研究者
J-GLOBAL ID:200901069576090062   更新日: 2020年09月19日

滋野 修一

シゲノ シユウイチ | Shigeno Shuichi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 神経形態学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (6件): 進化生物学 ,  分子神経発生学 ,  連続電顕イメージング ,  極限環境生物学 ,  機械学習 ,  包括脳ネットワーク
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2012 - 2015 極限還元環境における化学認識機構の進化多様性に関する研究
論文 (38件):
  • Piero Amodio, Shuichi Shigeno, Ljerka Ostojić. Evolution of Intelligence in Cephalopods. eLS. 2020. 77-84
  • Watanabe, H, H. Yamamoto, K. Fujikura, S. Kato, S. Shigeno, T. Matsui. Faunal composition of deep-sea hydrothermal vent fields on the Izu-Bonin-Mariana Arc, northwestern Pacific. Deep-Sea Research Part I. 2019
  • Shuichi Shigeno, Paul L. R. Andrews, Giovanna Ponte, Graziano Fiorito. Cephalopod Brains: An Overview of Current Knowledge to Facilitate Comparison with Vertebrates. FRONTIERS IN PHYSIOLOGY. 2018. 9
  • Ryuta Nakajima, Shuichi Shigeno, Letizia Zullo, Fabio De Sio, Markus R. Schmidt. Cephalopods Between Science, Art, and Engineering: A Contemporary Synthesis. Frontiers in Communication. 2018. 3
  • Motoki Koizumi, Shuichi Shigeno, Makoto Mizunami, Nobuaki K. Tanaka. Calcium imaging method to visualize the spatial patterns of neural responses in the pygmy squid, Idiosepius paradoxus, central nervous system. Journal of Neuroscience Methods. 2018. 294. 67-71
もっと見る
MISC (59件):
  • Shigeno S, Sampathkumar V, Vescovi R, Li H, Miller AJ, Sherman M, Kasthuri NB. A nano-to-milliscale imaging pipeline for detailing how multiple brain regions communicate with the striatum. Neuroscience meeting, Society for Neuroscience. 2019
  • 滋野 修一, 小倉 淳, 坪内 泰志, 森 司. 深海の熱水極限環境に適応した動物たち : 高熱,酸化ストレス,そして炎症の生体限界を探る (特集 極限環境に生きる生物の知恵). 遺伝 : 生物の科学. 2016. 70. 3. 189-193
  • Shigeno S, Clark MR, Schnabel K, Yamamoto M, Tsuchida S, Fujikura K. A hydrothermal vent fish reveals unique brain organization and adaptation to the extreme environment. 14th DSBS, Deep-Sea Biology Symposium. 2015
  • Shuichi Shigeno. Design for marine invertebrate brains and artificial neural networks. Stazione Zoologica Anton Dohrn Seminar. 2015
  • 荻野哲也, 前川真吾, 滋野修一, 藤倉克則, 小倉淳, 豊原治彦. 熱水噴出域の極限環境適応種から探る化学センシングとその分子基盤. マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集. 2015. 17th. 30
もっと見る
書籍 (12件):
  • 遺伝子から解き明かす脳の不思議な世界 : 進化する生命の中枢の5億年
    一色出版,悠書館 (発売) 2018 ISBN:9784909383051
  • Brain Evolution by Design. From Neural Origin to Cognitive Architecture
    Springer 2017 ISBN:9784431564676
  • 追跡!深海生物と巨大ザメの巻
    講談社 2016 ISBN:9784062999564
  • 化学物質で誘導されるタコの体色変化と行動様式 研究者が教える動物実験,第2巻,神経・筋
    共立出版 2015
  • 深海の熱水噴出孔に適応した動物の化学受容実験 研究者が教える動物実験,第1巻,感覚
    共立出版 2015 ISBN:4320057724
もっと見る
学位 (1件):
  • PhD
経歴 (6件):
  • 2020/08 - 現在 大阪大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2017/09 - 2020/07 アルゴンヌ国立研究所 研究職員
  • 2016/08 - 2017/08 ナポリ海洋研究所 Reaseach scientist
  • 2012/04 - 2016/03 国立研究開発法人海洋研究開発機構 研究員
  • 2005/07 - 2011/03 シカゴ大学 神経生物学科 助教
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る