研究者
J-GLOBAL ID:200901079322545375   更新日: 2021年06月14日

東田 陽博

ヒガシダ ハルヒロ | Higashida Haruhiro
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): http://web.kanazawa-u.ac.jp/~med63/index.html
研究分野 (7件): 医療薬学 ,  生理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (3件): 発達障害 ,  神経細胞興奮性 ,  シグナル伝達
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2020 - 2023 父親になる男性の養育ホルモン(オキシトシン)の変動およびその役割の解明
  • 2016 - 2019 統合失調症の認知機能障害とパルブアルブミン陽性細胞のオキシトシンシグナル
  • 2015 - 2018 オリゴデンドロサイト発達異常に着目した自閉症モデル動物の解析
  • 2012 - 2015 シクロプロパンの構造特性と三次元的多様性を鍵とする分子設計に基づく創薬研究
  • 2011 - 2014 オキシトシン・オキシトシン受容体系が担う新たな生理機能の探求
全件表示
論文 (331件):
  • Maria Gerasimenko, Olga Lopatina, Seiichi Munesue, Ai Harashima, Shigeru Yokoyama, Yasuhiko Yamamoto, Haruhiro Higashida. Receptor for advanced glycation end-products (RAGE) plays a critical role in retrieval behavior of mother mice at early postpartum. Physiology & behavior. 2021. 235. 113395-113395
  • Stanislav M Cherepanov, Maria Gerasimenko, Teruko Yuhi, Kazumi Furuhara, Chiharu Tsuji, Shigeru Yokoyama, Keiichi I Nakayama, Masaaki Nishiyama, Haruhiro Higashida. Oxytocin ameliorates impaired social behavior in a Chd8 haploinsufficiency mouse model of autism. BMC neuroscience. 2021. 22. 1. 32-32
  • Jureepon Roboon, Tsuyoshi Hattori, Hiroshi Ishii, Mika Takarada-Iemata, Dinh Thi Nguyen, Collin D Heer, Denis O'Meally, Charles Brenner, Yasuhiko Yamamoto, Hiroshi Okamoto, et al. Inhibition of CD38 and supplementation of nicotinamide riboside ameliorate lipopolysaccharide-induced microglial and astrocytic neuroinflammation by increasing NAD. Journal of neurochemistry. 2021
  • Sei-Ichi Munesue, MingKun Liang, Ai Harashima, Jing Zhong, Kazumi Furuhara, Elizabeta B Boitsova, Stanislav M Cherepanov, Maria Gerasimenko, Teruko Yuhi, Yasuhiko Yamamoto, et al. Transport of oxytocin to the brain after peripheral administration by membrane-bound or soluble forms of receptors for advanced glycation end-products. Journal of neuroendocrinology. 2021. 33. 3. e12963
  • Hirofumi Kurokawa, Yusuke Kinari, Hiroko Okudaira, Kiyotaka Tsubouchi, Yoshimichi Sai, Mitsuru Kikuchi, Haruhiro Higashida, Fumio Ohtake. Oxytocin-Trust Link in Oxytocin-Sensitive Participants and Those Without Autistic Traits. Frontiers in neuroscience. 2021. 15. 659737-659737
もっと見る
MISC (182件):
  • 東田 陽博, 山本 靖彦. 注目の遺伝子(第47回)パターン認識受容体RAGEはオキシトシンと結合し脳内への輸送を行う. 分子精神医学. 2019. 19. 4. 259-261
  • 清家 美帆, 辻 知陽, 川端 信義, 長谷川 雅人, 東田 陽博, 由比 光子. 実大トンネルでの避難速度とオキシトシン濃度計測によるストレス評価に関する実験的研究. 年次大会. 2018. 2018. 0. S0540301
  • 東田 陽博. 自閉スペクトラム症(ASD). ファルマシア. 2017. 53. 8. 801_1-801_1
  • 東田 陽博. たどり着けた記憶研究:ニーレンバーグ先生との40年. ファルマシア. 2017. 53. 8. 768-770
  • 東田 陽博, 横山 茂, 由比 光子, 辻 知陽, 廣澤 徹, 菊知 充, 橋本 隆紀, 三邉 義雄. オキシトシンと社会性行動 : 分泌メカニズムからの自閉スペクトラム症治療 (特集 分子精神医学の最前線). 精神科 = Psychiatry. 2017. 30. 1. 75-80
もっと見る
特許 (11件):
書籍 (2件):
  • イオンチャネル (2) (最新医学からのアプローチ (7))
    メジカルビュー社 1993 ISBN:489553328X
  • イオンチャネル (1) (最新医学からのアプローチ (6))
    メジカルビュー社 1993 ISBN:4895533271
Works (14件):
  • 社会行動関連分子機構の解明に基づく自閉症の根本的治療法創出
    2008 -
  • いじめ、虐待と発達障害の生物学的基盤の研究
    2008 -
  • -
    2008 -
  • Biological basis of maltreatment, bullying and neurodevelopmental disorder
    2008 -
  • アパタイト/コラーゲン複合材を用いた人工骨モジュールの強度評価
    2000 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1975 名古屋大学 生理系環境生理
  • - 1975 名古屋大学
  • - 1971 岐阜大学 医学科
  • - 1971 岐阜大学
学位 (1件):
  • 医学博士
委員歴 (8件):
  • 1997 - 1998 : 日本生理学会 評議員,大会担当理事
  • 1997 - 1998 日本生理学会 評議員,大会担当理事
  • 日本生化学会 評議員
  • 日本神経科学会 評議員
  • 日本神経化学会 評議員,理事
全件表示
受賞 (15件):
  • 2001 - 文部省科学研究費 萠芽研究 [神経筋肉生理学]
  • 2001 - 文部省科学研究費 基盤研究B(2)[神経化学・神経薬理学]
  • 2000 - 文部省科学研究費 (萠芽研究) [神経筋肉生理学]
  • 2000 - 文部省科学研究費 基盤研究B(2)[神経化学・神経薬理学]
  • 2000 - 山之内製薬創薬研究本部共同研究助成金
全件表示
所属学会 (8件):
国際神経化学会 ,  日本生化学会 ,  日本神経科学会 ,  北米神経科学会 ,  日本神経化学会 ,  日本生理学会 ,  Int.Soc.Neurochem ,  Soc.Neurosci
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る