研究者
J-GLOBAL ID:200901076987718654   更新日: 2020年08月29日

渡邊 健志

ワタナベ タケシ | TAKESHI WATANABE
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 泌尿器科学
研究キーワード (4件): 一般泌尿器科学 ,  小児泌尿器科 ,  低侵襲手術学(腹腔鏡手術・小開腹手術) ,  排尿生理
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 難治性過活動膀胱に対するボツリヌス毒素膀胱壁内投与に関する研究
  • 下部尿路閉塞度の診断に関する研究
  • シクロヘキサノン誘導体による神経再生と膀胱機能再生に関する研究
  • エストロゲンが膀胱機能に及ぼす薬理学的作用に関する検討
  • 動脈硬化症と膀胱機能の研究
全件表示
MISC (32件):
もっと見る
特許 (1件):
  • 排尿障害治療剤
書籍 (2件):
  • 泌尿器科治療指針
    永井書店 2008
  • 泌尿器科治療の新しいストラテジー
    MEDICAL VIEW 2007
講演・口頭発表等 (18件):
  • シンポジウム“過活動膀胱の問題点”前立腺肥大症と過活動膀胱
    (第96回日本泌尿器科学会 2008)
  • .Dose botulinum toxin-A induce apoptosis in rat detrusor muscle?
    (38th Annual Meeting of International Continence Society 2008)
  • Effects of long-term estrogen treatment on the contractile response to muscarine and muscarinic receptor subtypes in the bladder of the old female rats
    (37th Annual Meeting of International Continence Society 2007)
  • Effects of estrogen on age-related changes in muscarinic receptor subtypes, muscarinic responsiveness and the sensory neurons in the urinary bladder of female rats
    (37th Annual Meeting of International Continence Society 2007)
  • シンポジウム“過活動膀胱-その新たな展開についてー”過活動膀胱に対するボツリヌス毒素膀胱壁内注射療法
    (第94回日本泌尿器科学会 2006)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (1件):
  • スタンフォード大学泌尿器科客員研究員
所属学会 (13件):
日本小児泌尿器科学会 ,  日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本夜尿症学会 ,  国際尿禁制学会 ,  米国泌尿器科学会 ,  西日本泌尿器科学会 ,  日本内視鏡外科学会 ,  日本透析医学学会 ,  日本性機能学会 ,  日本Endourology・ESWL学会 ,  日本神経因性膀胱学会 ,  日本泌尿器科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る