研究者
J-GLOBAL ID:200901077830168886   更新日: 2020年09月14日

関 泰一郎

セキ タイイチロウ | Seki Taiichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (6件): 食品科学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学 ,  応用生物化学 ,  食品科学 ,  応用分子細胞生物学
研究キーワード (19件): 食事 ,  アポトーシス ,  がん ,  食品機能 ,  再生 ,  肝臓 ,  plasminogen activator ,  遺伝子発現 ,  線溶活性化酵素 ,  cell biology ,  細胞療法 ,  再生医学 ,  増殖と分化 ,  幹細胞 ,  血液の凝固と線溶 ,  肥満 ,  生活習慣病 ,  機能性食品 ,  栄養生化学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2019 - 2022 腸管-肝臓-血管系の機能連携に着目した新しい血栓制御メカニズムと食品機能の解明
  • 2016 - 2019 Exosome,マイクロRNAに着目した機能性食品成分の新しい作用機構の解明 基盤研究(B)
  • 2015 - 2018 摂食リズムの形成による燃料基質のシフト、インスリン抵抗性改善の新しいメカニズム 萌芽(的)研究
  • 2013 - 2016 機能性食品成分による新規血栓制御メカニズムの解明と食品の機能性評価への応用 基盤研究(B)
  • 2009 - 2011 リン酸化情報ハブに着目した機能性食品・栄養成分の作用メカニズムの解析 基盤研究(C)
全件表示
論文 (111件):
  • Hosono T, Sato A, Nakaguchi N, Ozaki-Masuzawa Y, Seki T. Diallyl trisulfide inhibits platelet aggregation through the modification of sulfhydryl groups. J Agric Food Chem. 2020. 68. 6. 1571-1578
  • Michiko T Yasuda, Yuto Watanabe, Takashi Hosono, Taiichiro Seki, Taka-Aki Suzuki, Hiroyuki Sakakibara, Kayoko Shimoi. Nocturnal light exposure stimulates the cardiac fibrinolysis system and stress responses in C3H/He mice. Thrombosis research. 2020. 188. 79-81
  • Kagawa Y, Ozaki-Masuzawa Y, Hosono T, Seki T. Garlic oil suppresses high-fat diet induced obesity in rats through the upregulation of UCP-1 and the enhancement of energy expenditure. Exp Ther Med. 2020. 19. 2. 1536-1540
  • Yuichi Tsuda, Rika Murakami, Makoto Yamaguchi, Taiichiro Seki. Acute supplementation with an amino acidmixture suppressed the exercise-inducedcortisol response in recreationally activehealthy volunteers: a randomized, doubleblinded,placebo-controlled crossover study. Journal of the International Society of Sports Nutrition. 2020. 17. 39
  • Uno S, Sakai M, Fujinari Y, Hosono T, Seki T, Makishima M. Diallyl trisulfide enhances benzo[a]pyrene-induced CYP1A1 expression and metabolic activation in hepatic HepG2 cells. Anticancer Research. 2019. 39. 5. 2369-2375
もっと見る
MISC (32件):
  • 細野 崇, 関 泰一郎. 硫黄. 成人病と生活習慣病. 2018. 48. 6. 696-700
  • 関 泰一郎, 細野 崇. ニンニクの食文化と機能性. Functional Food. 2017. 32. 11. 117-121
  • 関 泰一郎, 三浦. TAFI(thrombin activatable fibrinolysis inhibitor). 一般社団法人 日本血栓止血学会 用語集(ホームページ). 2015
  • 関 泰一郎. α2マクログロブリン(α2M). 一般社団法人 日本血栓止血学会監修 用語集(ホームページ). 2015
  • 関 泰一郎. 線溶とその制御部会. 日本血栓止血学会誌. 2014. 25. 3. 423-424
もっと見る
特許 (5件):
  • Method for preparation of hepatocytes using ES cell
  • がん細胞増殖抑制剤
  • ES細胞培養用アガロースプレート
  • 肝細胞増殖抑制剤
  • ES細胞を用いた肝細胞調製法
書籍 (19件):
  • Chemistry of Korean Foods and Beverages. ACS Symposium Series Vol. 1303
    ACS Books, American Chemical Society, 2019 ISBN:9780841233683
  • 新・血栓止血血管学-抗凝固と線溶(一瀬白帝他編集)
    金芳堂 2015 ISBN:9784765316507
  • Functional Foods, Nutraceuticals and Natural Products-Concepts and Applications (edts; D.A. Vattem, V. Maitin)
    DEStech Publications, Inc. 2015 ISBN:9781605951010
  • 食品因子による栄養機能制御(日本栄養・食糧学会監修)
    建帛社 2015 ISBN:9784767961811
  • 食品の保健機能と生理学
    アイ・ケイコーポレーション 2015 ISBN:9784874923283
もっと見る
講演・口頭発表等 (619件):
  • ガーリック由来香気成分diallyl trisulfideの抗炎症メカニズムの解明
    (第73回日本栄養・食糧学会大会(静岡) 2019)
  • 魚油の抗肥満作用メカニズムの解明
    (第73回日本栄養・食糧学会大会(静岡) 2019)
  • ガーリック香気化合物とその類似体の血小板凝集抑制活性の評価
    (第73回日本栄養・食糧学会大会(静岡) 2019)
  • タンパク質低栄養により誘導される肝臓脂質蓄積メカニズムの解明
    (第73回日本栄養・食糧学会大会(静岡) 2019)
  • 水溶性食物繊維イヌリンがマウスの腸内環境に及ぼす影響
    (第73回日本栄養・食糧学会大会(静岡) 2019)
もっと見る
学位 (4件):
  • 農学修士 (日本大学)
  • Master of Science (Nihon University)
  • 博士(農学) (東京大学)
  • Ph.D. (The University of Tokyo)
経歴 (4件):
  • 2014/04/01 - 2014/10/31 東京大学大学院 農学生命科学研究科 非常勤講師
  • 2007/04 - 2007/09 東京農工大学農学府講師
  • 2003/01 - 2003/03 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科講師
  • 1994/07 - 1996/01 米国ミシガン大学医学部人類遺伝学科 博士研究員
委員歴 (51件):
  • 2018/12 - International Congress of Nutrition, ICN2021(第22回国際栄養学会議) Executive Committee Member
  • 2016/05 - 2018/05 日本栄養・食糧学会 理事
  • 2016/05 - 2018/05 日本栄養・食糧学会 広報委員
  • 2016/05 - 2018/05 日本栄養・食糧学会 関東支部副支部長
  • 2016/05 - 2018/05 日本栄養・食糧学会 将来構想委員会委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2017/05/19 - 公益社団法人 日本栄養食糧学会 日本栄養・食糧学会 学会賞 食品由来含硫化合物の生活習慣病予防に関する基礎的研究
  • 2011/05/06 - Biosci Biotechnol Biochem. 論文賞 2010(日本農芸化学会) Verification of antidiabetic effects of cinnamon (Cinnamomum zeylanicum) using insulin-uncontrolled type 1 diabetic rats and cultured adipocytes.
所属学会 (10件):
日本香辛料研究会 ,  肝細胞研究会 ,  国際血栓止血学会 ,  国際線溶学会 ,  日本フードファクター学会 ,  日本生理学会 ,  日本生化学会 ,  日本血栓止血学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る