研究者
J-GLOBAL ID:200901084333028279   更新日: 2019年12月28日

田村 綾子

タムラ アヤコ | TAMURA Ayako
所属機関・部署:
研究分野 (4件): 航空宇宙工学 ,  土木計画学・交通工学 ,  地球・資源システム工学 ,  土木環境システム
研究キーワード (7件): 人工衛星 ,  機械学習 ,  画像解析 ,  アセットマネジメント ,  ファシリティマネジメント ,  リモートセンシング ,  地球環境
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2004 - リモートセンシングを用いた地球環境解析
論文 (11件):
  • 山田貴浩,田村綾子. Application of Remote Sensing to Early Education in College of Technology. International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS 2008). 2008
  • 山田貴浩,田村綾子. INTRODUCTION OF REMOTE SENSING TO “RESEARCH PRACTICE” AS EARLY EDUCATION IN COLLEGE OF TECHNOLOGY. 1st International Symposium on Advance in Technology Education 2007 (ISATE 2007). 2007
  • 田村綾子,小池克明,小林茂樹,田中健路. 衛星画像データを用いた地表物性推定における大気影響の検討と推定精度向上の一提案-LANDSAT TM熱赤外データによる海面温度推定のケーススタディ-. 情報地質. 2007. 18. 1. 15-28
  • 田村綾子. 閉鎖性海域環境の時空間変化抽出に関する地球情報学的研究. 熊本大学. 2006
  • 田村綾子,小池克明,劉 春学. ハードとソフトデータのジョイント解析による対象物性の空間分布推定法の改良-衛星画像を用いた海域水温分布モデリングへの適用例-. 情報地質. 2006. 17. 1. 27-40
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • LANDSAT-5/TMデータによる1991年日立市における森林火災の焼失地域の検討
    (鹿児島リモートセンシング研究会 2000)
  • LANDSAT-5/TMデータによる森林火災焼失領域と被害状況の評価(1991年日立市の例)
    (日本リモートセンシング学会 第30回学術講演 2001)
  • LANDSAT-5/TMデータによる森林火災焼失領域のNDVI値の評価(1991年日立市の例)
    (日本リモートセンシング学会 第31回学術講演 2001)
  • 光学センサ画像に対する大気補正法とその効果
    (日本情報地質学会 第13回日本情報地質学会講演会 2002)
  • LANDSAT-5/TMデータを用いた海面温度の推定
    (日本リモートセンシング学会 第34回学術講演 2003)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2000 第一工業大学 工学部 航空工学科
  • - 2002 鹿児島大学 理工学研究科 機械工学専攻
  • - 2006 熊本大学 自然科学研究科 環境共生科学専攻
学位 (2件):
  • 修士(工学) (鹿児島大学)
  • 博士(工学) (熊本大学)
経歴 (2件):
  • 福島工業高等専門学校 建設環境工学科 助教
  • - 現在 建設コンサルタント
受賞 (1件):
  • 2007 - 情報地質学会 論文賞
所属学会 (3件):
(公社)日本ファシリティマネジメント協会 ,  (一社)日本リモートセンシング学会 ,  (公社)土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る