研究者
J-GLOBAL ID:200901079553564542   更新日: 2021年10月24日

大石 哲雄

オオイシ テツオ | Oishi Tetsuo
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
ホームページURL (1件): http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=T48245313
研究分野 (1件): 基礎物理化学
研究キーワード (1件): 金属リサイクル 電解採取 陽極酸化
論文 (56件):
  • Kouji Yasuda, Tetsuo Oishi, Tomomi Kagotani, Kenji Kawaguchi, Miki Yaguchi, Terumichi Enomoto, Toshiyuki Nohira. Electrochemical Dy-alloying behaviors of Ni-based alloys in molten LiF-CaF2-DyF3 and LiCl-KCl-DyCl3: Effects of temperature and electrolysis potential. Journal of Alloys and Compounds. 2022. 889. 161605-161605
  • Yumi Katasho, Kouji Yasuda, Tetsuo Oishi, Toshiyuki Nohira. Electrochemical reduction behavior of vitrified nuclear waste simulant in molten CaCl2. JOURNAL OF NUCLEAR MATERIALS. 2021. 543
  • Tetsuo Oishi, Miki Yaguchi, Yumi Katasho, Hirokazu Konishi, Toshiyuki Nohira. Selective Permeation of Dysprosium Through an Alloy Diaphragm in Molten Chloride Systems. JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY. 2020. 167. 16
  • Kouji Yasuda, Terumichi Enomoto, Yusaku Watanabe, Tetsuo Oishi, Toshiyuki Nohira. Electrochemical Dy-Alloying Behaviors of Ni-Based Alloys in Molten LiF-CaF2-DyF3: Effects of Constituent Elements. MATERIALS TRANSACTIONS. 2020. 61. 12. 2329-2335
  • Toshiyuki Nohira, Seitaro Kobayashi, Katsutoshi Kobayashi, Rika Hagiwara, Tetsuo Oishi, Hirokazu Konishi. Electrochemical Formation of Nd-Ni Alloys in Molten LiF-CaF2-NdF3. ECS Transactions. 2019. 33. 7. 205-212
もっと見る
MISC (19件):
  • 渡邉祐作, 法川勇太郎, 安田幸司, 大石哲雄, 野平俊之. フッ化物溶融塩中における希土類合金の電気化学的形成と新規リサイクル法への応用. 平成30年度第3回関西電気化学研究会[ポスター発表]、神戸大学、平成30年12月1日. 2018
  • 安田幸司, 渡邉祐作, 法川勇太郎, 大石哲雄, 野平俊之. 溶融塩電解と合金隔膜を用いた希土類磁石のリサイクルプロセスの開発. 第42回電解技術討論会-ソーダ工業技術討論会-、横浜国立大学、平成30年11月21日~22日. 2018
  • 華航, 小西宏和, 小泉雄一郎, 野平俊之, 安田幸司, 大石哲雄. 溶融CaCl2-LiCl中におけるRE(Dy, Nd) -Fe合金の電解形成. 第50回溶融塩化学討論会、東京都市大学、平成30年11月14日~15日. 2018
  • 渡邉祐作, 法川勇太郎, 安田幸司, 大石哲雄, 野平俊之. 溶融LiF-CaF2 -REF3(RE = Nd, Dy)中におけるハステロイ-RE合金の電気化学的形成. 第50回溶融塩化学討論会、東京都市大学、平成30年11月14日~15日. 2018
  • 大石哲雄, 矢口未季, 安田幸司, 小西宏和, 野平俊之. 溶融塩と合金隔膜を用いた希土類分離・回収プロセスによるNdとDyの分離試験. 資源・素材学会平成30年度秋季大会、福岡工業大学、平成30年9月10日~12日. 2018
もっと見る
所属学会 (2件):
資源・素材学会 ,  電気化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る