研究者
J-GLOBAL ID:200901079675262601   更新日: 2021年10月20日

西村 泰光

ニシムラ ヤスミツ | Nishimura Yasumitsu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.kawasaki-m.ac.jp/hygiene/https://m.kawasaki-m.ac.jp/hygiene/090417%20English.html
研究分野 (4件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  免疫学
研究キーワード (16件): 社会医学 ,  衛生学 ,  毒性学 ,  免疫学 ,  免疫毒性学 ,  産業衛生 ,  環境医学 ,  予防医学 ,  アスベスト ,  悪性中皮腫 ,  老化 ,  NK細胞 ,  T細胞 ,  ナノ毒性学 ,  塵肺 ,  石綿
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2021 - 2024 金属-天然由来バイオマテリアル複合体の毒性と免疫機能影響
  • 2021 - 2024 石綿関連疾患患者を多面的に評価し治療・ケアを提 供するチームアプローチの確立
  • 2019 - 2022 トランスクリプトーム解析に基づく悪性中皮腫診断に寄与する免疫バイオマーカーの探索
  • 2018 - 2021 チタン酸ナノシートの毒性機序および免疫機能影響の探索的研究
  • 2018 - 2021 石綿関連胸膜疾患における個別化治療とケアの確立
全件表示
論文 (117件):
  • Naoko Kumagai-Takei, Yasumitsu Nishimura, Hidenori Matsuzaki, Suni Lee, Kei Yoshitome, Tatsuo Ito, Takemi Otsuki. Effect of IL-15 addition on asbestos-induced suppression of human cytotoxic T lymphocyte induction. Environmental health and preventive medicine. 2021. 26. 1. 50-50
  • Shoko Yamamoto, Suni Lee, Toshio Ariyasu, Shin Endo, Satomi Miyata, Akiko Yasuda, Akira Harashima, Tsunetaka Ohta, Naoko Kumagai-Τakei, Tatsuo Ito, et al. Ingredients such as trehalose and hesperidin taken as supplements or foods reverse alterations in human T cells, reducing asbestos exposure-induced antitumor immunity. International journal of oncology. 2021. 58. 4
  • Suni Lee, Shoko Yamamoto, Bandaru Srinivas, Yurika Shimizu, Nagisa Sada, Kei Yoshitome, Tatsuo Ito, Naoko Kumagai-Takei, Yasumitsu Nishimura, Takemi Otsuki. Increased production of matrix metalloproteinase-7 (MMP-7) by asbestos exposure enhances tissue migration of human regulatory T-like cells. Toxicology. 2021. 452. 152717-152717
  • Naoko Kumagai-Takei, Yasumitsu Nishimura, Megumi Maeda, Hiroaki Hayashi, Hidenori Matsuzaki, Suni Lee, Kei Yoshitome, Tatsuo Ito, Takemi Otsuki. Effect of asbestos exposure on differentiation and function of cytotoxic T lymphocytes. Environmental health and preventive medicine. 2020. 25. 1. 59-59
  • Naoko Kumagai-Takei, Suni Lee, Bandaru Srinivas, Yurika Shimizu, Nagisa Sada, Kei Yoshitome, Tatsuo Ito, Yasumitsu Nishimura, Takemi Otsuki. The Effects of Asbestos Fibers on Human T Cells. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 19
もっと見る
MISC (52件):
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (27件):
  • Malignant Pleural Mesothelioma; Advances in Pathogenesis, Diagnosis, and Treatments
    Springer 2021
  • Allergy and Immunotoxicology in Occupational Health - The Next Step
    Springer Singapore 2020
  • Asbestos-related Diseases
    IntechOpen 2020
  • Environmental Factors affecting Human Health
    IntechOpen 2019
  • Autoantibodies and Cytokines
    IntechOpen 2019 ISBN:9789535157328
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1998 - 2002 京都大学 脳統御医科学系
  • 1995 - 1997 京都教育大学 教科教育専攻 理科教育専修
  • 1991 - 1995 京都教育大学 総合科学課程・自然科学コース・生命科学専攻
学位 (1件):
  • 博士(医学) (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2021/04 - 現在 川崎医科大学 産学連携知的財産管理室 副室長
  • 2021/04 - 現在 川崎医科大学中央研究センター 分子細胞生物ユニット 副ユニット長
  • 2014/04 - 現在 川崎医科大学 中央研究部 部長補佐
  • 2013/04 - 現在 早稲田大学 人間科学部 非常勤講師(免疫学)
  • 2010/12 - 現在 川崎医科大学 衛生学 准教授
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2021/04 - 現在 国立研究開発法人国立環境研究所(環境省請負業務) 環境リスク評価委員会 免疫毒性評価ワーキンググループ 委員
  • 2021/01 - 現在 日本衛生学会 衛生学エキスパート
  • 2020/06 - 現在 日本毒性学会 評議員
  • 2020/03 - 現在 日本衛生学会 代議員
  • 2020/03 - 現在 日本産業衛生学会 編集委員会 委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2021/03 - 日本化学工業協会 日本毒性学会 第7回日化協LRI賞 悪性中皮腫発症に関わる石綿曝露が及ぼす免疫抑制影響の解析
  • 2017/03 - 上原記念生命科学財団 研究助成金 包括的免疫機能解析による中皮腫予防診断スコアの構築
  • 2012/09 - 日本免疫毒性学会 奨励賞 免疫学的所見に基づくアスベスト曝露者の病態解析と診断指標構築の試み
  • 2012/03 - 日本衛生学会 奨励賞 アスベスト関連疾患に関わる肺胞マクロファージとNK細胞の機能変化
  • 2010/10 - 公益財団法人 両備檉(てい)園記念財団 助成金 アスベスト曝露に起因するNK細胞機能抑制の解明に基づく悪 性中皮腫予防指標の構築
全件表示
所属学会 (10件):
日本毒性学会 ,  米国毒性学会 ,  日本石綿・中皮腫学会 ,  分子予防環境医学研究会 ,  日本免疫毒性学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本衛生学会 ,  日本免疫学会 ,  老化促進モデルマウス(SAM)学会 ,  日本基礎老化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る