研究者
J-GLOBAL ID:200901068495808167   更新日: 2020年10月19日

小川 匡之

オガワ タダシ | Ogawa Tadashi
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (1件): http://www.aichi-med-u.ac.jp/su06/su0607/su060702/09.html
研究分野 (2件): 医化学 ,  法医学
研究キーワード (4件): 質量分析 ,  分析化学 ,  法中毒学 ,  法医学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 新規前処理法を用いた血中薬毒物LC-MS/MS分析法開発とその評価法の検討
  • 2018 - 2021 重水素標識標準品を用いた体液中自然毒の精密分析及び診断用マルチマーカーの探索
  • 2015 - 2018 最新質量分析計による体液中危険ドラッグの検出・同定法の開発及び学際的検討
  • 2015 - 2018 自然毒投与ラット体内の代謝プロファイリング解析
  • 2012 - 2016 バイオマーカーとしての胆汁酸の法医学的応用
全件表示
論文 (38件):
  • Hideki Hayashi, Tadashi Ogawa, Hiroshi Seno, Yuzo Ishigaki, Mitsuo Oda. Chemical modification of imipramine and desipramine. Medical Mass Spectrometry. 2020. 4. 1. 50-57
  • Mao Hagihara, Yasutoshi Kuroki, Tadashi Ariyoshi, Seiya Higashi, Kazuo Fukuda, Rieko Yamashita, Asami Matsumoto, Takeshi Mori, Kaoru Mimura, Naoko Yamaguchi, et al. Clostridium butyricum Modulates the Microbiome to Protect Intestinal Barrier Function in Mice with Antibiotic-Induced Dysbiosis. iScience. 2020. 23. 1. 100772-100772
  • Tadashi Ogawa, Kei Zaitsu, Tetsuo Kokaji, Kayako Suga, Fumio Kondo, Masae Iwai, Takayoshi Suzuki, Akira Ishii, Hiroshi Seno. Development and application of a forensic toxicological library for identification of 56 natural toxic substances by liquid chromatography-quadrupole time-of-flight mass spectrometry. Forensic Toxicology. 2020. 38. 1. 232-242
  • Masae Iwai, Fumio Kondo, Takayoshi Suzuki, Tadashi Ogawa, Hiroshi Seno. Quantification of ethanol in whole blood by extraction using NeedlEx® and gas chromatography/mass spectrometry. Medical Mass Spectrometry. 2019. 3. 1. 30-34
  • Takayoshi Suzuki, Tadashi Ogawa, Jun Ueyama, Masae Iwai, Fumio Kondo, Hiroshi Seno. A new method for simultaneous quantification of fosphenytoin, phenytoin and its primary metabolite 5-(4-hydroxyphenyl)-5-phenylhydantoin in whole blood by ultra-performance liquid chromatography-tandem mass spectrometry. Legal medicine (Tokyo, Japan). 2018. 34. 64-69
もっと見る
講演・口頭発表等 (98件):
  • 法医実務におけるトリアージテストTOX Drug Screenの有用性
    (第42回日本法医学会学術中部地方会 2020)
  • LC-MS/MSによる血中ネオニコチノイド系農薬の一斉分析法の開発 -除タンパク・リン脂質除去カラムISOLUTE PLD+を用いた前処理法の検討-
    (第45回日本医用マススペクトル学会年会 2020)
  • 側鎖にフェノチアジンを有するフルオレン系ポリマーの合成と性質
    (第69回高分子討論会 2020)
  • NeedlEx-GC/MS法を用いた全血中のアルコール及びカルボニル化合物の同時定量法の開発
    (第104次日本法医学会学術全国集会 2020)
  • 除タンパク・リン脂質除去カラムISOLUTE PLD+を用いた全血中向精神薬のLC-MS/MSによる一斉分析法
    (日本法中毒学会第39年会 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2001 名古屋大学 研究生
  • 1997 - 2000 名古屋大学
  • 1995 - 1997 名古屋大学
  • 1991 - 1995 名古屋大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (名古屋大学)
経歴 (6件):
  • 2014/04 - 現在 愛知医科大学 医学部 講師
  • 2009/05 - 2014/03 愛知医科大学 医学部 助教
  • 2005/04 - 2009/04 明治チューインガム株式会社 企画部 企画開発課員
  • 2003/04 - 2005/03 愛知医科大学 医学部 特別研究助手
  • 2002/10 - 2003/03 愛知医科大学 医学部 研究職員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020 - 現在 日本法医学会 評議員
  • 2014 - 現在 日本医用マススペクトル学会西日本(東海)支部 幹事
  • 2014 - 現在 日本法中毒学会 評議員
  • 2013 - 現在 日本医用マススペクトル学会 評議員
所属学会 (5件):
国際法中毒学会 ,  日本質量分析学会 ,  日本医用マススペクトル学会 ,  日本法中毒学会 ,  日本法医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る