研究者
J-GLOBAL ID:200901080865396513   更新日: 2021年04月12日

西川 周一

ニシカワ シユウイチ | NISHIKAWA Shuh-ichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.sc.niigata-u.ac.jp/biologyindex/nishikawa/index.html
研究分野 (3件): 細胞生物学 ,  機能生物化学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (9件): タンパク質品質管理 ,  細胞核 ,  有性生殖 ,  出芽酵母 ,  小胞体 ,  分子シャペロン ,  シロイヌナズナ ,  endoplasmic reticulum quality control ,  molecular chaperone
競争的資金等の研究課題 (48件):
  • 2019 - 2022 翻訳サイクルの広範に働くリボソームストーク蛋白質の多彩な分子機能
  • 2019 - 2022 LINC複合体によるシロイヌナズナ有性生殖過程の核融合の制御機構
  • 2019 - 2021 陸上植物有性生殖における核膜融合の鍵メカニズム
  • 2018 - 2021 真核生物停滞リボソーム上におけるぺプチジルtRNA分解のメカニズム解明
  • 2017 - 2019 鍵と鍵穴に着目した有性生殖過程の核膜融合の分子機構と初期発生における意義の解明
全件表示
論文 (66件):
もっと見る
MISC (119件):
書籍 (10件):
  • 第8章 タンパク質の一生:誕生から死まで in 医学のための細胞生物学(永田和宏,塩田浩平編)
    南山堂 2009
  • 3.1.3 酵母を用いた翻訳 in RNA実験ノート上 RNAの基本的な取り扱いから解析手法まで(稲田利文,塩見晴彦編)
    羊土社 2008
  • 3.8ミトコンドリア
    酵母のすべて-系統,細胞から分子まで 大隅良典・下田親 編 シュプリンガー・ジャパン 2007
  • 第3章Short Topics 3GFPを用いた網羅的な可視化マーカーの構築
    新版 植物の細胞を観る実験プロトコール細胞工学別冊 植物細胞工学シリーズ22福田裕穂,西村幹夫,中野明彦 監修 2006
  • 第11章(1)タンパク質の膜透過装置 タンパク質科学:構造,物性,機能 (後藤祐児,桑島邦博,谷澤克行編)
    化学同人 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • シロイヌナズナ雌性配偶体の細胞特異的な遺伝子発現誘導システムの構築
    (日本植物生理学会年会(Web) 2018)
  • シロイヌナズナ小胞体品質管理欠損株は特異的な細胞膜受容体様キナーゼの機能欠損のため花粉成熟が異常となる
    (日本細胞生物学会大会要旨集 2015)
  • 小胞体分子シャペロンによる植物有性生殖過程の核膜融合の制御
    (日本生化学会大会(Web) 2015)
  • 植物の環境ストレス応答における小胞体品質管理の役割
    (日本蛋白質科学会年会プログラム・要旨集 2012)
  • 植物の発生・生育において小胞体品質管理機構がはたす役割は何か
    (日本植物細胞分子生物学会大会・シンポジウム講演要旨集 2011)
もっと見る
Works (1件):
  • シロイヌナズナを用いた受精初期過程の分子機構の解析
    2001 -
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 新潟大学 理学部 理学科 教授
  • 2012/04 - 2017/03 新潟大学 理学部 生物学科 教授
  • 2001/07 - 2012/03 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 准教授
  • 1996/04 - 2001/07 名古屋大学 大学院理学研究科 物質理学専攻 助手
  • 1993/04 - 1996/03 名古屋大学 理学部 化学科 助手
全件表示
受賞 (1件):
  • 1993 - 第9回井上研究奨励賞
所属学会 (8件):
日本植物学会 ,  酵母遺伝学フォーラム ,  日本分子生物学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本植物生理学会 ,  American Society of Plant Biologists ,  The American Society for Cell Biology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る