研究者
J-GLOBAL ID:200901070244240662   更新日: 2020年08月27日

冨高 辰一郎

トミタカ シンイチロウ | Tomitaka Shinichiro
所属機関・部署:
職名: 客員研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 精神神経科学
研究キーワード (5件): 数理モデル ,  うつ症状 ,  疫学 ,  指数分布 ,  抑うつ評価尺度
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2021 一般人口における抑うつ評価尺度の総スコアと項目反応の分布の数理パターン
  • 2017 - 2018 大規模集団における抑うつ評価尺度の項目反応と総スコアの分布の数理学的研究ーうつ症状の分布の数理的特性について-
  • 2000 - 2002 NMDA受容体作動薬の精神分裂病治療薬としての基礎研究
  • 1997 - 1998 AIDS痴呆の病態生理と治療に関する基礎的研究
  • 1996 - 1997 熱ショック蛋白質を指標としたNMDA受容体拮抗薬による神経細胞障害の研究
全件表示
論文 (11件):
  • Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA. Responses to depressive symptom items exhibit a common mathematical pattern across the European populations. Scientific Reports. 2019. 9. 14923
  • Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA. Distribution of psychological distress is stable in recent decades and follows an exponential pattern in the US population. Scientific reports. 2019. 9. 1. 11982
  • Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA. Further evidence that item responses on the Kessler Psychological Distress Scale exhibit the characteristic pattern in the general population. Heliyon. 2019. 5. 3. e01387
  • Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA. Distributional patterns of item responses and total scores on the PHQ-9 in the general population: data from the National Health and Nutrition Examination Survey. BMC Psychiatry. 2018
  • Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Ono Y, Furukawa TA. Distribution of item responses and total item scores for the Center for Epidemiologic Studies Depression Scale (CES-D): Data from the Irish Longitudinal Study on Ageing (TILDA). PloS one. 2018. 13. 8. e0202607
もっと見る
MISC (3件):
  • 冨高辰一郎, 川崎洋平, 井出和希, 芥川麻衣子, 山田浩, 大野裕, 古川壽亮. 一般人口における抑うつ評価尺度の総スコア分布は潜在特性の分布に近似する(2)-順序尺度のミュレーション編-. 2016年度 統計関連学会連合大会. 2016
  • 冨高辰一郎, 川崎洋平, 井出和希, 山田浩, 古川壽亮, 大野裕. 一般人口における抑うつ評価尺度の総スコア分布と項目反応の数理的特徴(1)-分布解析編-. 2016年度 統計関連学会連合大会. 2016
  • 森下結, 井出和希, 川崎洋平, 冨高辰一郎, 山田浩. 抑うつ指標 K6 の年齢分布に関する検討. 日本薬学会第136年会. 2016
書籍 (2件):
  • うつ病の常識はほんとうか
    日本評論社 2011 ISBN:9784535983564
  • なぜうつ病の人が増えたのか
    幻冬舎ルネッサンス 2010 ISBN:9784779060267
経歴 (9件):
  • 2017/04 - 現在 京都大学医学研究科 客員研究員
  • 2006/07 - 現在 パナソニック健康保険組合 東京担当部長
  • 2015/04 - 2018/03 静岡県立大学 客員共同研究員
  • 2001/05 - 2006/05 東京女子医大精神科 講師
  • 1998/04 - 2000/03 カリフォルニア大学サンフランシスコ校 学術振興会在外特別研究員
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2019 - 現在 Frontiers in Psychiatry 査読委員
所属学会 (2件):
日本統計学会 ,  日本精神神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る