研究者
J-GLOBAL ID:200901082293422146   更新日: 2021年04月07日

井上 勝広

イノウエ カツヒロ | Inoue Katsuhiro
所属機関・部署:
職名: 土壌肥料研究室長
研究分野 (2件): 植物栄養学、土壌学 ,  園芸科学
研究キーワード (5件): 野菜 ,  トマト ,  ニラ ,  土壌肥料 ,  アスパラガス
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2021 生産コストの削減に向けた有機質資材の活用技術の開発
  • 2006 - 2009 水田等の高度利用と新作型開発によるアスパラガスの周年供給体系
  • 農地土壌炭素貯留等基礎調査
論文 (36件):
MISC (33件):
もっと見る
書籍 (13件):
  • 特集アスパラガスの品種と増収技術
    農山漁村文化協会 2021 ISBN:9784540200571
  • The soils of Japan
    Springer 2021 ISBN:9789811582288
  • 農業技術大系(野菜編)第8ー2巻 2020改訂版
    農山漁村文化協会 2020
  • 世界と日本のアスパラガス : 国際化時代の日本のアスパラガス栽培
    養賢堂 2016 ISBN:9784842505466
  • 最新農業技術野菜vol.4
    農山漁村文化協会 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • クエン酸施用がアスパラガス地下部の肥大生長に及ぼす影響
    (園芸学会 2014)
  • 鶏ふん堆肥および油粕の新窒素肥効評価法に基づくタマネギの施肥法
    (土壌肥料学会九州支部会 2014)
  • 促成栽培における高糖度トマト生産のための土壌水分管理
    (園芸学会 2014)
  • Techniques for suppression of temperature rise in the rain protected asparagus cultivation during summer
    (13th International Asparagus Symposium 2013)
  • 北部九州のアスパラガス雨除け栽培での高品質安定生産のための土壌・施肥管理および体系化技術の開発
    (土壌肥料学会九州支部学術賞記念講演 2013)
もっと見る
Works (5件):
  • 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業(研究総括者)
    2006 - 2008
  • 生産コストの削減に向けた有機質資材の活用技術の開発
  • 農地土壌炭素貯留等基礎調査(農地管理実態調査)
    井上 勝広
  • トマト・ミニトマトの生産技術
    井上 勝広
  • アスパラガスの生産技術
    井上 勝広
学位 (1件):
  • 博士(農学) (九州大学大学院)
受賞 (1件):
  • 2013 - 日本土壌肥料学会九州支部 学術賞
所属学会 (3件):
九州農業研究会 ,  日本土壌肥料学会 ,  園芸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る