研究者
J-GLOBAL ID:200901080611510200   更新日: 2020年07月10日

喜多 敏博

キタ トシヒロ | Kita Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://tkita.nethttps://tkita.net
研究分野 (2件): 学習支援システム ,  電力工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2022 高等教育における大規模履歴データを活用した適応的学習システムの研究
  • 2019 - 2022 教育で防ぎ得た重大事故を防ぐ能動的LMSを軸とする安全教育システムの実現
  • 2017 - 2020 ラベルへの化学物質の危険有害性情報の付加に関する調査と開発及びその効果の測定
  • 2016 - 2019 ICT活用促進の鍵となるLMSやeポートフォリオの効果的活用事例DBの設計と構築
  • 2009 - 2011 国際標準規格に完全準拠したeラーニングプラットフォームのオープンソースによる構築
全件表示
論文 (48件):
  • Toward Sustainable Learning Economy through a Block-chain based Management System. 2020
  • T. Kita, C. Nagaoka, N. Hiraoka, M. Dougiamas. Implementation of Voice User Interfaces to Enhance Users’ Activities on Moodle. 2019 4th International Conference on Information Technology (InCIT), Bangkok, Thailand. 2019. 104-107
  • 堀 真寿美, 小野 成志, 宮下 健輔, 坂下 秀, 喜多 敏博. 学習経済モデルに基づくブロックチェーンを利用した非集中型学習支援システムの構築. 情報教育シンポジウム論文集. 2019. 2019. 190-197
  • 天野慧, 長岡千香子, 喜多敏博, 都竹茂樹, 鈴木克明, 平岡斉士. 学習者個別の情報付与と他者への公開を可能とするデジタルバッジアドオンの開発. 教育システム情報学会誌. 2019. 36. 1. 28-33(J-STAGE)
  • Nagaoka C, Hiraoka, N, Kita, T. An online service encouraging museum visitors to learn related research fields. Proceedings of the 26th International Conference on Computers in Education (ICCE 2018). 2018
もっと見る
MISC (251件):
  • 堀真寿美, 小野成志, 宮下健輔, 坂下秀, 喜多敏博. コンピテンシーベースドラーニングの学習経済への導入. 情報処理学会研究報告(Web). 2019. 2019. IOT-47. Vol.2019-IOT-47,No.14,1-8 (WEB ONLY)
  • 長岡千香子, 喜多敏博, 平岡斉士, 中野裕司, 鈴木克明. 一般公開型オンラインプログラム提供のためのデザインおよびシステムに対する4つの工夫. 教育システム情報学会 第44回全国大会講演論文集. 2019. 65-66
  • 堀真寿美, 小野成志, 宮下健輔, 坂下秀, 喜多敏博. ブロックチェーンを用いた非集中型学習支援システムの提案. 情報処理学会研究報告(Web). 2019. 2019. IOT-46. Vol.2019-IOT-46,No.5,1-8 (WEB ONLY)
  • 喜多敏博, 長岡千香子, 平岡斉士. VUIによるMoodleとユーザとのインタラクション強化の試み. 情報処理学会研究報告(Web). 2019. 2019. CLE-27. Vol.2019-CLE-27,No.2,1-3 (WEB ONLY)
  • 中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 喜多敏博, 喜多敏博, 喜多敏博, 戸田真志, 戸田真志, 戸田真志, 戸田真志, 戸田真志, 久保田真一郎, 久保田真一郎, 久保田真一郎, 久保田真一郎, 右田雅裕, 右田雅裕, 右田雅裕, 右田雅裕, 杉谷賢一, 杉谷賢一, 杉谷賢一, 杉谷賢一. ETLツールを活用したOpen LRWへのCaliper標準形式によるデータ集積の拡張の試み. 情報処理学会研究報告(Web). 2019. 2019. CLE-27. Vol.2019-CLE-27,No.16,1-6 (WEB ONLY)
もっと見る
書籍 (6件):
  • 大学におけるeラーニング活用実践集: 大学における学習支援への挑戦2
    ナカニシヤ出版 2016
  • ICTで実現する大学教育改革-フランス・カナダ・日本の事例から-
    東北大学出版会 2013
  • Moodleによる eラーニングシステムの構築と運用
    技術評論社 2009 ISBN:4774140791
  • 最適モデルによるインストラクショナルデザイン(共著)
    東京電機大学出版局 2008 ISBN:9784501543907
  • IT時代の教育プロ養成戦略(共著)
    東信堂 2008 ISBN:9784887138285
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • 学習者間の情報共有を促すMoodleアドオン「SharedPanel」の形成的評価
    (教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM) 2016)
  • pdf2submissionの個別シートを効率的に配布するための改良と大規模クラスでの利用
    (情報処理学会研究報告(Web) 2015)
  • Moodleグレードブックデータに基づき学習進捗表示サイトを随時更新するプラグインの開発
    (情報処理学会シンポジウム論文集 2012)
  • 変わりゆくネット環境とeラーニングシステム (全国大会イベント企画「クラウドコンピューティングがもたらす遠隔教育の革新」)
    (情報処理学会 第74回全国大会 2012)
  • ムードルで遊ぶ -プラグインとカスタマイズ
    (第4回日本MoodleMoot 2012)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2005 名古屋大学大学院 工学研究科 論文博士
  • 1993 - 1996 京都大学大学院 工学研究科 電気工学第二専攻博士課程(単位取得満期退学)
  • 1991 - 1993 京都大学大学院 工学研究科 電気工学第二専攻修士課程
  • 1987 - 1991 京都大学 工学部 電子工学科
学位 (3件):
  • 工学学士 (京都大学工学部)
  • 工学修士 (京都大学大学院工学研究科)
  • 博士(工学) (名古屋大学大学院工学研究科 (論工博第1638号))
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 熊本大学 教授システム学研究センター 教授
  • 2008/04 - 2017/03 熊本大学 eラーニング推進機構 教授
  • 2002/04 - 2008/03 熊本大学 総合情報基盤センター 助教授/准教授
  • 1996/04 - 2002/03 熊本大学 工学部 助手
委員歴 (7件):
  • 2019/07 - 現在 教育システム情報学会 学会誌編集委員会 委員
  • 2018/05 - 現在 日本教育工学会 SIG-12 人工知能の教育利用 代表
  • 2015 - 現在 日本ムードル協会 研究開発担当理事
  • 2012 - 2013 Moodle Research Conference Program committee member
  • 2005 - 2009 電気学会 全国大会グループ委員会委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018/10 - 32nd Annual Conference of the Asian Association of Open Universities (AAOU2018) Best Paper Award Silver Medal Crowdsourced learning based on learning economy
  • 2015 - 大学ICT推進協議会 2015年度年次大会 優秀ポスター賞 複数大学間連携プログラムの運営を支援する参加者管理システム -Moodleの標準機能を活用したシステム構築-
  • 2014 - 28th Annual Conference of the Asian Association of Open Universities (AAOU2014) Best Paper Award Silver Medal Learner Autonomy through Adoption of OER using SNS and Multi-media E-textbooks
  • 1996 - 電気学会 電気学会論文発表賞(平成7年電気関係学会関西支部連合大会)
所属学会 (5件):
人工知能学会 ,  日本ムードル協会 ,  教育システム情報学会 ,  日本教育工学会 ,  情報処理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る