研究者
J-GLOBAL ID:200901081182836271   更新日: 2020年09月01日

星野 幹雄

hoshino mikio
所属機関・部署:
職名: 部長
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
ホームページURL (1件): http://nin.ncnp.go.jp/external/nin/guide/r_diag/
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  神経形態学
研究キーワード (32件): 神経回路 ,  補体結合ドメイン ,  bHLH ,  JNK ,  コフィリン ,  HIG ,  遺伝学 ,  微小管 ,  神経突起 ,  免疫グロブリンドメイン ,  アクチン ,  神経細胞移動 ,  ゲノム ,  Rho ,  GEF ,  STEF ,  分子生物学 ,  Rac ,  ショウジョウバエ ,  脳神経 ,  神経科学 ,  シナプス ,  神経細胞異動 ,  転写因子 ,  発生 ,  神経系 ,  運命決定 ,  変異マウス ,  大脳皮質 ,  小脳 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・分子脳科学
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2013 - 2014 ニューロサーキット異常型新規てんかんの原因遺伝子の解析とその病態解明
  • 2013 - 2014 メゾ回路形成の分子機構と、その破綻による精神疾患病理の解明
  • 2012 - 2014 小脳における各種神経細胞の個性獲得の分子機構
  • 2012 - 2013 神経細胞移動の分子機構の解明とてんかんモデルマウスの開発
  • 2011 - 2012 ニューロサーキット異常をきたす新規てんかんの原因遺伝子の解析とその病態解明
全件表示
論文 (75件):
  • Shiraishi RD, Miyashita S, Yamashita M, Adachi T, Shimoda MM, Owa T, Hoshino M. Expression of transcription factors and signaling molecules in the cerebellar granule cell development. Gene expression patterns : GEP. 2019. 34. 119068
  • Kristian W Pajtler, Yiju Wei, Konstantin Okonechnikov, Patricia B G Silva, Mikaella Vouri, Lei Zhang, Sebastian Brabetz, Laura Sieber, Melissa Gulley, Monika Mauermann, et al. YAP1 subgroup supratentorial ependymoma requires TEAD and nuclear factor I-mediated transcriptional programmes for tumorigenesis. Nature communications. 2019. 10. 1. 3914-3914
  • Masayuki Itoh, Hiroyuki Okuno, Daisuke Yamada, Mariko Yamashita, Manabu Abe, Rie Natsume, Toshie Kaizuka, Kenji Sakimura, Mikio Hoshino, Masayoshi Mishina, et al. Perturbed expression pattern of the immediate early gene Arc in the dentate gyrus of GluA1 C-terminal palmitoylation-deficient mice. Neuropsychopharmacology reports. 2019. 39. 1. 61-66
  • Takizawa H, Hara Y, Mizobe Y, Ohno T, Suzuki S, Inoue K, Takeshita E, Shimizu-Motohashi Y, Ishiyama A, Hoshino M, et al. Modelling Duchenne muscular dystrophy in MYOD1-converted urine-derived cells treated with 3-deazaneplanocin A hydrochloride. Scientific reports. 2019. 9. 1. 3807
  • Arimura N, Dewa KI, Okada M, Yanagawa Y, Taya SI, Hoshino M. Comprehensive and cell-type-based characterization of the dorsal midbrain during development. Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms. 2019. 24. 1. 41-59
もっと見る
MISC (10件):
  • 星野幹雄. 神経細胞の誕生・幹細胞 小脳および前小脳システム神経細胞のサブタイプ決定機構 (神経の分化,回路形成,機能発現) -- (神経の発生と分化). 蛋白質核酸酵素. 2008. 53. 4. 343-349
  • 川口義弥, 福田晃久, 古山賢一郎, 児玉創太, 久原毅, 堀口雅史, 川口道也, 土井隆一郎, 星野幹雄, 上本伸二. DP-163-7 Ptf 1 aの遺伝子発現量には正常な膵発生・機能に必須な閾値が存在する(第107回日本外科学会定期学術集会). 日本外科学会雑誌. 2007. 108. 2
  • 星野幹雄. 小脳の神経細胞サブタイプ決定の分子機構. 神経化学. 2006. 45. 1. 19-26
  • 星野幹雄. 小脳におけるグルタミン酸vs. GABA作動性ニューロンの選択機構. 生化学. 2006. 78. 2. 130-132
  • 星野幹雄. 小脳GABA作動性神経細胞の発生機構--小脳皮質完全欠失マウスから得られたもの. 蛋白質核酸酵素. 2006. 51. 1. 68-74
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (9件):
  • 2008 - 2009 国立精神・神経センター
  • 2007 - 2008 京都大学 医学(系)研究科(研究院) 助教
  • 2001 - 2007 京都大学 医学(系)研究科(研究院) 助手
  • 2007 - 京都大学 医学研究科 客員研究員
  • 2000 - 2006 京都大学 医学研究科 助手
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る