研究者
J-GLOBAL ID:200901080409842269   更新日: 2019年11月28日

加留部 善晴

カルベ ヨシハル | KARUBE Yoshiharu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://sozai.pha.fukuoka-u.ac.jp/http://sozai.pha.fukuoka-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 物理系薬学
論文 (107件):
  • Shuichi Setoguchi, Daisuke Watase, Kazuhisa Matsunaga, Misa Matsubara, Yohei Kubo, Mariko Kusuda, Nami Nagata-Akaho, Munechika Enjoji, Manabu Nakashima, Morishige Takeshita, Yoshiharu Karube, and Jiro Takata. Enhanced antitumor effects of novel intracellular delivery of an active form of menaquinone-4, menahydroquinone-4, into hepatocellular carcinoma. Cancer Prevention Research. 2015. 8. 2. 129-138
  • Effects of fluvoxamine on nerve growth factor-induced neurite outgrowth inhibition by dexamethasone in PC12 cells. Biosci Biotechnol Biochem. 2018. 13. 1-7
  • Cholinesterase inhibitor rivastigmine enhances nerve growth factor-induced neurite outgrowth in PC12 cells via sigma-1 and sigma-2 receptors. PLoS One. 2018. 13. 12
  • Terada K, Matsushima Y, Matsunaga K, Takata J, Karube Y, Ishige A, Chiba K. The Kampo medicine Yokukansan (YKS) enhances nerve growth factor (NGF)-induced neurite outgrowth in PC12 cells. Bosn J Med Sci,. 2018. 18. 3. 224-233
  • Antitumor Effects and Delivery Profiles of Menahydroquinone-4 Prodrugs with Ionic or Nonionic Promoiety to Hepatocellular Carcinoma Cells. Molecules. 2018. 23. 7
もっと見る
MISC (1件):
  • 室高広、三好康介、梅田勇一、竹本伸輔、中村権一、神村英利、加留部善晴. カルバペネム系抗菌薬のde-escalationを目的とした感染対策チームの教育的介入効果と問題点. 西日本ファーマシューティカルケア研究会優秀論文集. 2011. 55-58
特許 (3件):
  • 1, 4-ジヒドロナフトキノン誘導体およびその製造方法
  • スルファニルアミド誘導体のテクネチウム錯体をもちいる放射性診断剤
  • 新規複素環化合物
書籍 (10件):
  • 静脈内投与を目的とするd-α-Tocopherolの低溶血性,水溶性prodrugの開発.(共著)
    ビタミンE研究の進歩I.ビタミンE研究会編.エイド出版 1990
  • d-α-Tocopherol prodrugのIV投与によるアドリアマイシン誘発毒性の軽減.(共著)
    ビタミンE研究の進歩II.ビタミンE研究会編.共立出版 1991
  • 致死線量の<sup>60</sup>Coγ照射に対するトコフェロールの影響.(共著)
    ビタミンE研究の進歩III.ビタミンE研究会編,共立出版 1993
  • 現代薬学シリーズ19放射化学・放射性医薬品学
    株式会社朝倉書店 1998
  • 薬学におけるラジオアイソトープ・放射線(共著)
    株式会社廣川書店 1999
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • 抗菌薬使用量抑制に対する各種試みの効果に関する研究
    (第16回日本医療薬学会年会 2006)
  • Antitumor activity of derivatives of menahydroquinone, an active form of menatetrenone
    (第66回日本癌学会学術総会 2007)
  • 血液透析患者におけるリネゾリドの点滴静注薬物動態の検討
    (第18回日本医療薬学会年会 2008)
  • Monte Carlo simulationを用いたmeropenemの推奨投与方法の推定
    (第18回日本医療薬学会年会 2008)
  • Hepatocellular carcinoma cell specific delivery system of menahydroquinone-4 for antitumor drugs
    (第67回日本癌学会学術総会 2008)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1978 九州大学 薬学研究科 製薬化学
学位 (1件):
  • 薬学博士
所属学会 (4件):
日本薬学会 ,  日本癌学会 ,  日本ビタミン学会 ,  日本アイソトープ協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る