研究者
J-GLOBAL ID:200901075584121651   更新日: 2020年10月11日

佐々木 泰史

ササキ ヤスシ | Yasushi Sasaki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 腫瘍生物学 ,  消化器内科学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (6件): 次世代シーケンサー ,  p53関連遺伝子 ,  癌抑制遺伝子 ,  口腔癌 ,  消化器癌 ,  p53
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2023 p53の機能獲得変異を標的とした食道扁平上皮癌に対する治療法開発
  • 2019 - 2022 RNAシーケンスによる大腸鋸歯状腺腫の発癌機構の解明と分子標的治療の基盤確立
  • 2019 - 2022 表在性非乳頭部十二指腸腫瘍の発癌機構の解明と、進展を予測する内視鏡診断体系の確立
  • 2016 - 2021 先進ゲノム解析研究推進プラットフォーム
  • 2017 - 2019 免疫染色、次世代シークエンスを用いた胃癌のHER2抗体薬の耐性メカニズムの解明
全件表示
論文 (130件):
  • Takeshi Iwaya, Fumitaka Endo, Fumiaki Takahashi, Takashi Tokino, Yasushi Sasaki, Satoshi S Nishizuka. Frequent tumor burden monitoring of esophageal squamous cell carcinoma with circulating tumor DNA using individually designed digital PCR. Gastroenterology. 2020
  • Yuya Yoshimoto, Yasushi Sasaki, Kazutoshi Murata, Shin-Ei Noda, Yuhei Miyasaka, Junko Hamamoto, Mio Furuya, Junko Hirato, Yoshiyuki Suzuki, Tatsuya Ohno, et al. Mutation profiling of uterine cervical cancer patients treated with definitive radiotherapy. Gynecologic oncology. 2020
  • Kazuya Ishiguro, Yasushi Sasaki, Yoshitake Takagi, Takeshi Niinuma, Hiromu Suzuki, Takashi Tokino, Toshiaki Hayashi, Tohru Takahashi, Tetsuyuki Igarashi, Yoshihiro Matsuno. Aggressive variant of splenic marginal zone lymphoma characterized using a cancer panel test and treated with rituximab-containing chemotherapy: A case report. Medicine. 2020. 99. 35. e21938
  • Fumitaka Endo, Takeshi Iwaya, Yasushi Sasaki, Takehiro Chiba, Mizunori Yaegashi, Kohei Kume, Kei Sato, Atsuhiro Arisue, Ryoko Kawagishi, Teppei Matuo, et al. Circulating-tumor DNA from Two Types of Blood Collection Tubes for Monitoring Tumor Burden Validated with Esophageal Squamous Cell Carcinoma Patients. 2020
  • Ryosuke Ota, Takeshi Sawada, Sho Tsuyama, Yasushi Sasaki, Hiromu Suzuki, Yasuharu Kaizaki, Kenkei Hasatani, Eiichiro Yamamoto, Hiroyoshi Nakanishi, Satoko Inagaki, et al. Integrated genetic and epigenetic analysis of cancer-related genes in non-ampullary duodenal adenomas and intramucosal adenocarcinomas. The Journal of pathology. 2020
もっと見る
MISC (80件):
  • 中西 宏佳, 澤田 武, 海崎 泰治, 佐々木 泰史, 山本 英一郎, 青木 敬則, 永塚 真, 高橋 直樹, 波佐谷 兼慶, 久保田 英嗣, et al. 大腸鋸歯状病変の遺伝子変異、メチル化の統合解析. 日本消化器病学会雑誌. 2018. 115. 臨増大会. A789-A789
  • 佐々木 教之, 岩谷 岳, 遠藤 史隆, 鴻巣 正史, 秋山 有史, 佐々木 泰史, 時野 隆至, 西塚 哲. 食道癌肉腫の遺伝子変異解析(Exome sequence analysis of carcinomatous and sarcomatous elements of an esophageal carcinosarcoma). 日本癌学会総会記事. 2018. 77回. 326-326
  • 岩谷 岳, 遠藤 史隆, 佐々木 泰史, 八重樫 瑞典, 佐藤 慧, 佐々木 教之, 秋山 有史, 佐々木 章, 増田 万里, 時野 隆至, et al. Digital PCRを用いた食道癌患者における症例特異的血漿中遊離DNAモニタリング(Patient-specific circulating tumor DNA monitoring using digital PCR in esophageal squamous cell cancer patients). 日本癌学会総会記事. 2018. 77回. 930-930
  • 岩谷 岳, 遠藤 史隆, 佐々木 泰史, 八重樫 瑞典, 千葉 丈広, 秋山 有史, 増田 万里, 山田 哲司, 時野 隆至, 西塚 哲. 食道癌患者におけるCirculating tumor DNAを用いたLiquid biopsy systemの開発. 日本癌学会総会記事. 2017. 76回. J-3064
  • 山本 英一郎, 山野 泰穂, 青木 敬則, 新沼 猛, 甲斐 正広, 佐々木 泰史, 時野 隆至, 菅井 有, 仲瀬 裕志, 鈴木 拓. 大腸腫瘍の表面構造が反映する腫瘍内不均一性. 日本癌学会総会記事. 2017. 76回. P-2228
もっと見る
特許 (4件):
書籍 (4件):
  • 分子標的療法の基礎と臨床
    篠原出版新社 2005
  • 内科疾患クリニカルガイド 消化器・免疫・血液・代謝疾患
    中山書店 1999
  • 血液学
    中外医学社 1991
  • Therapeutic plasmapheresis VIII
    ISAO Press 1989
学歴 (2件):
  • - 1988 札幌医科大学 医学科
  • - 1988 札幌医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (札幌医科大学)
経歴 (4件):
  • 2018/01 - 現在 札幌医科大学 医療人育成センター 教授
  • 2008/06 - 2017/12 札幌医科大学 医学部 准教授
  • 2004/04 - 2008/05 札幌医科大学 医学部 講師
  • 1999/10 - 2004/03 札幌医科大学 医学部 助手
委員歴 (4件):
  • 2012/01 - 現在 日本DDS学会 評議員
  • 2011/01 - 現在 日本臨床分子医学会 評議員
  • 2010/01 - 現在 日本癌学会 評議員
  • 2005/01 - 現在 日本消化器病学会 北海道支部評議員
所属学会 (12件):
日本電気泳動学会 ,  日本人類遺伝学会 ,  日本DDS学会 ,  日本臨床分子医学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本内科学会 ,  American Association for Cancer Research (AACR) ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会 ,  Molecular Biology Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る