研究者
J-GLOBAL ID:200901080913352787   更新日: 2011年06月18日

井口 泰泉

イグチ タイセン | IGUCHI Taisen
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.nibb.ac.jp/%7Ebioenv1/
研究分野 (3件): 環境影響評価・環境政策 ,  資源保全学 ,  形態・構造
研究キーワード (1件): 性ホルモン. ホルモン類似物質. 臨界期. 受容体.
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 1996 - 周生期性ホルモンによる組織不可逆化機構
  • 1990 - 1998 細胞増殖・細胞死機構解明
  • 1999 - 2004 環境中のエストロゲン様物質の作用機構
  • 2005 - 各種動物の遺伝子情報の収集
MISC (174件):
もっと見る
特許 (2件):
  • 女性ホルモン類除去装置.ステロイド骨格をもつ物質の除去方法および装置
  • メダカのビテロジェニンのみを認識するモノクローナル抗体.
書籍 (46件):
  • 「器官形成-発生生物学から臓器工学まで」 器官形成研究会編(井口泰泉: 雌性生殖器官, pp. 91-101.
    培風館 1988
  • 「細胞を中心とした生物学」永井伸一編(井口泰泉: ホルモンのはたらき. pp. 213-253.)
    広川書店 1990
  • 「外因性内分泌撹乱化学物質問題に関する研究班中間報告書」 (井口泰泉: pp. 128)
    財団法人日本公衆衛生協会 1997
  • 「環境ホルモン」環境庁リスク対策検討協議会監修、(共著)
    環境新聞社 1997
  • 高等学校教科書 生物IB
    教育出版 1997
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1974 岡山大学 理学部 生物学科
  • - 1976 岡山大学 理学研究科
学位 (2件):
  • 理学博士 (東京大学)
  • 理学修士 (岡山大学)
経歴 (1件):
  • 2004- 自然科学研究機構 岡崎統合バイオサイエンスセンター 教授 2000-2004 岡崎国立共同研究機構統合バイオサイエンスセンター 教授 1992-2000 横浜市立大学 教授 1989 カリフォルニア大学バークレー 客員研究員 1987-1991 横浜市立大学 助教授 1981-1983 カリフォルニア大学バークレー 博士研究員 1979-1987 横浜市立大学 助手
委員歴 (1件):
  • 1998 - 現在 日本内分泌撹乱化学物質学会 副会長
所属学会 (1件):
日本内分泌撹乱化学物質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る