研究者
J-GLOBAL ID:200901077857691882   更新日: 2024年02月01日

川田 知

カワタ サトシ | Kawata Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 無機・錯体化学
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2020 - 2023 スピンフラストレーションを内在するクラスターヘリケートを用いた新規物性探索
  • 2014 - 2020 新規金属錯体集積体の構築
  • 2017 - 2019 多電子酸化還元能を有する多核錯体を基盤とする革新的機能性物質の構築
  • 2017 - 2019 極性空間を有するハイブリッドMOF集合体の構築 公募研究
  • 2016 - 2019 超分子ビルディングブロックを用いた水素結合高次階層型金属錯体集積体の構築
全件表示
論文 (190件):
  • Tomohiko Hamaguchi, Ryuta Ishikawa, Akio Mishima, Shinya Hayami, Masaaki Ohba, Minoru Satoh, Satoshi Kawata. The structure and modified properties of a self-dimerised Cu(ii) inclusion complex in γ-cyclodextrins. Dalton Transactions. 2023. 52. 4475-4480
  • Ko Yoneda, Ken Kanazashi, Hitoshi Kumagai, Ryuta Ishikawa, Satoshi Kawata. Noncentrosymmetric Supramolecular Hydrogen-Bonded Assemblies Based on Achiral Pyrazine-Bridged Zinc(II) Coordination Polymers with Pyrazinedione Derivatives. Chemistry. 2023. 5. 1. 179-186
  • Kouki Matsubara, Yuji Yamada, Haruka Iwasaki, Hayao Ikeda, Yuki Kanetsugu, Satoshi Kawata, Yuji Koga. 1,2,3-Triazole-Derived Pincer-Type Mesoionic Carbene Complex of Iron(II): Carbonyl Elimination and Hydrosilylation of Aromatic Aldehydes via Concerted Reaction with Hydrosilane and Base. Dalton Transactions. 2022
  • Mozhgan Parsaei, Kamran Akhbari, Emmanuel Tylianakis, George E. Froudakis, Jonathan M. White, Satoshi Kawata. Computational Study of Two Three-Dimensional Co(II)-Based Metal-Organic Frameworks as Quercetin Anticancer Drug Carriers. Crystal Growth & Design. 2022. 22. 12. 7221-7233
  • Hirotaka Nakajima, Hiroaki Iguchi, Shinya Takaishi, Tetsu Sato, Brian K. Breedlove, Ryuta Ishikawa, Satoshi Kawata, Qingyun Wan, Masanori Wakizaka, Masahiro Yamashita. Orthogonal Grade-Separated Nanowiring of Molecular Single Chains. CHEMISTRY OF MATERIALS. 2022. 35. 1. 116-122
もっと見る
MISC (6件):
  • 川田 知. ニュースレター. 文科省新学術領域研究「配位アシンメトリー」. 2018
  • 川田 知. 編集後記. 福岡大学研究推進部ニュース&レポート Research. 2016. 21. 4
  • 川田 知. スピンフラストレーションを内在する金属錯体集合体を用いた新規交差相関物性の開拓. 福岡大学研究推進部ニュース&レポート Research. 2014. 19. 2. 35-40
  • 川田 知. 外場応答性を持つ金属錯体集積体の構築. 福岡大学理学集報. 2014. 44. 1. 103-107
  • 川田 知. 平成22年度 福岡大学総合科学研究部 多重水素結合ハイブリッド研究チーム 研究成果報告書. 2011
もっと見る
特許 (1件):
  • 水溶性高分子を用いた重金属イオン汚染水の浄化技術
書籍 (3件):
  • 錯体化合物事典
    朝倉書店 2019
  • 新版 大学の化学への招待
    三共出版 2013
  • ESEEM and ENDOR Studies of Triplet State Copper(II) Complex Dimer
    World Scientific 1991
講演・口頭発表等 (27件):
  • Spin crossover in polymeric iron(III) complexes with Schiff-base ligands
    (ICCC2018 2018)
  • S. Ueno, R. Ishikawa, and S. Kawata, Synthesis and multi-redox property of a Mn pentanuclear cluster helicate
    (The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2015)
  • Structural control of chloranilate-based hybrid compounds
    (The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem) 2015)
  • Electrical conductivity of [{MII(bpypz)2}]-TCNQ coordination polymers
    (5th Topical Meeting on Spins in Organic Semiconductors 2014)
  • Reversible Solid-State Hydration and Dehydration Process Involving Anion Transfer in a Self-Assembled System
    (International Union of Materials Research Societies -The 15th IUMRS International Conference in Asia- 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1985 - 1988 東北大学 大学院理学研究科後期3年の課程 化学専攻
  • 1983 - 1985 東北大学 大学院理学研究科前期2年の課程 化学専攻
  • 1979 - 1983 東北大学 理学部 化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
経歴 (7件):
  • 2009/04/01 - 福岡大学理学部化学科教授
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 大阪大学大学院理学研究科化学専攻准教授
  • 2001/04 - 2007/03 大阪大学大学院理学研究科化学専攻 助教授
  • 1997/04/01 - 2001/03/31 静岡大学理学部化学科助教授
  • 1989/04/01 - 1997/03/31 東京都立大学理学部化学科助手
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2022 - アメリカ化学会 査読者
所属学会 (5件):
アメリカ化学会 ,  電気化学会 ,  電子スピンサイエンス学会 ,  錯体化学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る