研究者
J-GLOBAL ID:200901067804040620   更新日: 2021年09月14日

岡内 辰夫

オカウチ タツオ | Okauchi Tatsuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.che.kyutech.ac.jp/chem02/chem02.okauchi.html
研究分野 (2件): 構造有機化学、物理有機化学 ,  生物有機化学
研究キーワード (1件): 有機合成化学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2016 - 2019 ジエン-鉄錯体からジアシル鉄錯体の合成とその反応開発
  • 2015 - 2016 大気安定な新規n型有機半導体材料となるジシアノインデノインデン誘導体の開発
  • 2013 - 2016 ジエン-鉄錯体からビニルケテン-鉄錯体の合成とその反応の研究
  • 2013 - 2013 溶液プロセスによる有機CMOS回路を目指した大気安定なn型有機半導体化合物の開発
  • 2005 - 2007 ジエン鉄錯体とアリル鉄錯体間の相互変換を利用した有機合成反応の開発
全件表示
論文 (121件):
もっと見る
MISC (152件):
  • 岡内辰夫, 北村充. 高校生のためのクロスカップリング実験(共著). 化学と教育. 2019. 67. 3. 130-133
  • Dina I. A. Othman, Kota Otsuka, Shuhei Takahashi, Khalid B. Selim, Magda A. El-Sayed, Atif S. Tantawy, Tatsuo Okauchi, Mitsuru Kitamura. Total Synthesis of Eleuthoside A; Application of Rh-Catalyzed Intramolecular Cyclization of Diazonaphthoquinone. Synlett. 2018. 29. 4. 457-462
  • Dina I. A. Othman, Kota Otsuka, Shuhei Takahashi, Khalid B. Selim, Magda A. El-Sayed, Atif S. Tantawy, Tatsuo Okauchi, Mitsuru Kitamura. Total Synthesis of Eleuthoside A; Application of Rh-Catalyzed Intramolecular Cyclization of Diazonaphthoquinone. Synlett. 2018. 29. 4. 457-462
  • Mitsuru Kitamura, Kota Otsuka, Shuhei Takahashi, Tatsuo Okauchi. Synthesis of 1,2-naphthalenediol derivatives by Rh-catalyzed intermolecular O-H insertion reaction of 1,2-diazonaphthoquinones with water and alcohols. TETRAHEDRON LETTERS. 2017. 58. 36. 3508-3511
  • Mitsuru Kitamura, Kota Otsuka, Shuhei Takahashi, Tatsuo Okauchi. Synthesis of 1,2-naphthalenediol derivatives by Rh-catalyzed intermolecular O-H insertion reaction of 1,2-diazonaphthoquinones with water and alcohols. TETRAHEDRON LETTERS. 2017. 58. 36. 3508-3511
もっと見る
書籍 (3件):
  • Comprehensive Organic Functional Group Transformations II
    Elsevier 2004
  • Comprehensive Organic Functional Group Transformations II
    Elsevier 2004
  • Comprehensive Organic Functional Group Transformations II
    Elsevier 2004
講演・口頭発表等 (148件):
  • Plasmalogenの合成
    (第58回化学関連支部合同九州大会 2021)
  • コシノスタチンCDEFG環の合成と異性化についての研究
    (第58回化学関連支部合同九州大会 2021)
  • ジアゾキノンを用いtaスピロオルソチオ炭酸エステル合成法の開発
    (第58回化学関連支部合同九州大会 2021)
  • アジドイミダゾリウム塩を用いた第一級アミンのアジド化
    (第58回化学関連支部合同九州大会 2021)
  • ビニルケテンイミン鉄錯体を用いた新規合成反応の開発
    (第58回化学関連支部合同九州大会 2021)
もっと見る
Works (8件):
  • ジエン-鉄錯体からジアシル鉄錯体の合成とその反応開発
    2016 - 2019
  • 大気安定な新規n型有機半導体材料となるジシアノインデノインデン誘導体の開発
    2015 - 2016
  • ジエン-鉄錯体からビニルケテン-鉄錯体の合成とその反応の研究
    2013 - 2016
  • 溶液プロセスによる有機CMOS回路を目指した大気安定なn型有機半導体化合物の開発
    2013 -
  • ジエン鉄錯体とアリル鉄錯体間の相互変換を利用した有機合成反応の開発
    2005 - 2007
もっと見る
学歴 (7件):
  • - 1992 東京大学 化学
  • - 1992 東京大学 化学
  • - 1992 東京大学 化学
  • - 1992 東京大学 化学
  • - 1987 東京大学 化学
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東京大学)
  • Doctor of Science (The University of Tokyo)
経歴 (3件):
  • 2008/04/01 - 現在 九州工業大学 大学院工学研究院 物質工学研究系 准教授
  • 2008 - 九州工業大学大学院工学研究院物質工学研究系 准教授
  • 2008 - Associate Professor,Department of Materials Science,Faculty of Engineering,Kyushu Institute of Technology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る