研究者
J-GLOBAL ID:200901073306917728   更新日: 2020年07月12日

木村 淳夫

キムラ アツオ | Kimura Atsuo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.agr.hokudai.ac.jp/molenzlab/
研究分野 (4件): ランドスケープ科学 ,  環境農学 ,  応用分子細胞生物学 ,  応用生物化学
研究キーワード (9件): 生物環境 ,  バイオマス ,  分子間相互作用 ,  糖質工学 ,  タンパク質工学 ,  物質生産 ,  酵素化学 ,  タンパク質工学 ,  酵素利用学
競争的資金等の研究課題 (52件):
  • 2019 - 2023 難溶性BCS II化合物を水溶化する新奇メガロ糖を活用した問題解決型研究
  • 2020 - 2021 熱帯地域、特にタイの「菌体外多糖生産菌」研究の新展開:メガロ糖の作製と機能の究明
  • 2020 - 2021 糖質酵素GH97グループの分子機構の究明: 構造生物学的アプローチからの問題解決
  • 2017 - 2021 メガロ糖研究の新展開:優れた機能を発揮する新しいメガロ糖の構築とその応用
  • 2019 - 2020 米・麦デンプンの利用拡大を意図した新奇な糸状菌酵素による高生理活性オリゴ糖生産
全件表示
論文 (120件):
  • Mizushima D, Miyazaki T, Shiwa Y, Kimura K, Suzuki S, Fujita N, Yoshikawa H, Kimura A, Kitamura S, Hara H, Funane K. A novel intracellular dextranase derived from Paenibacillus sp. 598K with an ability to degrade cycloisomaltooligosaccharides. Appl Microbiol Biotechnol. 2019
  • Ma M, Okuyama M, Tagami T, Kikuchi A, Klahan P, Kimura A. Novel α-1,3/α-1,4-glucosidase from Aspergillus niger exhibits unique transglucosylation to generate high levels of nigerose and kojibiose. J Agr Food Chem. 2019. 67. 12. 3380-3388
  • Klahan P, Okuyama M, Ma M, Kikuchi A, Kumagai Y, Tagami T, Kimura A. Engineered dextranase from Streptococcus mutans enhances the production of longer isomaltooligosaccharides. Biosci Biotechnol Biochem. 2018. 82. 9. 1480-1487
  • Hara H, Kume S, Iizuka T, Fujimoto Y, Kimura A. Enzymatically synthesized megalo-type isomaltosaccharides enhance the barrier function of the tight junction in the intestinal epithelium. Biosci Biotechnol Biochem. 2018. 82. 4. 629-635
  • Park N, Nguyen TTH, Kwak SH, Jin SN, Lee TK, Lee GH, Choi YH, Kim SB, Kimura A, Kim D. Composition and biochemical properties of L-carnitine fortified makgeolli brewed by using fermented buckwheat. Food Sci Nut. 2018. in press
もっと見る
MISC (127件):
  • 佐々木優希, 熊谷裕也, 貞廣樹里, Weeranuch Lang, 田上貴祥, 奥山正幸, 木村淳夫. デキストランデキストリナーゼの多糖合成に関与するアミノ酸の同定. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2018. 2018. ROMBUNNO.2A26p03 (WEB ONLY)
  • 田上貴祥, 陳明皓, 奥山正幸, 岩崎智仁, 田中良和, 姚閔, 木村淳夫. GH15 isomaltose glucohydrolaseの基質認識に関わる構造因子の同定. 応用糖質科学. 2017. 7. 3. 49
  • 菊池麻子, 加藤公児, 奥山正幸, 大嵜翔平, 姚閔, 木村淳夫. Bacteroides thetaiotaomicron β-L-arabinopyranosidase(BtAra97c)の立体構造解析. 応用糖質科学. 2016. 6. 3. 61
  • 貞廣樹里, 森春英, 佐分利亘, 奥山正幸, 木村淳夫. Gluconobacter oxydans由来の菌体外酵素dextran dextrinaseは自らの生成物デキストランによって細胞表層から遊離する. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2016. 2016. 4D013 (WEB ONLY)
  • 佐分利亘, 奥山正幸, 熊谷祐也, 木村淳夫, 森春英. Bacillus sp.AHU2001由来GH31α-グルコシダーゼの生化学的諸性質と基質認識に重要な構造因子の解析. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2015. 2015. 3E32P02 (WEB ONLY)
もっと見る
特許 (6件):
  • ダブル及びシングルアンカー型イソマルトメガロ糖、その製造方法及びその利用.
  • ダブル及びシングルアンカー型イソマルトメガロ糖、その製造方法及びその利用.
  • 腸管バリア機能亢進剤、腸疾患治療及び予防医薬組成物
  • 改変デキストラングルコシダーゼ及びその製造方法
  • 新規イソマルトオリゴ糖合成酵素
もっと見る
書籍 (7件):
  • Application of Microbiology and Biochemistry
    Shoukadoh Book Sellers 2015
  • Molecular mechanism of carbohydrate-active enzymes and their application
    Kaiseisha Press 2012
  • Carbohydrate-active enzymes: structure, function, and applications
    Woodhead Publishing Ltd. 2008
  • 6-ホスホβ-グルコシダーゼ "廣川タンパク質化学第4巻酵素4.3ヒドロラーゼ[II]"
    廣川書店 2004
  • β-グルコシダーゼ "廣川タンパク質化学第4巻酵素4.3ヒドロラーゼ[II]"
    廣川書店 2004
もっと見る
講演・口頭発表等 (93件):
  • 改変β-fructofuranosidaseによる6-ケストースの合成および精製.
    (日本農芸化学会東北・北海道合同支部会 2018)
  • ブタ血清由来α-グルコシダーゼのcDNAクローニングと組換え酵素の機能解析.
    (日本農芸化学会東北・北海道合同支部会 2018)
  • Structural and functional investigation of starch-metabolizing enzymes.
    (13th International Symposium of the Protein Society of Thailand 2018)
  • Molecular characterization of glycosidases in GH97, subfamily c.
    (29th International Carbohydrate Symposium 2018)
  • デキストラン デキストリナーゼの多糖合成に関与するアミノ酸の同定.
    (日本農芸化学会2018年度大会 2018)
もっと見る
Works (15件):
  • 国内学会シンポジウムのオーガナイザー
    木村 淳夫 2016 -
  • Molecular mechanism of glycosylase to produce megalosaccharides.
    2012 -
  • Molecular mechanism of glycosylases catalyzing α-1,6-glucosidic bond-formation and -degradation and production of megalosaccharides.
    2011 -
  • Molecular aspects of glycosylases catalyzing α-1,6-glucosidic bond-formation and -degradation: - Reaction mechanism of novel enzymes, including megalosaccharides.
    2011 -
  • Molecular mechanism of glycosylase to produce megalosaccharides.
    2011 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1981 - 1984 北海道大学 大学院農学研究科 農芸化学専攻 博士課程
  • 1979 - 1981 北海道大学 大学院農学研究科 農芸化学専攻 修士課程
  • 1975 - 1979 北海道大学 農学部 農芸化学科
学位 (2件):
  • 農学博士 (北海道大学)
  • 農学修士 (北海道大学)
経歴 (7件):
  • 2015/04 - 現在 北海道大学 教授
  • 2006/04 - 2015/03 北海道大学 教授
  • 2001/04 - 2006/03 北海道大学 教授
  • 1992/04 - 2001/03 北海道大学 助教授
  • 1993/09 - 1995/08 アイオワ州立大学 研究員
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2017 - 現在 日本農芸化学会北海道支部 支部参与
  • 2003/07 - 現在 日本応用糖質科学会 評議員
  • 2015/12 - 2017/03 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2009/07 - 2013/06 日本応用糖質科学会北海道支部 支部長
  • 2011/04 - 2013/03 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構) プロジェクト評価委員会 委員長
全件表示
受賞 (10件):
  • 2013 - 日本応用糖質科学会 学会賞
  • 2012 - Committee of Plant and Seaweed Polysaccharides Workshop 植物・海草多糖類国際会議ポスター賞第1位
  • 2011 - The First Prize in Award for Excellence to Poster Authors in 9th Carbohydrate Bioengineering Meeting
  • 2010 - Committee of Amylase Family Meeting 第4回α-アミラーゼファミリー国際会議ポスター賞3位 Putative role of Tyr227, Gln349 and Leu350 near catalytic amino acids of honeybee α-glucosidase III.
  • 2010 - The Third Prize in Award for Excellence to Poster Authors in 4th Symposium of the α-Amylase Family
全件表示
所属学会 (3件):
日本応用糖質科学会 ,  日本生化学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る