研究者
J-GLOBAL ID:200901072950639155   更新日: 2024年02月06日

土浦 宏紀

ツチウラ ヒロキ | Tsuchiura Hiroki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/view/tsuchiura-research-group/ホーム?authuser=0https://sites.google.com/view/tsuchiura-research-group/home_en
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): 磁性および磁性材料 ,  トポロジカル物質の理論 ,  第一原理計算 ,  強相関電子系における超伝導 ,  永久磁石の保磁力機構
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2021 - 2024 キタエフ模型に基づく新奇デバイスの理論的提案
  • 2012 - 2022 組織形成原理の解明に基づく高保磁力原理の導出及び規則化合金・微粒子磁石の創成と解析
  • 2018 - 2021 希土類永久磁石材料の高性能化に向けた電子論
  • 2017 - 2021 ワニエ局在軌道を用いたVMCの開発と乱れを伴う強相関超伝導への応用
  • 2016 - 2020 NOVel, critical materials free, high Anisotropy phases for permanent MAGnets, by design
全件表示
論文 (128件):
  • Osamu Kanehira, Hiroki Tsuchiura. Josephson effects between the Kitaev ladder superconductors. SciPost Physics Proceedings. 2023. 11. 014
  • Hirokazu Taguchi, Akihisa Koga, Yuta Murakami, Joji Nasu, Hiroki Tsuchiura. Field-direction Dependence of Majorana-mediated Spin Transport. Proceedings of the 29th International Conference on Low Temperature Physics (LT29). 2023
  • S. Kobayashi, D. Ogawa, X.D. Xu, Y.K. Takahashi, A. Martin-Cid, K. Ishigami, Y. Kotani, M. Suzuki, T. Yoshioka, H. Tsuchiura, et al. Multimodal analysis of Zr substitution effects on magnetic and crystallographic properties in (Sm1-Zr )(Fe0.8Co0.2)12 compounds with ThMn12 structure. Acta Materialia. 2022. 242. 118454-118454
  • S. Tomita, D.-P. Yao, H. Tsuchiura, K. Nomura. Ab initio study on the possible magnetic topological semimetallic state in MnMg2O4. AIP Advances. 2022. 12. 3. 035331-035331
  • Hiroto Sato, Takuya Yoshioka, Hiroki Tsuchiura, Yoshiyuki Mizuno, Kunihiro Koike, Kohki Takahashi, Hiroaki Kato. Rare-earth moment reduction and local magnetic anisotropy in Pr2Fe14B and Tm2Fe14B. Journal of Magnetism and Magnetic Materials. 2022. 545. 168684-168684
もっと見る
MISC (79件):
  • 山下 毅, 山崎 国人, 江川 隆輔, 吉岡 匠哉, 土浦 宏紀, 小林 広明, 曽根 秀昭. 『銅酸化物の有効モデルに対する揺らぎ交換近似』コードのSX-ACE 向け最適化. SENAC : 東北大学大型計算機センター広報. 2017. 50. 1. 25-30
  • 菊池 真司, 菊地 悠平, 吉岡 匠哉, 土浦 宏紀. 9aPS-1 トポロジカル超伝導状態における半整数量子渦の安定性(9aPS 領域6ポスターセッション,領域6(金属(液体金属・準結晶)・低温(超低温・超伝導・密度波))). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 571-571
  • 見澤 英樹, 合田 義弘, 土浦 宏紀, 常行 真司. 7pBC-6 Nd_2Fe_<14>B主相/Nd酸化物相界面の構造と磁気異方性の解析(7pBC スピングラス,遍歴磁性,f電子系磁性,領域3(磁性)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 268-268
  • 吉岡 匠哉, 浅岡 類, 菊地 悠平, 三浦 尚子, 菊池 真司, 土浦 宏紀. 7aPS-106 Nd_2Fe_<14>Bにおける結晶場係数の第一原理的評価法(7aPS 領域3ポスターセッション(遍歴・化合物・酸化物・f電子系磁性,スピングラス,量子スピン,フラストレーション,磁気共鳴),領域3(磁性)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 2. 256-256
  • 三浦 良雄, 吉岡 匠哉, 土浦 宏紀. 27aPS-45 Y_2Fe_<14>Bの結晶磁気異方性の第一原理計算(27aPS 領域3ポスターセッション,領域3(磁性)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 1. 485-485
もっと見る
書籍 (2件):
  • 省/脱Dyネオジム磁石と新規永久磁石の開発
    シーエムシー出版 2015
  • スピントロニクスの基礎-磁気の直観的理解をめざして
    森北出版 2013 ISBN:9784627774612
講演・口頭発表等 (21件):
  • Josephson effects between the Kitaev ladder superconductors
    (International Conference on Strongly Correlated Electron Systems 2022)
  • 磁性材料特性の理論予測:永久磁石からトポロジカル半金属まで
    (原子スケールシミュレーション活用セミナー2021 2021)
  • Microscopic analysis of disordered Sm_{1-s}Fe_{5+2s} phases
    (The 26th International workshop on rare-earth and future permanent magnets and their applications (REPM2021) 2021)
  • Theoretical studies on the magnetic properties of Sm(Fe1-xCox)12 systems
    (Future Perspectives on Novel Magnetic Materials 2018)
  • Theoretical study on atomic structures and coercivity in Nd-Fe-B magnets
    (TMS 2017 annual meeting 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2009/04 - 東北大学大学院工学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2009/03 東北大学大学院工学研究科 助教
  • 2004/03 - 2007/03 東北大学大学院工学研究科 助手
  • 2002/10 - 2004/03 国際高等研究所
委員歴 (1件):
  • 2011/07 - 現在 ISRN Condensed Matter Physics Editorial Board
受賞 (2件):
  • 2015/04 - The Physical Society of Japan 2014 Highly Cited Article, Journal of the Physical Society of Japan,
  • 2006/03/13 - 財団法人トーキン科学技術振興財団 財団法人トーキン科学技術振興財団研究奨励賞 ナノスケール不均一電子状態による銅酸化物超伝導体の異常物性
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る