研究者
J-GLOBAL ID:200901074141341547   更新日: 2020年09月01日

西村 公雄

ニシムラ キミオ | Nishimura Kimio
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 食品科学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (4件): 食品科学 ,  食品加工学 ,  Food Science ,  Food Processing
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2018 - 2022 多量の塩を添加せずとも美味しい練り製品を形成し抗酸化性を発揮する新食素材の開発
  • 2013 - 2016 抗酸化能を有し低塩条件下でも畜・魚肉練り製品を形成する肉タンパク質素材の開発
  • 2010 - 2013 The Development by the Optimization Holding Various Functionality Including Anti-Oxidization Ability of Glycosilated Chicken Protein
  • 2010 - 2013 抗酸化能を始めとする各種機能性を保持した糖修飾鶏肉タンパク質の最適化による開発
  • 2010 - 2012 Active Oxygen Improves the Quality of Bread
全件表示
論文 (59件):
もっと見る
MISC (40件):
  • 西村 公雄. 鶏肉タンパク質がもたらす加工・調理上の問題点と機能改変に関する研究. 日本家政学会誌. 2020. 71. 6. 358-369
  • 西村 公雄. 通常冷凍に比べ,肉をおいしくする凍結スピード -はやうま冷凍-. 食と健康. 2019. 45. 107. 3-5
  • 林 由佳子, 小橋, 恵, 西村, 公雄, 落合, 隆晃, 渡辺, 彰, 土肥, et al. 加工処理方法による味噌汁のおいしさの比較. 日本味と匂学会誌 第51回大会Proceeding集. 2017. 57-60
  • 松宮健太郎, 青嶋舞, 山田紗瑛, 南部優子, 西村公雄, 松村康生. 複合菓子におけるビスケットの構造が脂質移行に与える影響. 日本食品科学工学会大会講演集. 2016. 63rd. 150
  • 西村 公雄. 抗酸化能を有し低塩条件下でも畜・魚肉練り製品を形成する肉タンパク質素材の開発. 平成25年度~平成27年度文部科学省科学研究費助成事業(基盤研究(C))研究成果報告書. 2016. 1-5
もっと見る
特許 (2件):
  • 鉄吸収促進剤
  • 冷凍変性防止剤,耐冷凍変性すり身
書籍 (10件):
  • 新 食品・栄養科学シリーズ 食品学各論 第2版
    化学同人 2012
  • 新 食品・栄養科学シリーズ 食品加工学 第2版
    化学同人 2012
  • 新しい食品加工学
    南江堂 2011 ISBN:9784524262571
  • テキスト 食物と栄養科学シリーズ 4 食品加工・安全・衛生(分担執筆)
    朝倉書店 2007 ISBN:9784254616446
  • テキスト 食物と栄養科学シリーズ 3 食品学・食品機能学(分担執筆)
    朝倉書店 2007 ISBN:9784254616439
もっと見る
講演・口頭発表等 (142件):
  • デキストラン修飾により生じる鶏筋原線維タンパク質の機能改変
    ((一社)日本家政学会 第72回大会 2020)
  • スーパーオキシドアニオンラジカル発生源添加によるパン生地品質改良効果について
    ((一社) 日本家政学会関西支部 第41 回(通算第97 回)研究発表会 2019)
  • 最大抗酸化能(ヒドロキシラジカルを指標として)を発揮するデキストラン修飾鶏筋原線維タンパク質のランダムセントロイド最適化法を用いた調製条件の検索(第2報)
    ((公社)日本食品科学工学会第2回関西支部大会 2019)
  • 低イオン強度溶液に対する最大溶解度を発揮するマルトトリオース修飾鶏筋原線維タンパク質の最適調製条件とその機能改変
    ((公社)日本農芸化学会 関西・中部支部 2019年度合同神戸大会 2019)
  • サラダ及びチーズの同時摂取が牛丼の食後血糖値に与える影響
    ((公社)日本食品科学工学会 第66回大会 2019)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1983 京都大学農学博士 取得
  • - 1983 京都大学大学院 農芸化学専攻博士後期課程 単位取得満期退学
  • - 1983 京都大学
  • - 1980 京都大学大学院 農芸化学専攻博士前期課程 修了
  • - 1978 神戸大学 農芸化学科
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(農学) (京都大学)
  • 修士(農学) (京都大学)
経歴 (19件):
  • 2000/04 - 現在 同志社女子大学大学院生活科学研究科修士課程教授
  • 1998/04 - 現在 同志社女子大学 生活科学部 教授
  • 2017/06 - 2020/05 学校法人同志社 評議員
  • 2016/04 - 2019/03 同志社女子大学 生活科学部長・生活科学研究科長・食物栄養科学専攻主任
  • 2013/04 - 2016/03 同志社女子大学 学生部長
全件表示
委員歴 (34件):
  • 2015/03 - 現在 公益社団法人 日本食品科学工学会関西支部 運営委員
  • 2014/05 - 現在 一般財団法人 京都国際文化協会 評議員
  • 2012/04 - 現在 公益社団法人 日本農芸化学会関西支部 参与
  • 2012/04 - 現在 公益財団法人 ひと・健康・未来 研究財団 研究助成選考委員会 委員
  • 2003/05 - 現在 日本調理食品研究会 理事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020/05 - (一社)日本家政学会 2020年度日本家政学会賞 鶏肉タンパク質がもたらす加工・調理上の問題点と機能改変に関する研究
  • 2013/05 - 公益社団法人 日本食品科学工学会 感謝状
  • 2010/09 - 厚生労働省 平成22年度栄養関係功労者厚生労働大臣表彰 (栄養士養成功労者)
  • 2008/10 - (社)全国栄養士養成施設協会 管理栄養士養成施設教員会長顕彰
所属学会 (19件):
日本食品科学工学会 ,  日本調理研究会 ,  日本調理科学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本家政学会 ,  American Chemical Society ,  The Society for Food Science and Technology ,  日本農芸化学会 ,  The Japanese Society of Prepared Foods and Technology ,  The Japan Society of Cookery Science ,  The Japanese Society of Nutrition and Food Science ,  The Japanese Society of Fisheries Science ,  The Japan Society of Home Economics ,  American Chemical Society ,  The Society for Food Science and Technology ,  The Japanese Society for Food Science and Technology ,  and Agrochemistry ,  Biotechnology ,  Japan Society for Bioscience
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る