研究者
J-GLOBAL ID:200901079722280753   更新日: 2022年07月04日

菊地 和也

キクチ カズヤ | Kikuchi Kazuya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www-molpro.mls.eng.osaka-u.ac.jp
研究分野 (1件): 生物分子化学
研究キーワード (1件): ケミカルバイオロジー
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2017 - 2022 化学コミュニケーションのフロンティア
  • 2017 - 2022 時空間解析法による化学コミュニケーション理解と生物活性リガンドの高次機能評価
  • 2019 - 2021 新規化学スイッチ機構を用いた超解像イメージングプローブ
  • 2018 - 2021 化学アプローチによる膜蛋白質の動的解析
  • 2018 - 2020 がん細胞転移を可視化するシステインプロテアーゼ蛍光プローブ
全件表示
論文 (234件):
  • Mariusz Zalewski, Dawid Janasik, Anna Kapała, Masafumi Minoshima, Fuminori Sugihara, Wojciech Raj, Joanna Pietrasik, Kazuya Kikuchi, Tomasz Krawczyk. pH-Sensitive Polymethacrylates as Potential Contrast Agents in 19 F MRI. Macromolecular Chemistry and Physics. 2022. 2200027-2200027
  • Shahi Imam Reja, Yuichiro Hori, Takuya Kamikawa, Kohei Yamasaki, Miyako Nishiura, Steven D. Bull, Kazuya Kikuchi. An "OFF-ON-OFF" fluorescence protein-labeling probe for real-time visualization of the degradation of short-lived proteins in cellular systems. CHEMICAL SCIENCE. 2022. 13. 5. 1419-1427
  • Ryu Hashimoto, Masafumi Minoshima, Souhei Sakata, Fumihito Ono, Hirokazu Ishii, Yuki Watakabe, Tomomi Nemoto, Saeko Yanaka, Koichi Kato, Kazuya Kikuchi. Efficient visible/NIR light-driven uncaging of hydroxylated thiazole orange-based caged compounds in aqueous media. Chemical Science. 2022
  • Hiroyuki Tsukazaki, Junichi Kikuta, Tomoka Ao, Akito Morimoto, Chie Fukuda, Eisuke Tsuda, Masafumi Minoshima, Kazuya Kikuchi, Takashi Kaito, Masaru Ishii. Anti-Siglec-15 antibody suppresses bone resorption by inhibiting osteoclast multinucleation without attenuating bone formation. Bone. 2021. 152. 116095-116095
  • Manuel Vicente, Jussep Salgado-Almario, Michelle M. Collins, Antonio Martínez-Sielva, Masafumi Minoshima, Kazuya Kikuchi, Beatriz Domingo, Juan Llopis. Cardioluminescence in Transgenic Zebrafish Larvae: A Calcium Imaging Tool to Study Drug Effects and Pathological Modeling. Biomedicines. 2021. 9. 10. 1294-1294
もっと見る
MISC (6件):
もっと見る
特許 (9件):
  • 非線形発光分子
  • 非線形光学材料、光記録材料、光記録方法、感光性材料、フォトリソグラフィー法、光重合開始剤、及び光増感剤
  • タンパク質を蛍光標識する方法
  • MRI用プローブ
  • クマリン誘導体およびそれを含む蛍光プローブ
もっと見る
書籍 (3件):
  • 発光イメージング実験ガイド「機能性セレンテラジンを用いた発光検出」
    羊土社 2019 ISBN:4758122407
  • Chemical Tools for Elucidation of Epigenetic Mechanisms
    Inperial College Press 2016 ISBN:9781783269600
  • ケミカルバイオロジー
    共立出版 2008
学歴 (3件):
  • - 1994 東京大学
  • - 1990 東京大学
  • - 1988 東京大学
経歴 (7件):
  • 2020/04/01 - 現在 大阪大学 工学研究科 応用化学専攻 教授
  • 2005/07 - 現在 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻・教授
  • 2005/07/01 - 2020/03/31 大阪大学 工学研究科 生命先端工学専攻 教授
  • 2000/12 - 2005/06 東京大学大学院薬学系研究科・助教授
  • 1997/01 - 2000/11 東京大学大学院薬学系研究科・助手
全件表示
受賞 (7件):
  • 2015/10 - (財)バイオインダストリー協会 2015年度バイオインダストリー協会賞
  • 2010/03 - 日本学術振興会 第6回日本学術振興会賞
  • 2008/11 - 日本アイ・ビー・エム株式会社 日本IBM科学賞
  • 2008/05 - Royal Society of Chemistry, United Kingdom Chemical society Reviews, Emerging investigator Award
  • 2002/05 - 富山県ひとづくり財団 富山県ひとづくり財団 平成14年度とやま賞
全件表示
所属学会 (3件):
米国化学会 ,  日本薬学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る