研究者
J-GLOBAL ID:200901084669293469   更新日: 2020年08月09日

山根 智

ヤマネ サトシ | Yamane Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://csl.ec.t.kanazawa-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 情報学基礎論
研究キーワード (2件): 計算機ソフトウェア、形式的検証、リアルタイムシステム ,  機械学習
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2018 - 2021 組込みアセンブリプログラムのリアルタイム安全性のソフトウェアモデル検査手法の開発
  • 2015 - 2018 革新的ソフトウェアモデル検査による組込みアセンブリプログラムの安全性検証
  • 2014 - 2017 多様なアプリケーションのための実行履歴を扱うソフトウェア基盤の研究開発
  • 2012 - 2015 動的ハイブリッドオートマトンによる動的再構成可能組込みシステムの高度な設計検証
  • 2007 - 2009 述語抽象化検証による大規模組込みシステム向きオブジェクト指向設計自動検証手法
全件表示
論文 (94件):
  • Satoshi Yamane, Junpei Kobashi, Kosuke Uemura. Verification method of safety properties of embedded assembly program by combining smt-based bounded model checking and reduction of interrupt handler executions. Electronics (Switzerland). 2020. 9. 7. 1-24
  • 上出 浩夢, 山根 智. Lazy Abstractionと精練を用いた組込みアセンブリプログラムのリアルタイム性のソフトウェアモデル検査 (アルゴリズムと計算理論の新潮流). 数理解析研究所講究録. 2020. 2154. 1-8
  • Daichi Nishio, Daiki Kuyoshi, Toi Tsuneda, Satoshi Yamane. Discriminator Soft Actor Critic without Extrinsic Rewards. CoRR. 2020. abs/2001.06808
  • Yajun Wu, Satoshi Yamane. Model Checking of Real-Time Properties for Embedded Assembly Program Using Real-Time Temporal Logic RTCTL and Its Application to Real Microcontroller Software. IEICE Trans. Inf. Syst. 2020. 103-D. 4. 800-812
  • Satoshi Yamane. Deductive verification method of real-time safety properties for embedded assembly programs. Electronics (Switzerland). 2019. 8. 10
もっと見る
MISC (167件):
  • 山根 智. 「システムと信号処理サブソサイエティ企画 パネル討論」の開催報告. 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review. 2019. 12. 4. 313-313
  • 片山 錦, 山根 智. CNNの特徴マップを用いた回転角推定の連続実行による回転画像認識 (情報論的学習理論と機械学習). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 117. 293. 215-218
  • 山根 智. 組込みアセンブリプログラムのリアルタイム安全性の演繹的検証 : □≦TIME q⇔□(q∧(time≦TIME)) (システム数理と応用). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 117. 99. 59-64
  • 山根 智. 組込みアセンブリプログラムのリアルタイム性の検証手法 : 組込みプログラムのためのモデル検査と演繹的検証 (システム数理と応用). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 116. 525. 11-16
  • 池原 徹也, 山根 智. オンライン学習手法による異種混合機械学習 (情報論的学習理論と機械学習) -- (情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2016)). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2016. 116. 300. 59-64
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1982 - 1984 京都大学大学院
  • - 1982 京都大学
学位 (1件):
  • 工学(博士) (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2003 - -: 金沢大学 教授
  • 2001 - -: Kanazawa University
受賞 (5件):
  • 2004 - 国際コミュニケーション基金
  • 2003 - 人工知能研究振興財団
  • 2002 - 柏森情報科学振興財団
  • 1998 - 電気普及財団研究助成
  • 1998 - telecommunications advancement foundation
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る