki, Hajime Hirase, Izuho Hatada, et al. The Ser19Stop single nucleotide polymorphism (SNP) of human PHYHIPL affects the cerebellum in mice. Molecular Brain. 2021. 14. 1. 1-9
  • Hiroyuki Yajima, Izuki Amano, Sumiyasu Ishii, Tetsushi Sadakata, Wataru Miyazaki, Yusuke Takatsuru, Noriyuki Koibuchi. Absence of thyroid hormone induced delayed dendritic arborization in mouse primary hippocampal neurons through insufficient expression of brain-derived neurotrophic factor. Frontiers in Endocrinology. 2021. 12. 1-13
もっと見る
MISC (31件):
  • 定方哲史. Nav1.6の軸索起始部への輸送異常と本態性振戦. Clinical Neuroscience. 2021. 39. 8
  • 定方哲史. 高齢者の体が震える原因とは? ~本態性振戦発症メカニズムの解明~. academist Journal. 2019. 6/24
  • 細井 延武, 柴崎 貢志, 今野 歩, 村松 慎一, 石崎 泰樹, 平井 宏和, 古市 貞一, 定方 哲史. モデルマウスを用いた本態性振戦発症機序の解明. The Kitakanto Medical Journal. 2018. 68. 3. 211-211
  • 定方哲史. 自閉症関連遺伝子CAPS2の解析. 生化学. 2016. 88. 4. 501-505
  • Chiaki Ishii, Yo Shinoda, Tetsushi Sadakata, Teiichi Furuichi. Synaptic transmission in hippocampus of CAPS1 conditional KO mice. JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES. 2013. 63. S184-S184
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (3件):
  • 自閉症支援のすべて
    日本文化科学社 2011
  • 発達障害白書 2009年版
    日本文化科学社 2009
  • 分子・細胞・シナプスからみる脳(シリーズ脳科学5)
    東京大学出版会 2008
Works (2件):
  • academist Journal
    定方 哲史 2019 -
  • 脳科学辞典
    定方 哲史
学歴 (3件):
  • 2000 - 2004 東京大学 博士課程
  • 1998 - 2000 大阪大学 修士課程
  • 1994 - 1998 東北大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2018/12 - 現在 群馬大学 大学院医学系研究科 教育研究支援センター 准教授(独立)
  • 2018/04 - 2018/11 群馬大学 大学院医学系研究科 教育研究支援センター 講師(独立)
  • 2015/04 - 2018/03 群馬大学 テニュアトラック普及推進室 講師(独立)
  • 2011/03 - 2015/03 群馬大学 先端科学研究指導者育成ユニット 助教(テニュアトラック)
  • 2010/04 - 2011/02 理化学研究所 脳科学総合研究センター 分子神経形成研究チーム 研究員
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2019/08 - 現在 群馬大学入学試験採点委員会委員
  • 2019/08 - 現在 Frontiers in Molecular Neuroscience誌 Editorial Board Member
  • 2019/04 - 現在 日本神経化学会 ダイバーシティ推薦委員会委員
  • 2019/04 - 現在 群馬大学入学試験専門委員会委員
  • 2018/04 - 現在 群馬大学大学院医学系研究科 生命医科学専攻教務委員会委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2012 - 北関東医学会 優秀発表賞
  • 2009 - 日本神経科学学会 奨励賞
  • 2009 - 日本神経内分泌学会 若手研究奨励賞
  • 2007 - 日本神経化学会 奨励賞
所属学会 (6件):
Society for Neuroscience ,  日本生化学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会 ,  北関東医学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る