研究者
J-GLOBAL ID:200901069072729062   更新日: 2020年06月05日

原田 賢治

ハラダ ケンジ | Harada Kenji
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 水工学 ,  防災工学
研究キーワード (4件): 津波防災対策 ,  津波リスク評価 ,  津波数値シミュレーション ,  津波
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2020 津波堆積物の形成過程に基づく来襲津波の評価手法の開発
  • 2017 - 2018 津波に対する海岸林耐力限界の評価手法の開発
  • 2016 - 2017 津波に対する海岸林耐力限界の評価手法の開発
  • 2005 - 2008 自然力(海岸林)の津波減災効果を活用したリスクマネージメント手法の開発
  • 2001 - 2003 沿岸植生を考慮した津波減災効果の評価と利用に関する研究
論文 (66件):
  • 山本阿子, 高橋智幸, 原田賢治. 津波堆積物分布の転換点による断層パラメータ推定のための数値実験. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2019. 75. 2. I_361-I_366
  • Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada, Masaaki Sakuraba, Kazuya Nojima. Validation of sediment transport model using hydraulic experiment data to assess the influence of grain size and reflection wave on tsunami deposit. 社会安全学研究. 2019. Vol. 9. 3-19
  • Toshihiro Noda, Katsuya Yamori, Kenji Harada. Development of Disaster Response Applications and Improvements in Regional Disaster Prevention Capacity Based on Collaborative Information Use. Journal of Disaster Research. 2019. Vol.14. No.2. 375-386
  • 瀬尾直樹, 原田賢治, 金原剛, 風間聡. 盛土式津波避難施設『命山』と周辺家屋等との離隔距離についての基礎的検討. 土木学会論文集B2(海岸工学). 2019. 75. 1. 1-9
  • 瀬尾直樹, 原田賢治, 風間聡. 盛土式津波避難施設『命山』のアンケート調査-東日本大震災後7年の中新田地区住民意識-. 土木学会論文集F5(土木技術者実践). 2018. 74. 1. 11-26
もっと見る
MISC (30件):
  • Naoki Seo, Kenji Harada, So Kazama. Study on design method for mound type tsunami evacuation “Inochiyama”, Part 2. Proceedings of the 21st congress of International Association for Hydro-Environment Engineering and Research (IAHR), Asia Pasific Division (APD). 2018. Vol.2. 1059-1067
  • 責任著者, 松冨英夫, 共著者, 原田賢治, 鴨澤明志, 決得元基, 島津朋. 力の作用点高さ,生存・枯死,成育場所からみた海岸黒松の津波耐力. 東北地域災害科学研究. 2014. 50. 121-126
  • 責任著者, 松冨英夫, 共著者, 星孟志, 原田賢治, 決徳元基. 現地試験に基づく東北地方太平洋沖地震津波被災域における黒松の特性. 東北地域災害科学研究. 2013. 49. 199-204
  • 責任著者]Kosuke Iimura, 共著者]Norio Tanaka, Kenji Harada, Katsutoshi Tanimoto. Experimental Investigation for the Effects of Tree Arrangement in a Forest on Mitigating Tsunami. 34th IAHR Biennial Congress. 2011. 1286-1293
  • 責任著者, 松冨英夫, 共著者, 原田賢治, 小笠原敏記, 片岡俊一. 2010 年チリ地震津波の諸相. 東北地域災害科学研究. 2011. 47. 83-88
もっと見る
書籍 (7件):
  • TSUNAMI-To survive from Tsunami-, Advanced series on ocean engineering, Vol.32
    World Scientific Publishing 2018
  • TSUNAMI 津波から生き延びるために(改訂版)
    丸善プラネット 2016
  • Ecosystem-Based Tsunami Disaster Risk Reduction in Indonesian Coastal Areas, Tsunamis and Earthquakes in Coastal Environments, Coastal Research Library 14
    Springer International Publishing 2016
  • 東日本大震災合同調査報告 共通編2 津波の特性と被害,7.4 植生被害
    土木学会 2014
  • 津波から生き残る-その時までに知ってほしいこと-
    土木学会,丸善 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (76件):
  • 静岡県地震防災センターで実施した避難所運営ゲーム(HUG)体験会における参加者の満足度調査
    (地域安全学会梗概集,No.45,pp.27-30 2019)
  • Numerical Experiment of Tsunami Sand Deposits Affected by Fault Conditions in a Simple Topography
    (the 27th General Assembly of the International Union of Geodesy and Geophysics/IUGG2019, JP05d, IUGG19-1816 2019)
  • 土砂移動モデルを用いた断層パラメータと配置による津波堆積物形成に関する数値実験
    (日本地球惑星連合2019年大会,HDS13-15 2019)
  • 静岡県地震対策史の作成と地震対策の特徴
    (2018年度自然災害科学中部地区研究集会予稿集 2019)
  • Hydraulic experiment on spatial distribution and formation process of tsunami deposits in a flat ground with a cliff topography
    (2018 AGU fall meeting, NH41C-0983 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
委員歴 (58件):
  • 2019/04 - 2021/03 伊豆市 伊豆市津波防災地域づくり推進協議会
  • 2019/04 - 2021/03 土木学会,調査研究部門,地震工学委員会 地震工学論文集編集小委員会
  • 2019/04 - 2021/03 土木学会,調査研究部門 地震工学委員会
  • 2018/08 - 2020/06 公益社団法人土木学会,海岸工学委員会 津波作用に関する研究レビューおよび活用研究小委員会
  • 2018/04 - 2020/03 静岡県 静岡県防災・原子力学術会議 津波対策分科会
全件表示
所属学会 (6件):
American Geophysical Union ,  日本地震学会 ,  日本地震工学会 ,  日本災害情報学会 ,  日本自然災害学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る