研究者
J-GLOBAL ID:200901082524279872   更新日: 2020年08月31日

桑原 一成

クワハラ カズナリ | Kuwahara Kazunari
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 熱工学
研究キーワード (4件): 化学反応 ,  内燃機関 ,  Chemical Kinetics ,  Internal Combustion Engine
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2011 - 2013 包括的ユニバーサル燃焼反応モデルの基盤構築
  • 2011 - 2013 バイオディーゼル燃料における化学的・物理的過程を考慮した分子構造・組成解析
  • 2010 - 2013 燃料設計手法による混合気制御・燃料着火制御併用型低エミッション噴霧燃焼法の開発
  • 2007 - 2008 火花放電の発光スペクトルを用いた局所混合気濃度計測法の開発
  • Chemical Kinetics Analysis of Hydrocarbon Ignition Process
論文 (25件):
  • 酒井 康行, 安東 弘光, 桑原 一成. ガソリンサロゲート燃料の多段着火反応機構. 自動車技術会論文集. 2011. 42. 5. 1125-1130
  • 古谷 正広, 山谷 幸久, 桑原 一成. CO/H2/HCHO/空気混合気の青炎支配域ピストン圧縮自着火. 自動車技術会論文集. 2011. 42. 4. 915-920
  • 中原 広流, 桑原 一成, 酒井 康行. バイオディーゼルサロゲートの着火特性に関する反応論的解析(第2報). 自動車技術会論文集. 2011. 42. 2. 521-526
  • 酒井 康行, 安東 弘光, 桑原 一成. アルカン簡略化燃焼反応モデルの中間生成物反応パッケージ. 自動車技術会論文集. 2011. 42. 1. 213-218
  • 桑原 一成, 瀬崎 貴史, 山本 洋平. LTOに同期させた火花放電による着火の促進. 自動車技術会論文集. 2011. 42. 1. 163-168
もっと見る
MISC (8件):
もっと見る
特許 (4件):
  • 排気昇温装置
  • 排気昇温装置
  • 排気昇温装置
  • 層状燃焼内燃機関
書籍 (1件):
  • 自動車技術シリーズ7 自動車の計測解析技術(1.エンジンを担当)
    朝倉書店 1998
講演・口頭発表等 (70件):
  • 燃焼ロバスト性を考慮した圧縮着火機関の燃料設計
    (自動車技術会学術講演会前刷集 2013)
  • 強力着火システムを用いた高EGR率下の燃焼とマイクロ波プラズマによる燃焼支援
    (自動車技術会学術講演会前刷集 2013)
  • 混合気の希釈率と圧縮完了圧力とが予混合圧縮低温度自着火過程に及ぼす影響
    (燃焼シンポジウム講演論文集 2012)
  • アルカン燃料分子構造と着火遅れ時間の関係(第2報)
    (自動車技術会学術講演会前刷集 2012)
  • エンタルピーダイアグラムを用いたアルカンの反応機構の整理
    (自動車技術会学術講演会前刷集 2012)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1989 同志社大学 機械工学専攻
学位 (1件):
  • タンブルを用いた希薄燃焼ガソリン機関の流動・燃焼に関する研究 (同志社大学)
経歴 (2件):
  • 2007 - 現在 大阪工業大学にて内燃機関の燃焼診断、将来内燃機関の燃焼制御技術の開発に従事.
  • 1989 - 2006 三菱自動車工業株式会社にて予混合希薄燃焼ガソリン機関、直噴ガソリン機関、直噴ディーゼル機関、予混合圧縮着火機関の燃焼診断、燃焼制御技術の開発に従事.
受賞 (2件):
  • 1998 - Arch T. Colwell Merit Award, SAE
  • 1995 - Harry L. Horning Memorial Award, SAE
所属学会 (3件):
Society of Automotive Engineers ,  日本自動車技術会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る