研究者
J-GLOBAL ID:200901066705566975   更新日: 2020年09月01日

平井 啓

Kei Hirai
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
  • 大阪大学  コミュニケーションデザイン・センター   兼任教員
  • 大阪大学  大学院医学系研究科   准教授(兼任)
  • 大阪大学  大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学・千葉大学・福井大学連合小児発達学研究科   兼任教員
  • 大阪大学  大学院人間科学研究科   准教授(兼任)
ホームページURL (1件): https://nrid.nii.ac.jp/nrid/1000070294014/
研究分野 (7件): 統計科学 ,  臨床心理学 ,  社会心理学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (28件): 難病患者 ,  自己効力感 ,  がん患者 ,  ストレスマネジメント教育 ,  教育技法 ,  認知のズレ ,  健康促進行動 ,  高齢者 ,  身体活動量 ,  乳癌 ,  肺癌 ,  末期がん患者 ,  肺がん患者 ,  生存期間 ,  問題解決 ,  身体活動 ,  不安 ,  抑うつ ,  心理的適応 ,  セルフ・エフィカシー ,  QOL ,  精神科 ,  ストレス ,  カウンセリング ,  メンタルヘルス ,  行動学 ,  受療行動 ,  認知行動療法
論文 (239件):
  • Morita T, Hirai K, Okazaki Y. Preferences for palliative sedation therapy in the Japanese general population. Journal of palliative medicine. 2020. 5. 375-385
  • 川崎 優子, 内布 敦子, 木澤 義之, 平井 啓, 新居 学. がん患者の意思決定支援における医療従事者の臨床判断構造. Palliative Care Research. 2019. 14. Suppl. S358-S358
  • Matsui Tomoko, Hirai Kei, Kinoshita Hiroya. Factors contributing to the use of psychosocial support services among cancer outpatients in Japan: A qualitative study on help-seeking behavior. Journal of Health Psychology Research. 2019. 31. 2. 123-142
  • Matsui\, T, Hirai\, K, Gondo\, Y, Sato\, S. Characteristics of stages of help-seeking behavior to psychosocial support services among Japanese cancer patients. 7th Asian Congress of Health Psychology International Conference. 2019
  • Matsui\, T, Hirai\, K, Gondo\, Y, Sato\, S. Understanding the use of psychosocial support services among cancer patients. 33rd Annual Conference of the European Health Psychology Society. 2019
もっと見る
MISC (7件):
  • 伊藤 直, 平井 啓, 塩崎 麻里子, 本岡 寛子, 和田 奈緒子, 吉崎 亜里香. がん患者の心配による支障度評価尺度の開発. 日本行動療法学会大会発表論文集. 2010. 36回. 286-287
  • 藤森 麻衣子, 堂谷 知香子, 尾形 明子, 平井 啓, 鈴木 伸一. SY-9 がん医療における認知行動療法の実践(自主シンポジウム9,サイコセラピーの融合とより良き社会的貢献を目指して). 日本行動療法学会大会発表論文集. 2008. 34. 102-103
  • 平井 啓, 塩崎 麻里子, 本岡 寛子, 伊藤 直, 和田 奈緒子, 吉崎 亜里香. 不安と心配の識別は可能か? がん患者の心配評価尺度作成. 日本行動療法学会大会発表論文集. 2008. 34回. 134-135
  • 本岡 寛子, 平井 啓, 塩崎 麻里子, 伊藤 直, 和田 奈緒子. 大学生を対象とした問題解決療法の指導マニュアルの検討. 日本行動療法学会大会発表論文集. 2008. 34回. 144-145
  • 平井 啓, 岩満 優美, 永岑 光恵, 平井 啓, 塩崎 麻里子, 津田 彰. サイコオンコロジー (4):-がん患者のストレスと感情-. 日心大会論文集. 2007. 71. 0. WS106-WS106
もっと見る
書籍 (41件):
  • 第10章死と病:「シリーズ人間科学5 病む」
    大阪大学出版会 2020
  • ワークシートで学ぶ問題解決療法
    ちとせプレス 2020
  • 心理学研究法
    ミネルヴァ書房 2020
  • 行動経済学の医療安全への応用(第1回)患者と医療者は見ている景色が違う:Risk Management Times
    SOMPOリスクマネジメント株式会社 2019
  • 行動経済学から学ぶ患者さんの意思決定と行動変容:ISHIDO
    ノバルティス ファーマ 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (421件):
  • 産業医科大学 治療と職業生活の両立支援
    (産業医科大学 治療と職業生活の両立支援 講演 2020)
  • 江之子島病診連携セミナー2020.1.30
    (江之子島病診連携セミナー 2020)
  • 日本科学未来館AMRトーク_2020.2.8.
    (日本科学未来館AMRトーク 2020)
  • 産業医科大学 治療と職業生活の両立支援 講演 2020.2.1
    (産業医科大学 治療と職業生活の両立支援 講演 2020)
  • 成人期における生活・業務の認知行動特性尺度の開発
    (日本波立心理学会第31回大会 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 1997 大阪大学大学院 人間科学研究科博士後期課程 行動学専攻
  • 1995 - 1997 大阪大学大学院 人間科学部人間科学研究科博士前期課程 行動学専攻
  • 1991 - 1995 大阪大学 人間科学部
学位 (1件):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
経歴 (35件):
  • 2017/08 - 現在 大阪大学 准教授 部門長
  • 2017/04 - 現在 大阪大学大学院 准教授
  • 2017/01 - 現在 大阪大学大学院 准教授
  • 2016/08 - 現在 大阪大学大学院 兼任教員
  • 2011/05 - 現在 大阪大学 兼任教員
全件表示
委員歴 (28件):
  • 2020 - 現在 日本サイコオンコロジー学会 理事
  • 2012 - 現在 日本緩和医療学会 小児緩和ケアWPG員
  • 2012 - 現在 日本行動医学会 理事
  • 2012 - 現在 健康心理学会 研究推進委員・広報委員・ニューズレター編集委員
  • 2011 - 現在 日本サイコオンコロジー学会 理事・広報・普及啓発委員会委員長
全件表示
受賞 (4件):
  • 2017/11 - 日本サイコオンコロジー学会 奨励賞
  • 2013/08 - 大阪大学 総長奨励賞
  • 2012/09 - 日本健康心理学会 実践活動奨励賞
  • 2004/07 - 第9回日本緩和医療学会総会 最優秀演題賞
所属学会 (8件):
行動経済学会 ,  日本認知療法学会 ,  日本行動療法学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本サイコオンコロジー学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る