研究者
J-GLOBAL ID:200901084900870547   更新日: 2021年01月10日

伊藤 大知

イトウ タイチ | Taichi Ito
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 東京大学  大学院工学系研究科 化学システム工学専攻   教授
  • 東京大学  大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻   教授
ホームページURL (1件): http://www.cdbim.m.u-tokyo.ac.jp/itolab/index.html
研究分野 (4件): 移動現象、単位操作 ,  生体材料学 ,  生体医工学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (12件): ソフトマテリアル ,  人工臓器 ,  微粒子工学 ,  生体模倣化学 ,  再生医療 ,  組織工学 ,  薬物送達 ,  ハイドロゲル ,  膜分離 ,  医用材料 ,  医用工学 ,  化学工学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2023 薬物徐放可能な抗血栓性トーラス微粒子の開発による肝硬変治療
  • 2020 - 2023 薬物動態に着目した腹膜播種に対する腹腔内免疫化学療法の開発
  • 2020 - 2022 マルチスケール反応拡散モデル構築による薬物送達のための腹膜播種巣の統合的理解
  • 2019 - 2021 止血、癒着防止、抗菌効果を併せ持った新規injectableゲルの開発
  • 2017 - 2020 膵液応答架橋性を有する新規膵液瘻防止材料の開発
全件表示
論文 (80件):
もっと見る
MISC (111件):
  • 伊藤 大知. ここまですすんだ再生医療 癒着防止材の開発と応用展開. 日本血液浄化技術学会会誌. 2020. 28. 1. 112-113
  • 森戸 正顕, 西岡 裕次郎, 戸田 健夫, 三原 裕一郎, 大道 清彦, 清水 篤志, 伊藤 大知, 長谷川 潔. ウサギ肝切除後癒着形成モデルの構築および癒着防止材料の有効性の検討. 日本外科学会定期学術集会抄録集. 2020. 120回. SF-8
  • Tulakarnwong Sarun, 池田 俊介, 大木 悠一朗, 太田 誠一, 篠原 満利恵, 酒井 康行, 伊藤 大知. β細胞移植を目指したgelatin methacrylateおよびhydroxyethyl methacrylate hydrogel microwellの開発(Development of gelatin methacrylate and hydroxyethyl methacrylate hydrogel microwells for β cell implantation). 人工臓器. 2019. 48. 2. S-244
  • 伊藤 大知. 複雑組織製造に必要な基盤技術を考える〜バイオリアクターの側から〜 ヘモグロビンを封入した人工酸素運搬体(人工赤血球). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2019. 2019年. 155-155
  • 三橋 健斗, 戚 蟠, 高橋 彬, 太田 誠一, 伊藤 大知. インジェクタブル金属イオン架橋コハク酸修飾キトサンハイドロゲルによる術後腹膜癒着防止効果の検討. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2019. 2019年. 265-265
もっと見る
特許 (19件):
書籍 (1件):
  • 手術用シーラント材・癒着防止材の利便化向上を目指した製品開発
    技術情報協会 2016 ISBN:9784861046315
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2020/08 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授
  • 2020/08 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授
  • 2020/05 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 バイオエンジニアリング専攻 教授(兼担)
  • 2020/05 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 化学システム工学専攻 教授(兼担)
  • 2020/05 - 現在 東京大学 大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター 教授
全件表示
受賞 (2件):
  • 2012 - 日本膜学会 研究奨励賞 イオン認識ゲート膜の開発
  • 2008 - 化学工学会 研究奨励賞 【實吉雅郎記念賞】 腹膜癒着防止のための新規バイオマテリアルの開発
所属学会 (11件):
日本IVR学会 ,  日本血液代替物学会 ,  日本DDS学会 ,  日本血栓止血学会 ,  日本生物工学会 ,  高分子学会 ,  日本人工臓器学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  日本膜学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る